日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

MEO業者からオーナー権限を取り戻す方法

日本のローカルSEO (MEO) ガイド
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

伊藤亜津佐をフォローする

悪質なMEO業者と契約すると、Googleマイビジネスのオーナー権限を取られてしまうことがあります。

このようなケースでは、Google経由で権限をリクエストしても、業者側でリクエストを拒否するので通りません。

契約解約したいけど、オーナー権限を返してもらえずに困っている方も多いはず。

この記事では、MEO業者からオーナー権限を取り戻す方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

なぜ業者がオーナー権限を持っているのか?

当然といえば当然ですが、業者にGoogleマイビジネスの管理を委託しているためです。

多くのケースでは、契約書に「Googleマイビジネスの管理を委託する」といった文言が入っており、気がついた時には業者がGoogleマイビジネスの「メインのオーナー」権限を持っています。

実際、契約書を細かく確認するお店のオーナーは少ないですし、営業が口頭だけで伝えていたり、場合によっては口頭ですら伝えないこともあるようです。

中には契約書にないのに、勝手にオーナー権限を取得しているケースもあります。

本来、業者に管理を委託する際、お店がGoogleマイビジネスのオーナー権限を取得し、業者を「管理者」として追加しておけば、このような被害は起きません。
業者が悪さをしたら、業者を「管理者」から削除すればいいだけの話なので。

Googleマイビジネスで管理者を追加する方法 Check!

しかし、このように業者がオーナー権限を持っているようなケースでは、そもそもお店側でGoogleマイビジネスの登録や管理などのリソースがないようなケースが大半なので、このような被害が起きているのが現実です。

「メインのオーナー」と「オーナー」の違い

問題が起きるのは、業者がメインのオーナーの場合ですが、次のような違いがあります。

  • メインのオーナー・・・オーナーを削除できる
  • オーナー・・・メインのオーナーを削除できない

メインのオーナーは、はがきなどでオーナー確認したユーザーです。メインのオーナーの方が力関係は上です。

業者がメインのオーナーを取得すると、お店のオーナー権限がいつ削除されてもおかしくないのでご注意ください。

取得権限のある大手予約サイトとの契約にもご注意を

一部の大手予約サイトは、ビジネスリスティングのオーナー権限を取得できる権限を持っています。
EPARK、ぐるなび、ホットペッパーなどを利用していると、彼らが代行してくれますが、そのまま管理権限を持って行くケースもあります。もちろん、契約書に書かれている可能性は高いのですが。

注:ぐるなびではお客様の同意のもの「オーナー」権限を取得することはありますが、「メインオーナー」権限を取得することはないとのことです。3社並列に記載をしましたが、誤解を招く恐れがありますので補足します。

2018年9月〜12月頃にかけて、ナレッジパネルの情報が書き換わる (電話番号が0066の課金番号に) という問題もありましたので、くれぐれもご注意ください。

オーナー権限を取り戻す手順

悪質なMEO業者にオーナー権限を取られてしまったら、次の手順で取り戻してください。

  1. 契約内容を確認する
  2. MEO業者に直接連絡を取る
  3. Google経由で権限をリクエストする
  4. 異議申し立てをする

1. 契約内容を確認する

どのような契約になっているか確認します。
MEO業者や大手予約サイトでは、「Googleマイビジネスの管理を委託する」と契約書に書かれているケースが大半ですが、どんな契約を結んでいるのか、この機会に確認しておきましょう。

2. MEO業者に直接連絡を取る

MEO業者に連絡を取って次のように伝えてください。

Googleマイビジネスの「メインのオーナー」権限を返して欲しい。

多くのケースでは、すぐに返してくれません。また別の契約書を書くように言われたりすることもありますが、根気よく権限を返して欲しいと依頼してください。

もし、話が平行線になるようであれば、弁護士に相談します。弁護士を代理人として、「メインのオーナー」権限を返してもらいます。
法律の話になるので、必ず法律の専門家に相談の上、進めてください。

あとあと面倒なことに繋がる可能性もあるので、この段階でMEO業者から権限を返してもらうことを強くオススメします。

どうしても返してくれないのであれば、次のステップに進みます。

3. Google経由で権限をリクエストする

Google経由で、オーナー権限をリクエストします。

Google経由で権限をリクエストする方法は、こちらをご覧ください。

リクエストを送ると業者 (メインオーナー) に対してメッセージが届き、「承認」「拒否」「返事なし」のどれかを選択しなければなりません。

悪質なMEO業者の場合は、多くのケースで「拒否」を選択します。その場合は異議申し立てをしてください。

3〜7日経っても「返事なし」の場合、ご自身で対象ビジネスのオーナーになれる可能性があります。管理画面に入ると表示されている「申請する」をクリックして手続きを進めてます。

「承認」されたという例は聞いたことがありませんが、「承認」されたらラッキーです。

4. 異議申し立てをする

「拒否」されたらGoogleに対して異議申し立てを行います。

かなり時間がかかることを覚悟してください。

異議申し立てで通りやすいケース

  • MEO業者と契約しているが、契約書に「Googleマイビジネスの管理を委託する」文言はなく、オーナー権限リクエストが業者に拒否された

異議申し立てで通りにくいケース

  • MEO業者と契約していて、契約書に「Googleマイビジネスの管理を委託する」文言があり、オーナー権限リクエストが業者に拒否された

どちらの場合も、かなり時間がかかることを覚えておいてください。

さいごに

MEO業者からオーナー権限を取り戻す方法についてお伝えしました。

MEO業者や大手予約サイトと契約している方は、一度、オーナー権限がどうなっているか把握しておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました