iOS12.1がリリースされる!アップデートして不具合が起きた際、サクサク動かす方法を教えます!

iOS12.1がリリースされました。

iOS12.1へアップデートして、動作が重くなってしまった方もいると思います。
今日のエントリーは、iOS12.1へアップデートして不具合が起きた際、サクサク動かす方法を教えます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS12.1の新機能は?

グループFaceTime

最初に、iOS12.1の新機能を見ていきます。

  • グループFaceTime
  • 新しい絵文字
  • eSIMを使ったデュアルSIMへ対応

グループFaceTime

最大32人でチャットができるようになります。

新しい絵文字

70種類以上の新しい絵文字が利用できるようになります。

eSIMを使ったデュアルSIMへ対応

iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRの3機種は、nano SIMとeSIMが併用できるようになります。

iOS12.1へアップデート前に準備しておくこと

バックアップを取ることをオススメします。
バックアップの方法は、「iCloudバックアップ」「iTunesバックアップ」どちらでも構いません。

iOSを丸ごとバックアップする場合、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。 一体何が違うのでし...

iCloudバックアップ

Wi-Fiに接続していれば、iPhone本体のみでiCloudバックアップを取ることが可能です。PCをお持ちでない方はiCloudバックアップ一択です。以下の手順で行ってください。

  • 設定→ユーザー名をタップ→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成

ただし、無料で使えるiCloudストレージは5GBまでなので、たくさんの写真や動画がiPhoneにあるとバックアップに失敗してしまいます。
その場合、写真や動画をiCloudバックアップの対象から外すことで、問題なくバックアップが取れるようになります。詳しい手順は以前のエントリーを見てください。

最近、iPhone7 Plusに「iPhoneバックアップに失敗」というエラーが出るようになりました。 どんなエラーかというと...

iTunesバックアップ

iTunesバックアップならば、iPhone本体の写真や動画の容量を気にする必要はありません。PCをお持ちの方には、iTunesバックアップをオススメします。

iOS12.1へアップデートする手順

iOS12.1へアップデートする手順を紹介します。

  1. 「設定」から「一般」をタップ
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 「ダウンロードとインストール」をタップすると、iOS12.1へアップデートする

iOS12.1

iOS12.1へアップデートして不具合が起きた際、サクサク動かす方法

iOS12.1へアップデートすると、iPhoneの動きが重くなるといった不具合が出ることがあります。
以下の方法でiOSの設定を見直せば、iPhoneがサクサク動くようになります。

「視差効果を減らす」をオン

iOS12.1へアップデートして動作が遅くなったら、まずは「視差効果を減らす」をオンにすることをオススメします。これだけでかなり快適に動作するようになるはずです。

Appleのサイトに視差効果について説明があります。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。

デフォルトの状態だと「視差効果を減らす」はオフなので、無駄なグラフィックメモリが消費されているんですよね。

「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

「視差効果を減らす」をオンにすると、「メッセージエフェクト自動再生」をオフに変更できるようになります。
iMessageのエフェクトの自動再生がなくなるので、iPhoneは快適に動作するようになります。

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン
  3. 「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

「透明度を下げる」をオンにすると、画面をタップした際の反応が若干早くなります。
ただし、ホーム画面のフォルダの透明度が下がってしまうので、UIは少し変わります。

「透明度を下げる」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

最近Siriも賢くなってきましたが、Siriを使っていない方は、迷わずオフにします。

iPhone 6、iPhone 5sなどの古い端末の場合、スリープ状態から「Hey Siri」で立ち上がりません。外出先で音声だけでSiriを利用できないので、利便性は低いんですよね。

「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ
  4. 「ロック中にSiriを許可」をオフ

「検索の候補」をオフ

ホーム画面を右にスワイプすると、「検索の候補」が表示されることはご存知でしょうか?
知らないという方は、「検索の候補」をオフにします。

「検索の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフ

「”調べる”の候補」をオフ

ブラウザやアプリで、調べたい単語が出てきた際、単語を長押しすると「調べる」が出てきます。
この機能を使っていない方は、「”調べる”の候補」をオフにしましょう。
オフにした場合でも、単語を長押しすると「Webを検索」が表示されるので、単語を調べることは可能です。

「”調べる”の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンド更新をする必要のないアプリは、「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。
LINEやMessengerなどのSNSのアプリは、通知が来ないと不便なので、オンのまま使うことをオススメします。

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOSのクリーンインストール

今まで紹介したiOSの設定の見直しても、iPhoneの動作がサクサク動かなければ、iOSのクリーンインストールを行ってください。

iOSのクリーンインストールの手順については、以前のエントリーに詳しく書きましたので、よかったら参考にしてください。

今日のエントリーは、iOS12をクリーンインストールする方法を紹介します。 クリーンインストールというと手間がかかって面倒に感...

iOSのシェア

2018年10月29日現在のiOSのシェアを見ていきましょう。

iOSのシェア

iOS12が60%、iOS11が29%、以前のバージョンが11%です。
iOS12がリリースしてから2ヶ月弱に公開された数字ですので、かなり速いペースで、iPhoneユーザーはiOS12へアップデートしていることになります。

さいごに

以上、iOS12.1へアップデートして不具合が起きた際、サクサク動かす方法を紹介しました。

iOS12.1へアップデートして動作が重くなってしまった方は、今日のエントリーの手順でiOSの設定を見直すことで、iPhoneがサクサク快適に動くようになります。
それでも動作が改善しない場合、iOSのクリーンインストールを行えば、かなり快適にiPhoneが動作するようになります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク