Pixel 3/Pixel 3 XLがようやく日本で発売!最大の特徴はAI機能の強化

Pixel 3

10月10日に開催されたGoogleのハードウェア製品の発表イベント「Made by Google」で、Pixel 3/Pixel 3 XLが発表されました。

Pixel 3/Pixel 3 XLは、ようやく日本で発売されることになります。
2016年のPixelや2017年のPixel2は日本で発売されませんでしたので、楽しみにしていた方も多いはず。

アメリカでは10月18日から、日本は11月1日から発売となります。

Pixel3/Pixel 3 XLの最大の特徴は、AI機能が強化されたことです。僕はこの機能に未来のテクノロジーを感じでワクワクしました。ちなみに、9月に登場したiPhone XSやXS MAXに、こういうワクワク感はまったくありませんでした。

今日のエントリーは、日本で発売されることになったPixel3/Pixel3 XLの特徴やスペック、価格と、最大の特徴であるAI機能が強化されたことについて紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Pixel 3/Pixel 3 XLはどこで購入できるのか?

最初に、Pixel 3/Pixel 3 XLはどこで購入できるのかを見ていきます。

  • Google Store (オンライン)
  • docomo
  • ソフトバンク

Google StoreはSIMフリー版、docomoとソフトバンクはSIMロック版になるはずです。

ちなみにSIMフリー版を購入すれば、auのネットワークでも利用できます。Pixel 3/Pixel 3 XLのLTE対応バンドは、auのネットワークの主要LTEバンド1 (2.1GHz)、18 (800MHz)、26 (800MHz)に対応していますからね。

Pixel 3/Pixel 3 XLの特徴

次に、Pixel 3/Pixel 3 XLの特徴を見ていきましょう。
最大の特徴はAI機能です。AI機能の「Call Screen」や「Duplex」は、本当にワクワクします。

  • 人間のように会話をするAI技術「Call Screen」
  • AIがレストランを予約してくれる「Duplex」
  • シングルレンズにも関わらずカメラが優秀
  • 日本仕様はFeliCa搭載
  • 圧縮しない「元の画質の写真」や「4k動画」をGoogleフォトに容量無制限で保存できる

人間のように会話をするAI技術「Call Screen」

Googleアシスタントに加え、人間のように会話をするAI技術「Call Screen」を搭載しています。電話を着信した際、最初にAIが対応し、AIに定型応答で喋らせるか、ユーザーに電話を引き継ぐかを選択することが可能になります。

AI技術「Call Screen」と通話の相手との会話は、Pixel 3/Pixel 3 XLの端末上で、リアルタイムにテキストで目視が可能です。通話内容によって、「どのようなご用件ですか?」「後ほど掛け直します」などの定型応答を「Call Screen」に喋らせることができるのです。

また、迷惑な営業電話がかかってきた際は、「SPAM報告」をタップすれば、その電話番号を着信拒否することができます。

Call Screen: Know who’s calling and why

AIがレストランを予約してくれる「Duplex」

AIがレストランを予約してくれる「Duplex」機能も搭載されています。
まさに「Duplex」が、執事の役割をしてくれます。
2018年11月から、一部のアメリカの地域で「Duplex」のサービスが始まります。

シングルレンズにも関わらずカメラが優秀

Pixel 3/Pixel 3 XLのカメラは共通で1220万画素です。シングルレンズにも関わらず優秀なのが特徴です。

  • AIによる背景ボケ機能・・・シングルレンズですが、AIによる背景ボケ機能を搭載
  • トップショット・・・シャッターを押した数秒前にさかのぼり、ベストショットを提案
  • 超解像ズーム・・・デジタルズームでも解像感をキープ
  • ナイトサイト・・・暗い場所でも鮮明に撮影
  • Playground・・・AR ( 拡張現実 ) を使ってキャラクターなどと一緒に撮影が可能
  • Googleレンズ・・・カメラを向けた場所を検索で調べることができる
  • 前面カメラは広角・・・広角レンズのため、自撮り写真は複数の顔がきちんと入る

日本仕様はFeliCa搭載

Pixel3は、日本市場も視野に入れた商品です。日本仕様はFeliCa搭載ですからね。

ちなみにUSのGoogle Storeのサイトを見ると、FeliCaではなく、eSIMが搭載されていると記載されています。

USのGoogle Storeのサイト

USのGoogle Storeのサイト

日本ではSuicaの普及率が高いので、グローバルではマイナーなFeliCaを搭載したということなんだろうね。
Suicaがあれば、電車に乗るだけでなく、コンビニや駅ビルでも現金は必要ありません。

先日Googleのイベントに参加しました。 INEVITABLE jaというイベントで、キャッシュレス社会への流れは止められないといっ...

圧縮しない「元の画質の写真」や「4k動画」をGoogleフォトに容量無制限で保存できる

Pixel 3/Pixel 3 XLで撮影した写真や動画は、圧縮せずに、Googleフォトに容量無制限で保存が可能です。

Pixel 3/Pixel 3 XLのスペックと価格

Pixel 3/Pixel 3 XLの比較

Pixel 3/Pixel 3 XLのスペックと価格を見ていきましょう。

Pixel 3/Pixel 3 XLは、ノッチの有無、液晶サイズやバッテリー容量以外のスペックは共通しています。ご存知の方が大半だと思いますが、Pixel 3はノッチなし、Pixel 3 XLはノッチありです。

Pixel 3/Pixel 3 XLで共通するスペック

Pixel 3/Pixel 3 XLで共通するスペックを見ていきます。

  • OS・・・Android 9 Pie、3年間のアップデートが保証されています
  • プロセッサ・・・Qualcomm® Snapdragon™ 845
  • メモリ・・・4GB
  • ストレージ・・・64GBまたは128GB
  • 背面カメラ・・・12.2メガピクセル
  • 前面カメラ・・・8メガピクセル広角
  • 色・・・クリアリー ホワイト、ジャスト ブラック、ノット ピンク
  • 無線・・・Wi-Fi 2.4GHz + 5.0GHz 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth® 5.0 + LE
  • SIMスロット・・・nano SIM × 1
  • 防水・・・IPX8
  • 防塵・・・IP6X相当
  • FeiCa対応・・・日本で発売されるモデルには、FeliCaが搭載されています。アメリカで発売されるモデルは、FeliCaではなく、eSIMが搭載されております。

Pixel 3/Pixel 3 XLで異なるスペック

Pixel 3/Pixel 3 XLで異なるスペックや値段を見ていきます。

Pixel 3 Pixel 3 XL
ディスプレイ 5.5 インチ 6.3 インチ
縦横比 18:9 18.5:9
ノッチ なし あり
バッテリー 2915mAh 3430mAh
サイズ 68.2×145.6×7.9mm 76.7×158×7.9mm
重量 148g 184g
価格 64GB 95,000円 / 128GB 107,000円 (税込み) 64GB 119,000円 / 128GB 131,000円 (税込み)

Pixel 3/Pixel 3 XLはどちらがオススメ?

僕はPixel3 をオススメします。以下、理由です。

  • 画面の解像度や液晶サイズはPixel3 XLの方が大きいのに、メモリはどちらも4GB
  • AI機能である「Call Screen」「Duplex」は、どちらも同じように利用できる
  • プロセッサやカメラは同じスペック

画面の解像度や液晶サイズはPixel3 XLの方が大きいのに、メモリはどちらも4GB

画面の解像度や液晶サイズが大きいPixel3 XLの方が、メモリの消費量は多いはずです。
Googleのサイトには、GPUについての言及はないので、同じものだとするならば、Pixel3の方が快適に動くはず。

AI機能である「Call Screen」「Duplex」は、どちらも同じように利用できる

AI機能である「Call Screen」「Duplex」は、どちらも同じように利用できます。

プロセッサやカメラは同じスペック

プロセッサやカメラも同じスペックを搭載しています。

さいごに

以上、日本で発売されることになったPixel3/Pixel3 XLの特徴やスペック、価格と、最大の特徴であるAI機能が強化されたことについて紹介しました。

ついにPixel 3が日本市場に投入されることになりました。 2016年に初代Pixelが登場して以来、日本での発売を待ち望ん...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク