日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

居抜きで開業した時のGoogleマイビジネスのベストプラクティス

日本のローカルSEO (MEO) ガイド
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

居抜きで開業した時のGoogleマイビジネスのベストプラクティス

居抜きの物件をそのまま借りて開業することはありますよね?
飲食店や美容室でよくある話です。

この時、Googleマップ上の旧店舗に閉業マークがついていれば大きな問題は発生しません。
ところが、前のオーナーが開業マークをつけてなかったり、前のオーナーに連絡が取れないケースも珍しくありません。様々なケースが想定され、しかもケースごとにベストプラクティスは変わります。

この記事では、居抜きで開業した時のGoogleマイビジネスのベストプラクティスをいくつかお伝えします。

スポンサーリンク

旧店舗に閉業マークがあるケース

まずは旧店舗に閉業マークがあるケースから。

旧店舗のオーナーが閉業処理をした、営業中だった店舗をユーザーが閉業の提案をしたのでGoogleマップ上に閉業マークがついています。

旧店舗は閉業マーク、新店舗の業種は同じ、店舗名も同じ

業種店舗名
旧店舗カレー屋〇〇〇
新店舗カレー屋〇〇〇

同じ住所で、かつ業種も店舗名も同じで、オーナーだけが変わった場合です。

新店舗のオーナーは新しいGoogleマイビジネスに登録できません。旧店舗のビジネス情報(以前のクチコミ、写真など)を引き継ぐことになります。当たり前ですよね?これを許したら、悪い口コミを消したいオーナーに悪用されることになりますので。

サポートに連絡をとっても、同様です。

新店舗の登録

店舗名を変えて、新店舗のオーナーがGoogleマイビジネスを登録

旧店舗とは何の関係もないのであれば、店舗名を変えることを強くオススメします。そうすれば新しいGoogleマイビジネスで登録できます。

旧店舗は閉業マーク、新店舗の業種は異なる、店舗名は同じ

業種店舗名
旧店舗カレー屋〇〇〇
新店舗そば屋〇〇〇

別業種だったとしても、同じ店舗名のビジネスは、登録できないケースが多いです。
Googleマイビジネスのサポートに連絡をとって対応してもらってください。

新店舗の登録

ご自身で登録できなければ、サポートに連絡をとってGoogleマイビジネスを登録

  • サポート→ご不明な点がある場合→アクセス権限とオーナー権限→その他の問題

旧店舗は閉業マーク、新店舗の業種は同じ、店舗名は異なる

業種店舗名
旧店舗カレー屋〇〇〇
新店舗カレー屋☓☓☓

新店舗が同じ業種だったとしても、店舗名が変わるのであれば、問題なく登録できます。

新店舗の登録

新店舗のオーナーがGoogleマイビジネスを登録

旧店舗は閉業マーク、新店舗の業種は異なる、店舗名も異なる

業種店舗名
旧店舗カレー屋〇〇〇
新店舗そば屋☓☓☓

新しいGoogleマイビジネスの登録が可能です。新店舗のオーナーが登録にあたって問題に直面することはありません。

閉業マークのついた旧店舗は、店舗名の直接検索では一定期間表示されますが、それ以外の間接検索では検索結果に表示されることはなくなります。その後、検索需要が開くなった段階で、完全に削除されるのでご安心ください。

新店舗の登録

新店舗のオーナーがGoogleマイビジネスを登録

旧店舗に営業中マークがついているケース

すでに旧店舗は閉店したにもかかわらず、Googleマップ上で旧店舗に閉業マークがついていないケース、つまりは営業中になっている場合はどうすればいいのでしょうか?

このケースも様々なケースが想定されますので、一つずつ見ていきたいと思います。

旧店舗は営業中、新店舗の業種は同じ、店舗名も同じ

業種店舗名
旧店舗カレー屋〇〇〇
新店舗カレー屋〇〇〇

このケースも、新店舗のオーナーがGoogleマイビジネスの登録をしようと思っても、新しいビジネスでの登録はできません。サポートに連絡をとっても不可能です。

同じ場所に、同じカテゴリーで、同じ名前で営業している2つの店舗を登録するのは、どう考えてもおかしいですよね。

新店舗の登録

店舗名を変えて、新店舗のオーナーがGoogleマイビジネスを登録

旧店舗は営業中マーク、新店舗の業種は異なる、店舗名は同じ

業種店舗名
旧店舗カレー屋〇〇〇
新店舗そば屋〇〇〇

別業種でも、同じ店舗名のビジネスは、登録できないケースが多いです。
Googleマイビジネスのサポートに連絡をとって対応してもらってください。

新店舗の登録

ご自身で登録できなければ、サポートに連絡をとってGoogleマイビジネスを登録

  • サポート→ご不明な点がある場合→アクセス権限とオーナー権限→その他の問題

別業種とはいえ、同じ場所で同じビジネス名というのは理解できません。
よほどのこだわりがあるのであれば別ですが、そうでないのならば、店舗名を変えることを強くオススメします。店舗名を変えれば、ご自身でGoogleマイビジネスの登録が可能です。

旧店舗は営業中マーク、新店舗の業種は同じ、店舗名は異なる

業種店舗名
旧店舗カレー屋〇〇〇
新店舗カレー屋☓☓☓

業種は同じでも店舗名が異なりますので、新店舗のオーナーは問題なくGoogleマイビジネスの登録が可能です。
ただし、同じ住所に名称の異なる店舗が2つあることになるので、Googleマップ上の旧店舗に閉業マークをつける必要があります。そうじゃないとお客様は迷いますので。

新店舗の登録

①新店舗のGoogleマイビジネスを登録

旧店舗を閉業に

②Googleマップで旧店舗を検索

③Googleマップから「情報の修正を提案」をクリック

Googleマップから「情報の修正を提案」をクリック

④「この場所を削除」をクリック

「この場所を削除」をクリック

⑤旧店舗のオーナーに連絡がつくのであれば、Googleマイビジネスの管理画面で閉業の手続きをとってもらうように連絡する

旧店舗は営業中マーク、新店舗の業種は異なる、店舗名も異なる

業種店舗名
旧店舗カレー屋〇〇〇
新店舗そば屋☓☓☓

この場合も、業種と店舗名が異なるので、新店舗のオーナーは問題なくGoogleマイビジネスの登録が可能です。
先程と同様、旧店舗に閉業マークをつけてください。

新店舗の登録

①新店舗のGoogleマイビジネスを登録

旧店舗を閉業に

②Googleマップで旧店舗を検索

③Googleマップから「情報の修正を提案」をクリック

Googleマップから「情報の修正を提案」をクリック

④「この場所を削除」をクリック

「この場所を削除」をクリック

⑤旧店舗のオーナーに連絡がつくのであれば、Googleマイビジネスの管理画面で閉業の手続きをとってもらうように連絡する

さいごに

居抜きで開業した時のGoogleマイビジネスのベストプラクティスについてお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました