iOS10のアップデートで不具合が起きないようにする方法

日本時間の9月14日午前2時から、iOS10へのアップデートがリリースされました。

iOS10

iPhone単体でアップデートするOTAだと、アップデートに失敗して文鎮化するという報告がTwitter上で賑わっています。OTAとは「Over The Air」のことで、iPhone本体でWi-Fiを通じてアップデートすることを指します。

なぜOTAでアップデートすると文鎮化するのか?

新OSのリリース直後は、サーバーへのアクセスが集中するため、OTAでのダウンロードの場合、iOSのダウンロードの中身が欠落することがあります。

欠落したOSをインストールするので文鎮化が起こってしまうのです。

前回のiOS9の登場した時もOTAだと失敗するって話、よく聞きましたよね。Appleの方から聞いた話なので間違いないと思います。

文鎮化を防ぐには

iPhoneをPCに繋ぎ、「iTunes経由」でアップデートをおこなってください。

この場合、PC側でiOS10をダウンロードするので、OSが欠落する可能性が低くなります。なぜかというと、PCとiPhoneを較べた場合、明らかにPCの方がCPUなどのスペックが高いですよね?なので、ダウンロードデータが欠落する可能性は、PCの方が圧倒的に低くなるのです。

もし文鎮化してしまったら・・

早速ニュースになっています。文鎮化の直し方は以下のとおりです。

Appleが13日に更新したサポートページによると、iTunesをインストールしてあるコンピュータに端末を接続して強制再起動し、「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら「アップデート」を選択すれば、データを消去せずに再インストールが試みられるという。

↓13日に更新されたAppleサポートのページ

iPhone、iPad、または iPod touch をアップデートまたは復元できない場合

今日のエントリーは、iOS10へアップデートする際の注意点をお伝えします。アップデートに不具合が起きないような対策を取ってから、アップデートをおこなってくださいね。

バックアップを取る

一番最初に行うことは、iOS10へアップデートする前に、必ずバックアップを取ることです。

アップデートに失敗しても、バックアップさえ取っておけば、元の状態に戻すことが可能ですからね。

iPhoneやiPadの場合、バックアップの方法は「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の2通りがあります。迷わず両方でバックアップを取るようにしてください。

iTunesバックアップとiCloudバックアップの違い

それぞれの違いを見ていきましょう。

iTunesバックアップ

iTunesでのバックアップには、PCを使います。
PCを持っている方は、PCに繋いでiTunesでバックアップを取ることをオススメします。iTunesでバックアップを取ると、「データ」「アプリ」「設定」なども全てバックアップするため、復元後に、今までと全く同じ環境で使うことが可能です。また、サードパーティーのアプリの再ダウンロードもないので、復元にかかる時間が圧倒的に早いのも特徴です。

iCloudバックアップ

iCloudバックアップは、Wi-Fi環境にあれば、iPhone本体のみでバックアップを取ることが可能です。

PCを持っていない人は、iCloudバックアップしか選択肢はありません。

デメリットは、iTunesバックアップと較べると、復元までの時間がかかることです。サードパーティーのアプリは、復元後に再ダウンロードするので、iTunesバックアップよりも2時間くらい余分な時間がかかってしまいます。
あと、サードパーティのアプリの設定項目も、再設定が必要になります。

iPhone、iPad、および iPod touch をバックアップする方法

iOS10へアップデートする方法

バックアップが取れたら、いよいよiOS10へアップデートします。iOS10へのアップデートには、2通りの方法があります。

  • iTunesで上書きアップデート
  • OTAで上書きアップデート

両方とも、「写真などのデータ」「アプリ」「各種設定」「アプリのパスワード」などの情報はそのまま引き継げるのが特徴です。
また、アップデートはボタン1つできるので、お手軽なのもポイントです。

デメリットは、iPhoneの動作が鈍くなること。わたくしのiPhone6も、上書きアップデートを行いましたが、やっぱ少しカクカクするもんね。iPhone 5s、iPhone5など古い端末の場合、あまりオススメできません。動作がカクカクすること間違いなし。

iTunesで上書きアップデート

絶対におすすめしたいのは、iTunesでの上書きアップデートです。
PCを持っている方は、迷わずiTunesで上書きアップデートをしてください。PC側でiOS10をダウンロードするため、iPhoneが文鎮化するリスクがなくなります。

手順を説明します。

1. PCとiPhoneを繋ぐ

PCとiPhoneを接続します。

2. iTunesを立ち上げる

iTunesを立ち上げます。

3. iOS10をダウンロードしてiPhoneをアップデートする

iOS10 アップデート

4. 設定をバックアップする

設定のみのバックアップなので、前述のとおり、別途iTunesでバックアップを取るようにしてください。

iOS10 アップデート

5. 同意してアップデートする

iOS10 アップデート

iOS10 アップデート

6. iOS10へアップデートが完了

10分くらいでiOS10へのアップデートが完了します。

iOS10 アップデート

OTAで上書きアップデート

先程もお話しましたが文鎮化の原因になりますので、オススメできません。
「PCを持ってないよ」という方は、この方法しかないんだけどね・・

アップデートとバックアップは「iTunes」を使うべし!

PCをお持ちの方は、アップデートもバックアップもiTunesを使うことをオススメします。

iOS10にアップデートする際も、iTunesを使うことで、iPhoneが文鎮化する可能性はかなり減ります。
また、バックアップをiTunesでおこなうことで、不具合があった場合に、今まで使っていた環境に戻すことが可能ですからね。バックアップから復元する際、iCloudバックアップからの復元と較べると、圧倒的に早いのもメリットです。

アップデートで自分で対処できない問題が起きた際は、すぐにAppleサポートに問い合わせすることをオススメします。

iOS10へアップデートできる機種

最後に、iOS10へアップデートできる機種を紹介します。

iOS10が利用できる端末

iPhone5以降、iPadは第4世代以降、iPad mini2以降、第6世代iPod touchがiOS10がアップデート可能です。一応サポートはするけど、iPhone5やiPhone5sのCPUでは、スペック不足感が否めないけどね。カクカクして使いものにならないはず。
最低でもiPhone6以降というところでしょうか。

iOS10.0.2 にアップデートして不具合が出たら・・・対処方法を教えます
iOS10.0.2のアップデートがリリースされました。 iOS10の登場から、わずか10日でのアップデートとなります。 ...
iOS10 をサクサク動かす!
みなさまこんにちは。 iOS10 のアップデートが出ましたが、インストールされましたか? 早速わたくしも iPhone6 に i...

↓カクカクしたiPhoneには、クリーンインストールがおすすめですよ。

iOS10をクリーンインストール!カクカクしたiPhoneの方は必見ですよ
iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...

↓以前のエントリーに詳しくまとめました。

iOS 10 のサポート機種をまとめてみた!
WWDC2016で、秋に登場するiOS10の動作対象機種が発表されました。 iOS10は、新しく登場するiPhone7に元々入っていま...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!