新型iPhoneが登場すると、旧型iPhoneの値下げはどうなるのか?

iPhone

いよいよ9月12日に新型iPhoneが発表されます。

僕の予測では、3種類の新型iPhoneが登場するはずです。

で、新型iPhoneが登場すると、旧型iPhoneの値下げはどうなると思いますか?
去年の例を参考に、新型iPhoneが登場すると、旧型iPhoneの値下げはどうなるのか予測してみます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iPhone 8とiPhone 8 Plusは値下げ

2017年9月にiPhone 8とiPhone 8Plusが発売された際、1年前に登場したiPhone 7は72800円から61800円へ15%値下がりし、iPhone 7 Plusは85800円から74800円へ13%値下げされました。

iPhone 8とiPhone 8 Plusも、同じように値下げされるはずです。

  • iPhone 8は、78800円から66800円へ値下げ
  • iPhone 8 Plusは、89800円から76800円へ値下げ

iPhone 7とiPhone 7 Plusも値下げ

iPhone 7とiPhone 7 Plusは発売から2年落ちとなりますので、更に値下げされるはずです。

ちなみに、昨年の2017年9月にiPhone 8とiPhone 8Plusが発売された時点で、発売から2年落ちとなったiPhone 6sは、61800円から50800円へ18%値下がりし、iPhone 6 Plusは72800円から61800円へ15%値下げされました。

ちなみにiPhone 6sは、次のように3回値下げが行われました。

  • 発売当初の2015年9月は86800円 (16GB) → 2016年4月に78,800円 (16GB) → 2016年9月に61,800円 (32GB) → 2017年9月に50,800円 (32GB)

ということでiPhone7も2年落ちとなりますので、同じような値引きが行われるはずです。

  • iPhone 7 (32GB)は、61800円から50,800円へ値下げ
  • iPhone 7 Plus (32GB)は、74800円から61800円へ値下げ

iPhone 6sは、Apple Storeでは取り扱わず、docomoやキャリアで販売

3年落ちとなったiPhone 6sは、Apple Storeでは取り扱わず、docomoなどのキャリアで販売していくと予測します。

このあたりAppleの戦略はしたたかですよね。3年落ちのポンコツは、docomoなどのキャリアに押し付けてますから。
3年落ちのiPhoneはどう考えても遅いので、毎年買い換えるような層には、全く魅力に感じません。が、スマホ初心者ならば、iPhone 6sでも満足するユーザーはいるはず。
キャリアはスマホ初心者の顧客を多数抱えているので、3年落ちのiPhone 6sでも購入する顧客はいるはずです。

docomo withの iPhone 6s が、MVNOに対抗できる料金プランだという記事が目立ちますが、果たして本当でしょうか? ...

9月1日より、docomo withでiPhone 6sの取り扱いが始まっています。ぶっちゃけ、月々サポートの割引がないので、全然安くないです。ちょっと高くても端末の値引きがある最新のiPhoneを購入すれば、1年後や2年後にメルカリなどで高値で売却できますよ。今の時点で3年落ちのiPhone 6sを購入したら、2年後は5年落ちですからね。

iPhone 6sは購入せずに、新型iPhoneを購入すべし

5年落ちの端末といえば、2013年に登場したiPhone 5sです。中古価格を見てみると、docomo版で5000円くらい。今iPhone 6sを購入して2年後に売却する場合、たぶん中古で売却する場合は同じくらいの値段になると思います。

それに対して、新型iPhoneを購入すれば2年後に2年落ちで売却できます。←当たり前だけどw
2018年現在、2年落ちの端末といえば、2016年に登場したiPhone 7です。こちらは今でも中古価格は、35000円〜40000円くらいです。

2年後に売ることを考えているのならば、絶対に最新のiPhoneを購入することをオススメします。

docomo withの iPhone 6s が、MVNOに対抗できる料金プランだという記事が目立ちますが、果たして本当でしょうか? ...

iPhone Xは値引きになるか、発売終了になるか分からない

iPhone Xは値引きになるか、発売終了になるか分かりません。

値引きの場合

新しく登場するiPhone Xsより安くなるはずですから、8万円台が妥当なところでしょうか?、iPhone Xは元々の値段が112800円とめちゃ高いんですよね。

値引きの場合、iPhone Xは、112800円から88880円へ値下げ

発売終了の場合

廉価版のiPhone Xcが76,890円になりそうなので、旧型のiPhone Xを88880円へ値下げしたとしても、iPhone Xを買う人は少なそうですよね?Appleがこのように判断すれば、発売終了になるでしょう。

さいごに

以上、新型iPhoneが登場すると、旧型iPhoneの値下げがどうなるのかについて予測しました。

新型iPhoneの値段の予測

  • 廉価版のiPhone Xc・・・699ドル (日本円で76,890円)
  • 5.8インチのiPhone Xs・・・899ドル〜 (日本円で98,890円)
  • 6.5インチのiPhone Xs Plus・・・は999ドル〜 (日本円で109,890円)

旧型iPhoneの値段の予測

  • 1年落ちのiPhone X・・・88880円 (発売終了の可能性もあり)
  • 1年落ちのiPhone 8・・・66800円
  • 1年落ちのiPhone 8 Plus・・・76800円
  • 2年落ちのiPhone 7・・・50800円
  • 2年落ちのiPhone 7 Plus・・・61800円
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク