iOS10からiOS9.3.5へダウングレード

iOS10がリリースされて3週間以上が経ちました。

iOS10がインストールできる端末は、iPhone5やiPad mini2などの比較的古い機種でもOKです。でもこれらの端末でアップデートすると、動作が重くなったりという不具合をよく聞きます。

わたくしもiPad AirにiOS10をインストールしたら、動きがカクカクして滑らかじゃなくなりました・・

カクカクしたiPhoneは使いたくないという方は、iOS9へダウングレードして使うというのもありです。

もちろん、iOSは最新バージョンを使うことが、セキュリティの観点から最も望ましいということは、頭に入れておいてくださいね。iOS10の動作が軽くなるまでの期間限定とお考えください。今後、アップデートが進むことで、iOS10の動作も軽くなっていくので、iPhone5sやiPad Airなどの比較的古い機種でも快適に動くようになるはずです。

その他のメリットとしては、利用しているアプリがiOS10で上手く動かないといった不具合がある方にも、iOS9へダウングレードするメリットがありますね。

今日のエントリーは、iOS10からiOS9.3.5へダウングレードするやり方を詳しく説明します。

iOS10からダウングレードする際の注意点

いくつか注意点があります。

  • AppleによるiOS9.3.5への署名が終了すると、iOS9.3.5へダウングレードができなくなります。署名は最新OSの1つ前のバージョンまでなので、いつなくなるかは未定。10/9時点では問題なくダウングレードが可能です。
  • iOS9.3.5で取得したバックアップが必要です。iTunesバックアップを取っている方は、PC内に複数のバックアップがあるはずなので、探してみましょう。iOS9.3.5のバックアップがないと、iOS9.3.5に戻した後にデータやアプリの復元ができないので、工場出荷状態で使うことになります。
  • iOS9.3.5へのダウングレードは、Appleが推奨しているわけではないので、不具合が生じても自己責任となります。Appleでの対応は期待しない方がいいです。
  • iOS9.3.5へのダウングレードで失敗したときに備えて、iOS10でのバックアップを必ず取得しておきます。iTunesバックアップでもiCloudバックアップどちらでも構いません。これを取っておけば、最悪、今までと同じ環境であるiOS10へ復元することが可能です。

iOS10からiOS9.3.5へダウングレードする場合、iOSのバックアップが非常に重要になるので、iTunesバックアップとiCloudバックアップについて、以前のエントリーを引用しておきます。

iTunesバックアップとiCloudバックアップの違い

それぞれの違いを見ていきましょう。

iTunesバックアップ

iTunesでのバックアップには、PCを使います。
PCを持っている方は、PCに繋いでiTunesでバックアップを取ることをオススメします。iTunesでバックアップを取ると、「データ」「アプリ」「設定」なども全てバックアップするため、復元後に、今までと全く同じ環境で使うことが可能です。また、サードパーティーのアプリの再ダウンロードもないので、復元にかかる時間が圧倒的に早いのも特徴です。

iCloudバックアップ

iCloudバックアップは、Wi-Fi環境にあれば、iPhone本体のみでバックアップを取ることが可能です。

PCを持っていない人は、iCloudバックアップしか選択肢はありません。

デメリットは、iTunesバックアップと較べると、復元までの時間がかかることです。サードパーティーのアプリは、復元後に再ダウンロードするので、iTunesバックアップよりも2時間くらい余分な時間がかかってしまいます。
あと、サードパーティのアプリの設定項目も、再設定が必要になります。

iPhone、iPad、および iPod touch をバックアップする方法

iOS10からiOS9.3.5へダウングレードする手順

お待たせしました。iOS9.3.5へダウングレードする手順を紹介します。

  1. iOS9.3.5をダウンロード
  2. iPhoneを探すをオフに
  3. iOS9.3.5へ復元

1. iOS9.3.5をダウンロード

iOS9.3.5のダウンロードには、必ずPCを使ってください。

機種ごとにiOS9.3.5のファイルは異なりますので、以下のリンクから、直接ダウンロードします。Apple Developer Programへの直リンクになります。

Appleが、iOS9.3.5への署名を止めた時点で、ダウングレードはできなくなりますので、試してみたい方はお早めにどうぞ。10/9時点では問題なくダウングレードできます。

ちなみに、Windowsユーザーの方は、IEやEdgeでダウンロードすると、ファイルが「zipファイル」になります。手動で拡張子を「.zip」から「.ipsw」に変更してください。なので、ChromeやSafariでダウンロードすることをオススメします。自動的に「.ipsw」でダウンロードされます。

iPhone

iPhone用の iOS9.3.5ファームウェアをダウンロードします。

iPad

iPad用の iOS9.3.5ファームウェアをダウンロードします。

iPad mini

iPad mini用の iOS9.3.5ファームウェアをダウンロードします。

iPod touch

iPod touch用の iOS9.3.5ファームウェアをダウンロードします。

2. iPhoneを探すをオフに

iPhone本体の「iPhoneを探す」をオフにします。

  • 設定 → iCloud → iPhoneを探す → オフに

iPhoneを探すをオフ

Apple IDのパスワードが必要です。この機能は、盗難されたiPhoneを、第3者が勝手に初期化できなくするための機能です。Androidにも同じ機能つければいいのにね。

Apple IDのパスワードを忘れた場合

Apple IDに登録した際の「秘密の質問」がわかれば、新しいパスワードが発行されます。

わからない場合は、iPhoneを購入した店舗で「購入証明書」を発行してもらえば、AppleサポートでApple IDのパスワードをリセットしてもらえます。

3. iOS9.3.5へ復元

iPhoneをPCに繋いで、iTunesを起動します。

Macユーザーの方はOptionキー(WindowsならShiftキー)を押しながら「iPadを復元」(「iPhoneを復元」)をクリックし、ダウンロードしたiOS9.3.5のファームウェアを選択します。

iOS9.3.5へダウングレード

「復元」をクリックすれば、iOS9.3.5へ戻ります。

iOS9.3.5へダウングレード

バックアップは必須

iOS).3.5で初期化されるので、データは全て消えます。iOS9.3.5でのバックアップがないと、データの復元はできないのでご注意ください。

iTunesバックアップで、iOS9.3.5のバックアップを取得していなければ、データの復元は諦めてください。

エラーが出たら

復元時にエラーが出ることがあります。

SHSH認証エラーがでた場合、iOS9.3.5の認証をAppleが終了したということなので、iOS9.3.5へダウングレードすることはできません。

SHSH認証エラー以外のエラーなら、「DFUモード」で復元をすればうまくいきます。

「DFUモード」復元

以下の手順で「DFUモード」復元します。

  1. ホームボタンとスリープボタンを10秒間同時に押し続ける
  2. スリープボタンのみ離して、ホームボタンはそのまま15秒程押し続ける
  3. iTunes側で「復元が必要なデバイス」として認識されれば、DFUモードで復元可能

まとめ

以上が、iOS10からiOS9.3.5へダウングレードするやり方です。

ダウングレードで不具合が出ることもあるので、バックアップは必ず取ってからやってくださいね。

古い端末をお使いの方で、iOS10からiOS9.3.5へダウングレードするのはちょっと怖いという方は、以下の方法でiPhoneがサクサク動くようになりますので、参考にしてください。

iPhone6sならばiOS10でサクサク動きますが、iPhone6だと以下の対処方法をしないと動作が重いかも。

iOS10.0.2 にアップデートして不具合が出たら・・・対処方法を教えます
iOS10.0.2のアップデートがリリースされました。 iOS10の登場から、わずか10日でのアップデートとなります。 ...

iPhone5s以下だと、快適に動かすにはクリーンインストールがオススメです。

iOS10をクリーンインストール!カクカクしたiPhoneの方は必見ですよ
iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!