iOS10.3で採用されるApple File System (APFS) とは?

そろそろiOS10.3がリリースされます。

iOS10.3では、Apple File System (APFS) という新しいOSのファイルシステムが導入される予定です。
2017年1月24日にリリースされた「ベータ版のiOS10.3」では、すでにAPFSが導入されており、開発者がテストを繰り返しています。

今日のエントリーは、iOS10.3から導入されるApple File System(APFS) についてお話します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

ファイルシステムとは

ファイルシステムとは、OSが持つ機能の1つで、ハードディスクなどの記憶装置に記録されているデータを管理するシステムのことを指します。

記憶装置はハードディスクだけでなく、SSD・SDカード・USBメモリなどもあります。

macOSやWindowsといったOSは、ハードディスク内のデータを、ファイルシステムを使って管理しています。OSによってファイルシステムは異なります。

  • Windows・・・「NTFS」「FAT32」
  • Mac・・・HFS+
  • iOS・・・HFS+

Apple File System (APFS) とは

Apple File System (APFS) とは、Appleが20年ぶりに導入する新しいファイルシステムです。

macOS、iOS、tvOS、watch OSなど、Appleが開発しているOSで、共通で利用できるファイルシステムになっています。

Apple File System (APFS) は、2016年6月のWWDCで発表されました。

まずはiOS10.3にAPFSが導入されて、その後、macOSに波及していくことになりそうです。

なぜ、AppleはApple File System(APFS)を導入するのか?

今のMacやiPhoneは、HFS+というファイルシステムを使っています。

HFS+が開発されたのは1998年。しかもHFS+のベースとなるファイルシステムは、1985年に開発されたHFSです。

HFSが開発された1985年からは30年以上経過しているし、HFS+が開発された1998年からだって20年近く経っているのです。

SSDが主流の現代と、フロッピーディスクが主流だった20年前では、PCのハードウェアの構成は大きく変わりました。

SSDが主流になって、メモリも8GBや16GBを搭載したPCが登場している現在と、20年前を比べると、ハードウェアは大きく進化しています。当時と比較すると、ストレージの種類やサイズは大幅に進歩し、メモリのサイズも大きく進化し、CPUの処理速度も桁違いにスペックアップしていますからね。

だって20年前のハードディスクって、容量は1GBとかですよww

20年前に設計されたファイルシステムを、現在のSSDで使うというのは無理があったために、今回Appleは、Apple File System (APFS) という新しいファイルシステムを導入するのです。

Apple File System(APFS)の特徴

APFSは、SSDに最適化されたファイルシステムで、強力な暗号化によるセキュリティとプライバシーを備えているのが特徴です。

Apple File System (APFS) の特徴を見ていきましょう。

Appleが開発者向けに、Apple File System (APFS) についてまとめているサイトがあります。

Apple File System Guide

  • Clones
  • Snapshots
  • Space Sharing
  • Encryption
  • Crash Protection
  • Sparse Files
  • Fast Directory Sizing
  • Atomic Safe-Save

いくつかの機能を説明します。

APFSのスナップショット機能

APFSに導入されるスナップショットとは、「ある時点のファイルシステムを保存する」機能です。

現在のmacOSのエコシステムでは、Time Machineによるバックアップ機能がありますが、バックアップの保存先は、Time Capsuleか外付けハードディスクを用意しなければなりません。
今後、APFSのスナップショット機能が導入されれば、外部ディスクを用意しなくても、macOSの内部にバックアップできるようになるかもしれません。

スナップショットが、macOSにどのように実装されるかはまだ分かりませんが、2017年のWWDCで発表になるはずです。

APFSの暗号化機能

APFSに導入される暗号化機能は、次の3つの暗号化モデルを用意しています。

  • 暗号化しない
  • シングルキー暗号
  • マルチキー暗号

現在のmac OS Sierraにも、「FileVault」というディスクの暗号化がありますが、不具合が多いので、わたくしは使っておりません。APFSの暗号化機能は、もっと改善されて、不具合が少なくなると思います。

APFSを導入すると、iPhoneが高速化される

APFSを導入すると、iPhoneは高速化されるようです。

次期mac OSでもApple File System (APFS) が採用される

通常版のmac OS Sierra は、HFS+のファイルシステムを使っています。が、開発者向けのmacOS Sierra ベータ版では、Apple File System (APFS) を導入しています。

macOS Sierra 10.12.4 beta 8 (16E192b)

2017年6月のWWDCでは、Apple File System (APFS) を採用した新OSの発表があるはずです。

まとめ

以上が、iOS10.3で採用されるApple File System (APFS) についての説明です。

2017年に新しく登場するiOS・macOSは、Apple File System (APFS) が採用されることは間違いないだろうね。

SSDに最適化されていて高速化されるということなので、非常に楽しみです。

iOS10.3へアップデートする前に準備すること
3月中にiOS10.3がリリースされる予定です。 iOS10.3の特徴は、OSのファイルシステムが、Hierarchical File...
iOS10.3 がリリース!APFSで不具合が出たときの対処方法
ようやくiOS10.3がリリースされました。 今回のアップデートでは、OSのファイルシステムが、Hierarchical Fi...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!