iPhoneを復元する際、「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“xxxxx”はこのiPhoneの復元には使用できません。」というエラーが出た際の対処方法!

「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“xxxxx”はこのiPhoneの復元には使用できません。」と表示される

iPhoneの機種変更の際、iTunesバックアップからiPhoneへ復元すると、「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“xxxxx”はこのiPhoneの復元には使用できません。」と表示されることがあります。

このエラーが出てしまうと、iTunesバックアップをiPhoneに復元することができません。僕もこのエラーを何度か経験したことがあります。

なぜ機種変更した最新のiPhoneにも関わらず、iTunesバックアップから復元できないのでしょうか?

今日のエントリーは、「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“xxxxx”はこのiPhoneの復元には使用できません。」というエラーが出た際の対処方法についてお話します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“xxxxx”はこのiPhoneの復元には使用できません。」というエラーが出る理由

iTunesバックアップを作成したiPhoneのiOSのバージョンよりも、機種変更で復元するiPhoneのiOSのバージョンが古いと、このようなエラーが出ます。

つまり、同じ型番のiPhoneだったとしても、バックアップを取ったiPhoneのiOSが最新バージョンで、新しいiPhoneのiOSのバージョンが古いとこのようなエラーが出るのです。
常にiOSは最新で使っているユーザーの場合、新しく購入したiPhoneのiOSのバージョンの方が古いということはよくあるので、このようなエラーが出て復元できないのです。

逆の場合は問題なく復元できます。バックアップを取ったiPhoneのiOSのバージョンが古く、新しいiPhoneのiOSのバージョンが新しければ、問題なくバックアップから復元することができるのです。
ちなみに、iOSが同じバージョンの場合も、エラーは出ずに問題なく復元できます。

では、このようなエラーが出た場合、どうすればいいのでしょうか?

新しいiPhoneのiOSのバージョンを最新にアップデートすべし

新しいiPhoneのiOSのバージョンを最新にアップデートすれば、問題なく復元できるようになります。

新しいiPhone側で次の手順で行います。

  1. 「新しいiPhoneとして設定」をタップ
  2. Apple IDでサインイン
  3. 最新のiOSへアップデート
  4. iPhoneを探すをオフに
  5. 端末を初期化

1. 「新しいiPhoneとして設定」をタップ

電源を入れて、「新しいiPhoneとして設定」をタップします。

「新しいiPhoneとして設定」をタップ

2. Apple IDでサインイン

Apple IDでサインインしてください。

3. 最新のiOSへアップデート

最新のiOSへアップデートします。

  • 設定→一般→ソフトウェア・アップデート

4. iPhoneを探すをオフに

iPhoneを探すをオフにします。

  • 設定→Apple ID→iCloud→iPhoneを探す→オフに

なお、iPhoneを探すをオフにしないで、端末を初期化した場合、Apple IDのパスワードの入力が求められます。パスワード入力すれば、初期化できます。

5. 端末を初期化

端末を初期化します。

  • 一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去

iPhone 初期化

iTunesバックアップより復元

復元するiPhoneを最新のiOSへアップデートして、端末の初期化が終わったら、iTunesバックアップより復元することができます。

再度iPhoneの電源を入れると、以下の画面がでてきます。

iTunesバックアップから復元

iTunesバックアップより復元するので、「iTunesバックアップから復元」をタップしたら、次の手順でiTunesバックアップより復元してください。

  1. PCにiPhoneを接続して、iTunesを開く
  2. 「このバックアップから復元」にチェックを入れて「続ける」をクリック
  3. iTunesバックアップのロックを解除するパスワードを入力
  4. iPhoneがバックアップから復元される

1. PCにiPhoneを接続して、iTunesを開く

PCにiPhoneを接続して、iTunesを開きます。

2. 「このバックアップから復元」にチェックを入れて「続ける」をクリック

「このバックアップから復元」にチェックを入れて「続ける」をクリックします。

「このバックアップから復元」にチェックを入れて「続ける」をクリック

3. iTunesバックアップのロックを解除するパスワードを入力

iTunesバックアップのロックを解除するパスワードを入力します。 iTunesでバックアップを作成する際に設定したパスワードです。

iTunesバックアップのロックを解除するパスワードを入力

4. iPhoneがバックアップから復元される

お疲れさまでした。iPhoneがバックアップから復元されました。

さいごに

以上、iPhoneを復元する際、「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“xxxxx”はこのiPhoneの復元には使用できません。」と表示されたときの対処方法でした。

機種変更の際、古いiPhoneで作成したiTinesバックアップを、新しいiPhoneへ復元する際には、必ず新しいiPhoneのiOSのバージョンを最新にアップデートしてから復元してください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク