iOS12.0.1がリリース!アップデートして不具合が出た時の対処方法

iOS12.0.1がリリースされました。

iOS12がリリースされたのは9月18日なので、3週間でアップデートがリリースされたことになります。Appleの発表を見てみましょう。

iOS 12.0.1には、以下のiPhoneまたはiPadのバグの修正および改善が含まれます:

  • iPhone XSデバイスをLightningケーブルに接続してもすぐに充電が始まらない問題を修正
  • iPhone XSデバイスで5GHzではなく2.4GHzのWi-Fiネットワークに再接続してしまう問題を解決
  • iPadキーボードの“.?123”キーの場所を以前の位置へ復元
  • ビデオ再生用のAppで字幕が表示されない問題を修正
  • Bluetoothが使用できなくなる問題に対処
  • iPhone 5sでSMS/MMSを送受信できない問題を修正

今回、新機能の追加はなく、バグや不具合の修正です。

マイナーアップデートとはいえ、iOS 12.0.1へアップデートして、iOSの動作が重くなってしまうことがあります。

今日のエントリーは、アップデートして不具合が出た時の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS12.0.1へアップデートする前にやるべきこと

必ずバックアップを取ってください。iCloudバックアップでもiTunesバックアップでも、どちらでも構いません。

iCloudバックアップ

iCloudバックアップは、Wi-Fi環境があれば、OSを丸ごとバックアップできます。ただし、iCloudバックアップはiCloudストレージを消費します。iPhone本体に写真や動画がたくさん入っていて、バックアップの容量が5GBを超えてしまう方は、iCloudのストレージを追加購入する必要がありますのでご注意ください。
iCloudバックアップは以下の手順で行います。

  • 設定→ユーザー名をタップ→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成

iTunesバックアップ

PCを持っている方ならば、iTunesバックアップがオススメです。PCのストレージにバックアップを作成しますので、iPhoneの写真や動画の容量を気にする必要はありません。

iOS12.0.1へアップデートする方法

iOS12.0.1へアップデートするには、以下の手順で行ってください。

  1. 「設定」から「一般」をタップ
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 「今すぐインストール」をタップして、iOS12.0.1へアップデートする

「今すぐインストール」をタップして、iOS12.0.1へアップデートする

iOS12.0.1へアップデートして不具合が出た時の対処方法

iOS12.0.1へアップデートして、iOSの動作が重くなるなどの不具合が出ることがあります。
これから紹介する方法でiOSの設定を見直すことで、サクサクと快適に動作するようになります。

「視差効果を減らす」をオン

iOSのデフォルトの設定では、「視差効果を減らす」はオフになっています。この状態だとホーム画面の奥行きを演出するので、無駄なグラフィックメモリが使われることになります。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。

iOSの動作が重くなってしまった場合、「視差効果を減らす」をオンにすると、快適に動作するようになります。

「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

「視差効果を減らす」をオンにしたら、「メッセージエフェクト自動再生」の設定変更が可能になります。
「メッセージエフェクト自動再生」をオフにすると、iMessageのエフェクトの自動再生がなくなるため、iPhoneはサクサク動くようになります。

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン
  3. 「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

iOSの動作が重くなってしまったら、「透明度を下げる」をオンにすることをオススメします。
画面をタップした時の反応が上がります。

「透明度を下げる」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

「Siri」を使っていない方はオフにしてください。

特にiPhone 6以前の機種の場合、充電中以外は、スリープ状態から「Hey Siri」で立ち上がりません。音声アシスタントは、いつでもどこでも、音声で立ち上がらなければ利便性が高いとは言えません。

「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ
  4. 「ロック中にSiriを許可」をオフ

「検索の候補」をオフ

ホーム画面を右にスワイプすると、「検索の候補」が表示されます。
「検索の候補」を使っていない方は、オフにしましょう。

「検索の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフ

「”調べる”の候補」をオフ

ブラウザやアプリで、調べたい単語を長押しすると「調べる」が出てきます。
使ってない方は「”調べる”の候補」をオフにしてください。
オフにしても「Webを検索」は表示されますので、使い勝手は変わりませんよ。

「”調べる”の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンド更新が不要なアプリは、個別にオフにしてください。
アプリの通知が来なくなりますので、SNSのアプリはオンのままにしてください。

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOSのクリーンインストール

iOSの設定を見直しても、iOSの動作が重いのであれば、残る手段はiOSのクリーンインストールとなります。

クリーンインストールの手順は、先日のエントリーに詳しくまとめました。

今日のエントリーは、iOS12をクリーンインストールする方法を紹介します。 クリーンインストールというと手間がかかって面倒に感...

iOS12をクリーンインストールするには、次の手順で行います。

  1. iOS12へ上書きアップデートする前に行うこと
  2. iOS12へ上書きアップデート
  3. iPhoneを初期化
  4. iPhoneを復元
  5. 2段階認証を再開
  6. Suicaを再開

iOS12のインストール率

iOS12のインストール率

AppleからiOSのシェア率の発表は今の時点ではありません。
調査会社のmixpanelによると、2018年10月8日現在のiOS12のシェアは53.2%、iOS11のシェアは40.08%とのことです。
iOS12のインストール率は、かなり高いと言えますね。

さいごに

以上、iOS12.0.1へアップデートして不具合が出た時の対処方法を紹介しました。

iPhone 6より古い機種をお使いの方は、iOS12.0.1へアップデートして動作が重くなることがあります。今日のエントリーの手順で、iOSの設定を見直すことで、iPhoneがサクサク動くようになりますので、ぜひお試しください。

iOSの設定を見直してもiPhoneの動作が改善しなければ、iOSのクリーンインストールを行ってください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク