iOS10.0.2 にアップデートして不具合が出たら・・・対処方法を教えます

iOS10.0.2のアップデートがリリースされました。

iOS10.0.2

iOS10の登場から、わずか10日でのアップデートとなります。

わたくしの妻のiPhone6は、iOS10.0.1ではサクサク動いていたのに、iOS10.0.2へアップデートしたら、動きが重くなってカクカクするようになってしまいました。

今日のエントリーは、iOS10.0.2 にアップデートしたら不具合が出てしまったiPhoneを、サクサク快適に動かす方法を紹介します。

その前に、iOS10.0.2でどんな不具合が解消されたのか見ていきましょう。

iOS10.0.2で修正された不具合は?

今回のマイナーアップデートは、セキュリティ関係の修正はありません。

修正箇所は以下の2点です。

  • ヘッドフォンのオーディオコントロールが一時的にうまくいかない問題に対処
  • iCloudフォトライブラリをオンにした時 ”写真” が終了してしまう問題を修正

iPhone7からはヘッドフォン端子がなくなり、Lightning接続のEarPodsに変更しましたよね?
「EarPods」「変換アダプター」を使って音楽を聞いていた場合、操作ができなくなるトラブルが続出していましたが、iOS10.0.2で解消されました。

スクリーンショットの無音化できるバグは?

引き続き、スクリーンショット音・カメラのシャッター音は、無音化できます。

iOS10のカメラの音は大きすぎるので、無音化のバグが放置されたのは助かりますね。

↓無音化のやり方は先日のエントリーに詳しく書きました。

拝啓 Apple様!Suicaが使えて、シャッター音も鳴らないiPhone7を発売してください
iOS10へアップデートしたら、スクリーンショットのシャッター音が大きくなったと思いませんか? わたくしのiPhone6も、iOS10...

iOS10.0.2へアップデートしてMVNOは使える?

わたくしのIIJmioでは問題なくiOS10.0.2で使用できております。

iOS10.0.2の動作報告をしているのは、IIJmioだけでした。

IIJmioと同じMVNEのDMM mobileは、iOS10.0.2へアップデートしても大丈夫なはず。

格安SIMの通信品質は MVNE で決まる!
格安SIMを提供するMVNOによって、回線の太さや応答速度が違うのをご存じですか? 同じdocomo系なら同じじゃないの?と思うかもし...

アップデートの際の注意点

iOS9からiOS10へのアップデートの場合、OTAだと、アップデートに失敗して文鎮化するという報告がありました。OTAとは「Over The Air」のことで、iPhone本体でWi-Fi経由のアップデートすることです。

iOS10のアップデートで不具合が起きないようにする方法
日本時間の9月14日午前2時から、iOS10へのアップデートがリリースされました。 iPhone単体でアップデートするOTAだ...

文鎮化の理由は、ダウンロードしたOSの一部が欠落することが原因の1つです。特にiOS9からiOS10へのアップデートは、OSの中身が大幅に変更されるためデータの量が大きくなります。iOS10のリリース直後は、Appleのサーバーが込み合っていますから、OSの一部が欠落することがあると、Appleの社員が言っていました。

文鎮化の不具合に対処するには、iOS9からiOS10へのアップデートを、PCに繋いで「iTunes経由」で行うことで回避できます。

iOS10からiOS10.0.2へアップデートはマイナーアップデートなので、ダウンロードするデータも小さいので、OTAで問題ありません。

iOS10.0.2へアップデートして不具合がでたら

iOSをアップデートしたら、重くなるという不具合がでている方も多いと思います。

重くなったiPhoneをサクサク動かす方法を紹介します。

クリーンインストール

iOSの動くがおかしくなってきたら、クリーンインストールが一番の解決策です。

PCがある方は、iTunesバックアップを取ってから、復元します。iCloudバックアップと比較すると、復元にかかる時間が圧倒的に短いです。

「iTuneのバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違いは以前のエントリーを引用します。

iTunesでバックアップを取ると、iPhoneやiPadの中をまるごとバックアップしますので、復元後にサードパーティーのアプリや設定は、そのままで復元されます。この場合、クリーンインストールにかかる時間は、慣れれば30分くらいで完了します。

iCloudでバックアップを取ると、サードパーティーのアプリは、復元後に再度ダウンロードしてインストールするため、元の状態に戻るには数時間かかってしまいます。

クリーンインストールの手順は以前のエントリーを参考にして下さい。

iOS10をクリーンインストール!カクカクしたiPhoneの方は必見ですよ
iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...

「Siriの検索候補」をオフ

iOS10で賢くなると期待していましたが、Googleの「Now on Tap」と比較すると、非常に使いづらいです。

「Siriの検索候補」をオフにするだけで、iPhoneはかなりサクサク動きます。

Siriの検索候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「Siriの検索候補」をオフに

「検索の候補」をオフ

iOS10から登場した新機能です。今の時点ではバグだらけで使い物になりませんので、iPhoneをサクサク動かしたいのならオフにしましょう。

検索の候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフに

「”調べる”の候補」をオフ

こちらも、iOS10から登場した新機能です。

どんな時に使うのかというと、Safari検索で知らない単語を調べる際、単語を長押しすると「調べる」とでてきますよね?で、調べるをタップすると、Appleの辞書が表示されます。

「”調べる”の候補」がオンの状態だと、Appleの辞書以外に「候補のWEBサイト」がでます。

でも、「”調べる”の候補」がオフでも、Appleの辞書は表示されるし、その下に表示される「Webを検索」をタップすれば、Google検索の結果がでます。

↓左の画像が「”調べる”の候補」がオン、右の画像が「”調べる”の候補」がオフ

”調べる”の候補 違い

iOSの動きを軽くしたいのならば、「”調べる”の候補」はオフにしてください。

「”調べる”の候補」

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフに

「視差効果を減らす」をオン

ホーム画面に奥行きを出す効果があります。iOSが重くなっている方は、オフにすることでキビキビした動作になります。

iOS では、視差 (パララックス) 効果を利用して、デバイスのホーム画面とその他の領域に奥行き感を演出しています。

視差効果を減らす

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオンに

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで動かすアプリ以外はオフにしましょう。iOSがキビキビ動くようになりますよ。

Appのバックグラウンド更新

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開いて
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

まとめ

今回のiOS10.0.2へのアップデートで、動きが重くなった場合、一番効果がある方法はクリーンインストールです。
iPhone5sなどの、少し前の機種を使っているなら効果は絶大です。

クリーンインストールはちょっと面倒という方は、今回紹介した方法で、かなりiOSの動きが改善されるはずです。

ぜひお試しください。

iOS10をクリーンインストール!カクカクしたiPhoneの方は必見ですよ
iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...
iOS10の動作検証をしているMVNOの一覧
iOS10がリリースして1週間が経ちました。早速、マイナーアップデートであるiOS10.0.2も登場しております。 そ...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!