iOS12.3.1がリリースされる!アップデートして不具合がおきた際の対処方法

iOS12.3.1

iOS12.3.1がリリースされました。

今回はマイナーアップデートです。メッセージアプリのバグ修正のみですが、メッセージアプリの利便性に関わる不具合が解消されておりますので、すぐにアップデートして修正することをオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS12.3.1のアップデート内容は?

メッセージアプリのバグ修正が行われました。

  • “メッセージ”で、“不明な差出人をフィルタ”が有効になっていても、不明な差出人からのメッセージがチャットリストに表示される可能性がある問題を修正
  • “メッセージ”で、不明な差出人からのスレッドに“迷惑メッセージを報告”のリンクが表示されない可能性がある問題を修正

Appleから公開された情報を読む限り、iOS12.3.1のアップデート内容はメッセージアプリのバグ修正のみで、セキュリティに関するアップデートはない模様です。
Appleの公式サイトに、「This update has no published CVE entries.」と書かれております。

Apple security updates, This update has no published CVE entries

iOS12.3.1へアップデートする前に、バックアップを作成すべし

iOS12.3.1へアップデートする前に、iOSのバックアップを作成してください。
アップデート後に、写真が消えたなどの不具合が起こったとしても、バックアップがあれば復元できます。

iOSのバックアップ方法は、「iCloudバックアップ」と「iTunesバックアップ」があります。どちらでも構いませんが、お使いの環境に最適な方法を取ることをオススメします。

iOSを丸ごとバックアップする場合、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。 一体何が違うのでし...

iCloudバックアップ

Wi-Fi環境があれば、iPhone本体だけでiCloudバックアップは作成することが可能です。

  • 設定→ユーザー名をタップ→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成
今日のエントリーは、iCloudバックアップを作成する方法を紹介します。 iPhoneやiPadは、iCloudバックアップを有効にし...

iCloudバックアップが作成できないときは?

iCloudバックアップは、iCloudストレージを消費するため、iPhone本体に写真や動画がたくさんある場合、iCloudバックアップが作成できない場合があります。無料で使えるiCloudストレージは5GBです。

この場合、対処方法は2つあります。

  • iCloudストレージを購入する
  • 写真や動画をiCloudバックアップの対象から除外する

iCloudストレージを購入したくない方は、写真や動画をiCloudバックアップの対象から除外すれば、iCloudバックアップを作成することができます。

iCloudバックアップの項目から、写真アプリの項目を外す

  • 設定→ユーザー→iCloud→ストレージを管理→バックアップ→バックアップを選択→バックアップするデータを選択→フォトライブラリをオフ

詳しいやり方については、以前のエントリーを参考にしてください。

最近、iPhone7 Plusに「iPhoneバックアップに失敗」というエラーが出るようになりました。 どんなエラーかというと...
写真や動画をバックアップ

写真や動画をiCloudバックアップの対象から除外したら、Googleフォトで写真や動画をバックアップしてください。
万が一、アップデートに失敗して写真や動画が消えてしまったとしても、Googleフォトにバックアップしておけば安心です。
Googleフォトのバックアップは2種類あります。

  • 高画質・・・容量無制限だけど圧縮される
  • 元の画像・・・Googleドライブの容量は消費するけど圧縮しない

圧縮されると言っても、A4で印刷してもわからないレベルなので、個人的にはGoogleフォトでのバックアップは「高画質」でいいかなと思っています。

iTunesバックアップ

PCをお持ちの方は、iTunesバックアップがオススメです。
PCのストレージにバックアップが保存されるので、iPhoneの容量を気にせずにバックアップを作成できます。

iTunesバックアップの詳しい手順は、以前のエントリーを参考にしてください。

今日のエントリーは、iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法を紹介します。 iTunesバックアップは、PCのストレー...

iOS12.3.1にアップデートする方法

iOS12.3.1にアップデートする方法は2通りあります。

  • Wi-Fi経由でiPhone本体でアップデート
  • PCのiTunes経由でアップデート

どちらの方法でも不具合が出ることはありません。

以下の手順で行ってください。

iOS12.3にアップデートする方法

  1. 「設定」→「一般」
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 「ダウンロードとインストール」をタップすると、iOS12.3.1のダウンロードとアップデートが開始される

iOS12.3.1にアップデートして不具合がおきた際の対処方法

iOS12.3.1にアップデートして不具合がおきた際の対処方法を紹介します。

iOSの設定を見直すことで、iPhoneやiPadの動作は改善します。

「視差効果を減らす」をオン

アップデートしてiPhoneやiPadの動作が遅くなったら、最初に「視差効果を減らす」をオンにしてください。

iOSのデフォルト設定では、視差効果は有効となっているため、グラフィックメモリを余計に消費しています。「視差効果を減らす」をオンにして、視差効果を無効にすることをオススメします。

視差効果についてはAppleのサイトに詳しく載っています。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。

「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

iMessegeのエフェクトの自動再生が必要ない方は、「メッセージエフェクト自動再生」をオフにしてください。エフェクトが無効になるので、動作は軽くなります。

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン
  3. 「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

「透明度を下げる」をオンにすると、液晶画面をタップした際の応答性が上がります。

「透明度を下げる」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

Siriを使っていなければオフにしてください。
Siriを使っている方は、オフにする必要はありませんので、オンのまま使ってください。

「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ
  4. 「ロック中にSiriを許可」をオフ

iPhone 6より前の端末をお使いの場合、スリープ状態から「Hey Siri」で立ち上がるのは充電中だけです。
外出先で、ホームボタンを長押しでSiriを使っている方は、「Hey Siriを聞き取る」をオフ、「ホームボタンを押してSiriを使用」をオンにすることをオススメします。使い勝手は変わらずに、iPhoneの動作は快適になります。

「検索の候補」をオフ

ホーム画面を右にスワイプした際に表示される「検索の候補」を使っていない方は、オフにしてください。

「検索の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフ

「”調べる”の候補」をオフ

ブラウザ・アプリで調べたい単語を長押しすると「調べる」が表示されます。
使っていない方は、「”調べる”の候補」をオフにします。
オフにしても、単語を長押しすると「Webを検索」が表示されるので、使い勝手はあまり変わりません。

「”調べる”の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで更新が不要のアプリがあれば、個別に「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。

オフにすると通知は来なくなるので、SNSのアプリはオンのまま使ってください。

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOSのクリーンインストール

iOSの設定を見直してもiPhoneの動作が改善しないときは、iOSのクリーンインストールを行ってください。

クリーンインストールを行うと、iPhone本体のデータは削除されてしまうので、iOSのバックアップや写真・動画などのバックアップも必要になりますが、iPhoneは快適に動作するようになります。
iOSのクリーンインストールのやり方は、以前のエントリーを参考にしてください。

今日のエントリーは、iOS12をクリーンインストールする方法を紹介します。 クリーンインストールというと手間がかかって面倒に感...

バッテリーの減りが早くなってきた際の対処方法

バッテリーの減りが早くなってきた際の対処方法も紹介します。

  • Wi-Fiを使ってないとき・・・設定→Wi-Fi→オフ
  • Bluetoothを使ってないとき・・・設定→Bluetooth→オフ
  • AirDropを使用しないとき・・・設定→一般→AirDrop→受信しない
  • バッテリーの残量が減ってきたとき・・・設定→バッテリー→低電力モード→オン
  • Appのバックグラウンド更新・・・設定→一般→Appのバックグラウンド→すべてオフ
  • 通知のプレビュー表示をオフ・・・設定→通知→プレビュー表示→しない
  • 位置情報サービスをオフ・・・設定→プライバシー→位置情報サービス→オフ

iOS12のシェア

2019年2月24日のiOS12のシェアを見てみます。

iOS12のシェア

iOS12が80%、iOS11が12%、以前のバージョンが8%です。3ヶ月前のデータなので、現時点でのiOS12のシェアはもう少し高いと思います。

さいごに

以上、iOS12.3.1へアップデートして不具合がおきた際の対処方法を紹介しました。

iPhoneやiPadをiOS12.3.1へアップデートして動作が遅くなった場合、iOSの設定を見直すことで、動作は改善します。ただし、2年以上クリーンインストールを行っていなかったり、iPhone 6より前のiPhoneだと動作が改善しないこともあります。その場合は、iOSのクリーンインストールを行ってください。

iOS12.4がリリースされました。 今回は新機能が追加されただけでなく、セキュリティアップデートも多数実施されています。 ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク