値上げとなったiPhone6s!キャリアって談合してるよね?

総務省が有識者会議を設けて首を突っ込んだ結果・・・

実質値上げとなりそうです。

ドコモが「iPhone6s」1万円値上げ  来月から、2社も追随へ

NTTドコモは2月1日から、米アップルの「iPhone(アイフォーン)6s」を1万円程度値上げする。2年契約の際、端末代金の割賦支払い分とほぼ同額を通信料金から差し引き、本体価格を「実質0円」とする販売方式を改める。携帯電話大手3社は月内に「実質0円販売」の是正策を総務省に報告する予定で、KDDIとソフトバンクも追随する見通しだ。

ドコモでは現在、メモリー16ギガ(ギガは10億)バイトのアイフォーン6sの場合、毎月の通信料金から約3500円割り引く「月々サポート」により本体価格を実質0円としている。これが2月以降は1万円程度となる。アイフォーン上位機種も、現在の本体価格から1万円前後値上げとなるほか、他社の最新機種も実質0円での販売をやめる。

ただ、1契約当たり2万~4万円程度をドコモが販売店に支払う「販売奨励金」は基本的に継続する。型落ちの旧モデルは在庫処分のため値引き販売が必要となり、旧型端末の一部では実質0円での販売も残る見通しだ。

ドコモ、「iPhone 6s」を1万円値上げへーー他キャリアも追随する見通し

「実質0円」の廃止に伴い、端末が実質値上げされる可能性について先日伝えたが、ついにその時がやってきたようだ。

【関連】ドコモ、スマホの価格を1~2万円値上げへーー「実質0円」撤廃

SankeiBizによるとドコモは「実質0円」で販売してきた「iPhone 6s」の16GBモデルを約1万円値上げする方針であると報じている!これはKDDIとソフトバンクも追随すると予想されている。

毎月の料金から約3,500円を値引きする「月々サポート」や他キャリアから乗り換えた際に利用できる「のりかえボーナス」をそれぞれ見直す方針。販売奨励金の金額は変わらず代理店の独自割引によっては1万円を切る可能性もあるが、ドコモ幹部によると実質0円以下にはならない見通し。

端末料金と通信料金

スマホの料金って、端末の料金と、毎月の通信料金があるわけです。

有識者会議での議論って、この2つがぐちゃぐちゃになってる。

端末料金

先程紹介した「iPhone6sが1万円値上げ」ってのは端末料金の話。

今までiPhone6s 16GBならば、他社からMNPして乗り換えた際の「のりかえボーナス」や、毎月3500円を割引する「月々サポート」が受けられたので、実質0円だったんですよね。

これが1万円になるわけだから、実質値上げということになります。

通信料金

先日、毎月の通信料金についてソフトバンクから1GBプランの定額パックの発表がありました。

4900円って全然安くないんだけどね。

SoftBank、1GBのデータ定額パックを導入

ソフトバンク株式会社は、SoftBankの料金プラン「スマ放題ライト」「スマ放題」において、月額2,900円で1GBまでのデータ通信ができる「データ定額パック・小容量(1)」を、2016年4月以降に導入します。これによりSoftBankのスマートフォン(通話+データ通信)が月額4,900円から利用可能となります。

当社は、2014年8月よりY!mobileにおいて、1GBまでのデータ通信と10分以内の国内通話(300回/月)が低廉な料金で利用できる「スマホプランS」(月額2,980円)※を提供してきました。このたびSoftBankで「データ定額パック・小容量(1)」を導入することにより、データ通信の利用が少ないお客さまでもSoftBankのスマートフォンがリーズナブルな料金でお使いいただけます。

3月の携帯商戦はどうなる?

例年3月は一括0円でiPhoneが売られることになりますが、今年はどうなんでしょう?

キャリアに対するAppleからの販売ノルマは凄まじいって話ですから、キャリアからしてみれば一括0円でもバンバン契約して欲しいってことになるはずです。

より複雑な料金体系へ

キャリアは実質0円や一括0円はやめる方向になります。でも3月の決算月は契約数を増やしたいということになると、答えは1つ。

携帯ショップへ支払う「販売奨励金」を引き上げて、キャッシュバックのような形でユーザーへ還元するということになるはず。

となると、複雑なオプションや有料コンテンツに加入させられることになり、今まで以上に複雑な料金体系になりそうです。

実質値上げになって、議論が振り出しに戻った感じになりそうです。

携帯料金を安くするなら

1台持ちなら

auが割安感ありますよ。

180日経ったらSIMロック解除すれば、MVNOでも使えるしね。

auの一括0円「iPhone6s」を狙うべし!
2016年は携帯料金が実質値上げの年になりそうです。 政府が介入すればするほど、端末の一括0円がなくなるので、2年間の総額が高くなると...

2台持ちなら

オススメなのは、ガラケーとスマホの2台持ち。

こうすれば携帯料金は下がる!2台持ち、かけ放題で毎月1802円で運用!
政府主導の携帯料金引き下げの結果がこれ・・・ ソフトバンク、1GBのデータ定額プランを4月に提供――トータル月額4900円~に ソフ...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!