iOS10 をサクサク動かす!

みなさまこんにちは。

iOS10 のアップデートが出ましたが、インストールされましたか?

早速わたくしも iPhone6 に iOS10 を入れました。アップデートしたところ、やはり動きが悪いという印象でした。

新しいOSはバグだらけなので、不具合がこわいという方は、昨日のエントリーを参考にして下さい。iPhone の文鎮化への対策も書いてあります。

iOS10のアップデートで不具合が起きないようにする方法
日本時間の9月14日午前2時から、iOS10へのアップデートがリリースされました。 iPhone単体でアップデートするOTAだ...

動きが重くなったiOS10をサクサク動かす

早速 iOS10 へアップデートしたけど、動作がもっさりしているという方も多いと思います。今日のエントリーでは、iPhone をサクサク動かす方法を紹介します。

以下の方法を試していただければ、サクサク動くようになりますので、ぜひお試しください。

「Siriの検索候補」をオフ

Siriの検索候補とは、Spotlightでキーワードを入力しなくても、今までに検索したキーワードに基いて、提案してくれるというものです。

GoogleのNow on Tapのような機能ですが、Googleと較べるとイマイチ使い勝手が良くないです。迷わずオフにしましょう。

ここをオフにするだけで、iPhoneがサクサク動くようになります。

Siriの検索候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「Siriの検索候補」をオフに

「検索の候補」をオフ

Spotlight検索をした際、検索の候補が出るというものです。例えば、Spotlight検索で「映画」と入力します。するとGPS情報を元に、近隣の映画館の上映時間などが表示されるというものです。

わたくしの環境だと「検索の候補」をオンにしても、Spotlight検索で候補が出ないんですよね。Appleサポートのスペシャリストに確認したところ、早速検証機で実験を行ってくれましたが、Spotlight検索で候補が出るものと出ないものがあるとのことでした。

今の時点ではバグだらけです。「検索の候補」も迷わずオフに。

検索の候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフに

「”調べる”の候補」をオフ

Safariで検索した時に、知らない単語が出てきた時、単語を長押しすると、「調べる」と出てきますよね?「”調べる”の候補」をオンにしている場合、「調べる」をタップすると、Appleの辞書以外に「候補のWEBサイト」が表示されてます。

でも、「”調べる”の候補」がオフでも、Appleの辞書は表示されるし、その下にある「Webを検索」をタップすれば、Google検索の結果が表示されるので、オフでも何の問題もありません。

↓左の画像が「”調べる”の候補」がオン、右の画像が「”調べる”の候補」がオフ。

”調べる”の候補 違い

特に使わない方はオフにしましょう。動きが軽くなります。

「”調べる”の候補」

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフに

「視差効果を減らす」をオン

デフォルトではオフになっていてホーム画面に奥行きがでますが、はっきり言って無駄なアニメーションです。キビキビ動かしたい人は迷わずオンにしてください。

iOS では、視差 (パララックス) 効果を利用して、デバイスのホーム画面とその他の領域に奥行き感を演出しています。

視差効果を減らす

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオンに

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで動かすアプリのみオンにします。あまり使わないアプリをオフにすることで、OSの動作がキビキビ動くようになります。

Appのバックグラウンド更新

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開いて
  2. 「Appのバックグラウンド」をオフにする

一斉にアップデートが始まるiOS

新しいiOSがでると、ユーザーは一斉にアップデートをします。

iOS9のアップデートがどのように進んだのか見てみましょう。

  1. リリースから1ヶ月後の10月7日は、iOS9へのアップデート率が57%、iOS8が33%。
  2. 2ヶ月後の11月30日は、iOS9が70%、iOS8が22%。
  3. 半年経った2016年3月は、iOS9が79%、iOS8が16%。
  4. 11ヶ月後の2016年8月15日は、iOS9が87%、iOS8が10%、その他が3%です。
  5. 12ヶ月後の2016年8月15日は、iOS9が88%、iOS8が9%、その他が3%です。

iOSのアップデート状況

iOS9と同じようなアップデート率を、iOS10も辿って行くはずです。

Appleはユーザーを新しいiOSへアップデートさせるのが上手いです。魅力的な新機能を盛り込んで、Appleお得意のインタラクションに徹底的に磨きをかけています。インタラクションとは、入力操作に対する応答性のことです。これはAppleが特許を抑えているので、なかなかAndroidが真似できないという部分でもあるのです。

iOSの場合、古い端末でも、最新OSにアップデートできるというのは魅力的です。今回のiOS10では、2012年9月に発売されたiPhone5もアップデートできますからね。4年落ちの端末でも最新のiOSがインストールできるって、ユーザー想いですよね?

一斉にアップデート出来ないAndroid

iOSに対して、Androidのアップデートの状況はいろんなバージョンが混在しています。

最新OSであるAndroid 6.0 Marshmallowが、18.7%しかないんだもん。

Androidのアップデート状況

Androidの場合、端末を作っているメーカーがたくさんあるので、iOSのようにアップデートを一斉に行うことができません。

Androidはメーカー毎に、UIなどをカスタマイズしていることも原因の1つです。Googleが最新のAndroidを提供しても、メーカー側で最新OSへ対応するのは、コストも時間もかかりますからね。

なので、格安スマホは、最新OSへのアップデートは基本的にないと考えてください。販売時のAndroidのバージョンのまま、その後のメジャーアップデートはできない場合がほとんどです。

例えば、FREETELのMIYABIは、実質2万円以下で購入できるので非常にコスパが良いのですが、Android 6.0 Marshmallow へのアップデートはないもんね。Android 5.0 Lollipop → Android 5.1 Lollipopというマイナーアップデートには対応しています。

最新のAndroidアップデートに対応するASUSは、格安スマホメーカーの中で、例外的に頑張っていると思います。

あと、Appleが古い端末に対して最新OSを提供しているのに対して、Googleが開発しているNexusシリーズでさえ、最新OSへの対応は2年強ということも影響しているかもね。

これはAppleとGoogleの戦略の違いだからどうしょうもないんだけど、Nexusシリーズに関して、比較的古い機種に対してのサポートがあれば、日本でのNexusシリーズのシェアが伸びることは間違いないです。

まとめ

今回紹介した方法で、A8のCPUを登載したiPhone6なら十分サクサク動きます。

A7のiPhone5sの人も快適に使えるようになるはずです。

iOS10のスペックがギリギリの、A6のiPhone5cをお使いの人だと、動きがもっさりしたままかもしれません。動きがどうやっても遅いという方は、クリーンインストールを試して下さい。サクサク動くようになりますよ。

iOS10をクリーンインストール!カクカクしたiPhoneの方は必見ですよ
iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!