「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違い

iOS 復元

iOSを丸ごとバックアップする場合、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。

一体何が違うのでしょうか?

「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の最大の違いは、バックアップの保存先です。

「iTunesバックアップ」は、PCと接続してバックアップをPCの中に保存します。それに対して、「iCloudバックアップ」は、Wi-Fiに接続してiCloudのオンラインストレージ上にバックアップを保存します。

今日のエントリーでは、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違いについて詳しく説明します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」は何が違うのか?

冒頭お話した通り、バックアップの保存先が異なります。

「iTunesバックアップ」

「iTunesバックアップ」は、PCに接続してバックアップを取るため、バックアップの保存先はPCになります。

「iTunesバックアップ」ならば、iPhoneにたくさんの写真やビデオがあっても、全てバックアップを取ることが可能です。iPhoneの容量を気にせず、バックアップを取ることができるのです。

また、「iTunesバックアップ」から復元すると、アプリも一緒に復元できることが多いです。復元後にアプリの再ダウンロードが必要ないので、「iCloudバックアップ」よりも復元にかかる時間が早いのが特徴です。

ただし、アプリ内のデータは、引き継げるアプリと引き継げないアプリがあります。例えば、Google Authenticatorのデータは引き継げません。Appleに確認したところ、アプリによって仕様が異なるので、詳細はアプリのディベロッパに確認して欲しいとのことでした。

「iCloudバックアップ」

「iCloudバックアップ」は、Wi-Fiに接続して、iCloudのオンラインストレージ上にバックアップを取ります。バックアップの保存先はiCloudになります。

「iCloudバックアップ」は、iCloud容量の制約を受けるのです。

無料で使えるiCloudは5GBまでですよね?iPhone本体に写真やビデオがたくさんあると、iCloud容量をオーバーしてしまい「iCloudバックアップ」でバックアップを取ることができません。

また、「iCloudバックアップ」から復元すると、復元後に自動でアプリの再ダウンロードが始まります。復元が完了するまでの時間は「iTunesバックアップ」よりも長いです。

「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」でバックアップできる項目は違うのか?

iOS8くらいまでは、「iCloudバックアップ」でバックアップが取れる項目は少なかったです。「iTunesバックアップ」の方がバックアップできる項目が多かったのです。

Appleに確認したので断言しますが、現時点では「iTunesバックアップ(暗号化あり)と「iCloudバックアップ」において、バックアップできる項目は、ほとんど一緒です。

「iCloudバックアップ」から復元するだけで、以前の端末と同じ環境を、新しい端末に構築することが可能です。

  • 「iTunesバックアップ(暗号化あり)と「iCloudバックアップ」は、ほとんど一緒
  • 「iTunesバックアップ(暗号化なし)と「iCloudバックアップ」ならば、「iCloudバックアップ」の方がバックアップ取れる項目が多い

これはAppleの方針が変わったんだと思います。
要するに、ネットリテラシーの低い人は、PCを使って「iTunesバックアップ」を取ることが無理なんだよね。なので、Appleは、誰でも簡単に、しかもWi-Fi環境下にいればバックアップが自動化できる「iCloudバックアップ」のバックアップ項目を増やしていった模様です。

現段階では、「iTunesバックアップ(暗号化あり)と「iCloudバックアップ」では、バックアップできる項目は、ほとんど同じなのです。

「iTunesバックアップ」の注意点

「iTunesバックアップ」では、WindowsでもMacでもいいんだけど、iTunesを使ってバックアップを取るので、必ず最新版のiTunesを使ってください。

また、iTunesでバックアップを取る時は「iPhoneのバックアップを暗号化」のチェックボックスがあるので、必ずチェックを入れてからバックアップを取ります。これにより、バックアップできる項目が増えます。↓

  • 保存したパスワード、Wi-Fi 設定、Web サイトの履歴、ヘルスケアデータ

iPhoneのバックアップを暗号化

「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」はどのように使い分ければいいのか?

では、どのように使い分ければいいのか見ていきましょう。

「iTunesバックアップ」

「iTunesバックアップ」は、機種変更の際のバックアップに使うのがベストです。

理由は、PCの中にバックアップを保存するので、バックアップ容量の制約を受けないからです。iPhoneに写真やビデオがたくさんあっても、確実にバックアップが取れるのです。

「iCloudバックアップ」

「iCloudバックアップ」は、日常的なバックアップに使うことをオススメします。Wi-Fi環境下にあれば、バックアップが自動化されますので、手軽にバックアップが取れます。

日常的なバックアップの際、iCloudの容量には気をつけてください。無料で使えるiCloudは5GBまでなので、iPhone本体に写真やビデオがたくさんあると、「iCloudバックアップ」に失敗してしまいます。その場合、「写真・ビデオ」をバックアップ項目から外せばOKです。詳しくは、以下のエントリーに対処方法を書きましたので参考にしてください。

最近、iPhone7 Plusに「iPhoneバックアップに失敗」というエラーが出るようになりました。 どんなエラーかというと...

また、「iCloudバックアップ」で機種変更をする場合はどうすればいいのでしょうか?

PCを持っていない方は、「iCloudバックアップ」で機種変更を行うことになります。その際、iPhoneに写真やビデオが大量にあると、追加でiCloudストレージを購入しないと「iCloudバックアップ」は取れません。でもね、以下の方法を取れば、無料で「iCloudバックアップ」が取れます。

iPhoneを機種変更する際、iCloudバックアップを使っている方に朗報です。 機種変更の際、古い端末でiCloudバックアップを取...

iCloudに自動で保存されるもの

以下の項目は、Apple IDと紐付いてiCloudに保存されています。iPhoneを機種変更した際、新しい機種でApple IDにサインインするだけで、以下の情報はiPhoneに降りてきます。

  • 連絡先、カレンダー、ブックマーク、メール、メモ、共有している写真、iCloud フォトライブラリ、マイフォトストリーム、iCloud Drive に保存してるファイル

「iTunesバックアップ」や「iCloudバックアップ」を取っていなかったとしても、iCloudに自動で保存されますので、ご安心ください。

まとめ

以上が「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違いです。

バックアップの保存先が異なりますので、iPhone本体の容量や、iCloud容量に応じて、バックアップ方法を選択してください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク