iPhone XS / XS MAX / XRが高すぎる件・・・

iPhone XS

9月12日に開催されたiPhoneの発表会では、iPhone XS / XS MAX / XRの3機種が発表されました。

今回もネット上では事前リークが溢れかえっていて、発表会を見ていても、事前リークの答え合わせのようで、今ひとつ盛り上がりに欠けました。
iPhone XS /XS MAXは9月14日に予約を開始し、発売は21日から。廉価版のiPhone XRは10月19から予約開始で発売は26日からとなります。

価格はご覧になりましたか?めちゃ高いです。
今回目玉のiPhone XS MAX 256GBの値段は、124800円 (税別)。Apple Care 22800円 (税別) と消費税を加えると、159,408円です…MacBook買えるじゃん。

今日のエントリーは、iPhone XS / XS MAX / XRが高すぎる件について書きます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iPhone XS / XS MAX / XRの価格は?

iPhone XS / XS MAX / XRの価格を見ていきましょう。

  • iPhone XS 64GB 112,800円 (税別)
  • iPhone XS MAX 64GB 124,800円 (税別)
  • iPhone XR 64GB 84,800円 (税別)

高すぎますよね?256GBはもっと高い。

  • iPhone XS 256GB 129,800円 (税別)
  • iPhone XS MAX 256GB 141,800円 (税別)
  • iPhone XR 256GB 101,800円 (税別)

128GBモデルはiPhone XR のみ

  • iPhone XR 128GB 90,800円 (税別)

今回、iPhone XS / XS MAX には、512GBモデルも用意されていますが、15万円超えですって。買う気しないですよね。

スマホの寿命なんて快適に使えるのは2年くらいなので、めちゃコスパが悪いですね。それ以降は、バッテリーの持続時間は少なくなり、最新機種とのスペックの差は広がり、外観もボロくなってくるので、買い替えたくなりますから。

MacBookなら物理的に壊れなければ、最低でも5年間は快適に使えます。
ちなみに僕の事務所には、iMac 2013 Late、MacBook Pro 2013 Lateがあります。もうすぐ5年が経ちますが、毎年クリーンインストールを行っていることもあって、めちゃ快適です。

旧型のiPhoneは?

これに対して旧型のiPhoneはめちゃリーズナブルです。

  • iPhone 7 64GB 50800円 (税別)
  • iPhone 7 Plus 64GB 64800円 (税別)
  • iPhone 8 64GB 67800円 (税別)
  • iPhone 8 Plus 64GB 78800円 (税別)

僕がiPhoneを買い換えるなら、間違いなく旧モデルにしますね。

iPhone XS / XS MAX / XRの性能は?

A12

Appleのサイトでスペックを見ると3機種ともに、プロセッサーにA12 Bionicを搭載しています。CPUが4コア、GPUが6コア、ニューラルエンジンが8コアなので、計18コアとめちゃ高性能な感じがします。

iPhone 8に搭載されているA11と比較して、高速化が図られているとのこと。

  • グラフイック性能、最大50%高速化
  • プロセッサ最大15%高速化
  • 最大50%消費電力を抑える

でも、はっきり言ってこの数字を体感できるのかは謎。
プロセッサ最大15%高速化なんて体感できても微々たるものだと思います。グラフイック性能、最大50%高速化というのも、グラフィックメモリを多用するゲームでは威力を発揮すると思いますが、メール・SNSがメインのライトユーザーが体感できるほどの速度アップがあるとは考えにくいですね。

消費電力が少なくバッテリーが持つのは大歓迎ですが、「最大50%消費電力を抑える」というのもバッテリー持続時間が1.5倍になるわけではありません。Appleのサイトによると、iPhone XSはiPhone Xよりわずか30分バッテリーが長いだけですからね。ちなみにiPhone XS MAXは、iPhone Xより1.5時間長いとのこと。

こう考えると、性能アップの割に、値段だけが高いことがよく分かりますね。

なぜiPhone XS / XS MAX / XRが高いと感じるのか?

なぜiPhone XS / XS MAX / XRが高いと感じるのでしょうか?

もし、今回のiPhoneが、新しいテクノロジー満載でワクワクする商品だったら、15万円でも高いと感じないと思います。
僕なら、iSchoolのオフィスで最も利用頻度の低いMacBook Air 11inchをメルカリで売って、iPhone XSの軍資金に当てると思います。

でもね、今回のモデルは、iPhone XSという名前のとおり、マイナーアップデートです。
2017年はiPhone誕生10周年だったので、特別モデルということでiPhone Xが登場しましたが、それ以前は隔年で訪れる「s」の年はマイナーアップデートでしたからね。

マイナーアップデートということもあって、目新しいテクノロジーは皆無です。
別にiPhone 7でもiPhone 8でも同じようなことが、結構快適にできることがわかっているので、iPhone XS / XS MAX / XRが高いと感じてしまうのです。

僕はiPhone 7 Plusを2年近く使っているので、今年は買い換えようと思っていましたが、正直iPhone XS / XS MAX / XRを購入する気にはなれません。

Pixel3 が10月に日本市場で投入という噂もあるので、乗り換えるかもしれません。

さいごに

以上、iPhone XS / XS MAX / XRが高すぎる件についてでした。

iPhoneは1世代前のiPhone 8でも、2世代前のiPhone 7でも快適に使えます。無理して、スペックの割に価格の高い最新機種を購入しなくてもいいのかなと思います。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク