Pixel 3は「SIMフリー + MVNO」が絶対お得!2年間の総額を比較してみる

Pixel 3

Pixel 3を購入するならば、Google StoreでSIMフリーを購入してMVNOで運用することをオススメします。

Pixel 3は、docomo・ソフトバンクからも発売されますが、SIMロック解除の手続きをしなければ海外で使えませんし、通信料金もMVNOと比較すると高いですからね。

今日のエントリーは、Pixel 3をMVNOで運用する際の2年間の総額と、docomo・ソフトバンクで運用する2年間の総額を比較してみます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

MVNOで運用した際の、Pixel 3 の2年間の総額

DMM mobileで運用した際の2年間の総額を見てみます。Pixel 3 64GBは、SIMフリー版をGoogle Stgoreから購入します。

データ通信3GB、かけ放題なし

  • 2年間の総額・・・133,880円 (Pixel 3 64GB 95,000円 + データ通信3GB 月額1,620円 × 24ヶ月)

データ通信3GB、かけ放題あり (5分以内の通話が無料)

  • 2年間の総額・・・155,912円 (Pixel 3 64GB 95,000円 + データ通信3GB 月額1,620円 × 24ヶ月 + かけ放題 918円 × 24ヶ月 )

データ通信7GB、かけ放題なし

  • 2年間の総額・・・161,355円 (Pixel 3 64GB 95,000円 + データ通信7GB 月額2,768円 × 24ヶ月)

データ通信7GB、かけ放題あり (5分以内の通話が無料)

  • 2年間の総額・・・183,387円 (Pixel 3 64GB 95,000円 + データ通信7GB 月額2,768円 × 24ヶ月 + かけ放題 918円 × 24ヶ月 )

docomoで運用した場合の、Pixel 3 の2年間の総額

docomoで運用した場合の、Pixel 3 の2年間の総額を見ていきましょう。

Pixel 3 64GBのdocomoの価格は、93,312円です。24ヶ月の分割払いにすると、月額3,888円です。
月々サポートは2,754円なので、実質負担金は月額1,134円になります。Pixel 3 64GBを、27,216円で購入することになります。

データ通信3GB、かけ放題なし

  • 2年間の総額・・・164,016円 (月額6,834円 × 24ヶ月)
  • 月額6,834円の内訳・・・シンプルプラン 1,058円 + SPモード 324円 + データ通信3GB 4,320円 + 分割金支払金 3,888円 – 月々サポート 2,754円

データ通信3GB、かけ放題あり (5分以内の通話が無料)

  • 2年間の総額・・・182,736円 (月額7,614円 × 24ヶ月)
  • 月額7,614円の内訳・・・カケホーダイライトプラン 1,836円 + SPモード 324円 + データ通信3GB 4,320円 + 分割金支払金 3,888円 – 月々サポート 2,754円

データ通信3GB、かけ放題あり (時間無制限の通話)

  • 2年間の総額・・・208,656円 (月額8,694円 × 24ヶ月)
  • 月額8,694円の内訳・・・カケホーダイプラン 2,916円 + SPモード 324円 + データ通信3GB 4,320円 + 分割金支払金 3,888円 – 月々サポート 2,754円

ソフトバンクで運用した場合の、Pixel 3 の2年間の総額

ソフトバンクで運用した場合の、Pixel 3 の2年間の総額を見ていきます。

ソフトバンクの場合、端末購入のサポートが非常にわかりにくいです。「半額サポート」と「月月割」があるので、どのような割引なのか最初にお話します。

半額サポート

ソフトバンクの場合、「半額サポート」が適用されると、Pixel 3が半額で手に入ります。
ただし、「半額サポート」は48回払の分割の場合のみ適用され、24回払いの分割では適用されません。実質4年縛りとなるため、僕は「半額サポート」をオススメしません。

「半額サポート」で実質半額でPixel 3を手に入れるには、機種代金を24回支払った後、Pixel 3から別の端末に機種変更しなければなりません。その際、Pixel 3は回収されてしまいます。

月月割

月月割もあるのですが、2年契約で毎月の通信量の割引を受けている場合は、月月割の適用外となります。このあたり、料金プランが複雑すぎますね。

データ通信50GB、かけ放題なし

データ通信の容量は、「データ定額ミニモンスター 」が3GBで月額5,918円、「データ定額 50GBプラス」の50GBが6,458円とほとんど変わらないので、「データ定額 50GBプラス」で計算することにします。

ぶっちゃけ、どれも高過ぎて契約する気にならないですね。今回は、「半額サポート」を適用しないで2年間の総額を算出します。

  • 2年間の総額・・・287,184円 (月額11,966円 × 24ヶ月)
  • 月額11,966円の内訳・・・通話プラン 1,296円 + ウェブ使用料 324円 + データ通信 50GB 5,918円 + 分割金支払金 4,428円

データ通信50GB、かけ放題あり (5分以内の通話が無料)

  • 2年間の総額・・・300,144円 (月額12,506円 × 24ヶ月)
  • 月額12,506円の内訳・・・準定額プラン 1,836円 + ウェブ使用料 324円 + データ通信 50GB 5,918円 + 分割金支払金 4,428円

データ通信50GB、かけ放題あり (時間無制限の通話)

  • 2年間の総額・・・326,064円 (月額13,586円 × 24ヶ月)
  • 月額13,586円の内訳・・・定額プラン 2,916円 + ウェブ使用料 324円 + データ通信 50GB 5,918円 + 分割金支払金 4,428円

SIMロック解除は?

キャリア版のPixel 3を購入した場合、SIMロックが掛かっているので、解除の手続きが必要になります。

docomo

  • 分割払いで購入した場合、購入日から100日が経過したらSIMロック解除の手続きが可能
  • 一括払いで購入した場合、購入日よりSIMロック解除が可能
  • 端末購入サポートでiPhoneを購入した場合、購入日より100日以上が経過したらSIMロック解除の手続きが可能

ソフトバンク

  • 分割払いの場合、購入日から101日目以降
  • 一括購入した場合、購入日から100日以内でもSIMロック解除が可能
  • 故障や水濡れがある場合、修理をした後でないとSIMロック解除はできない
  • 条件によっては、100日以内でSIMロック解除が可能

MVNOのサポート

MVNOのサポートは、キャリアが提供しているようなサポートは期待できません。
特にDMM mobileは、店舗でのサポートがありませんので、端末の設定やトラブルには、ご自身で対応しなければなりません。

MVNOは実店舗でのサポートを省略しているため、通信料金はキャリアよりも安く設定されています。なので、MVNOで運用するならば、不具合が起きた際、検索して調べるスキルは必須と言えます。

何か不具合があった場合に実店舗でサポートを受けたい、しかもMVNOで安く運用したいという方は、「楽天モバイル」と契約すれば、ある程度のサポートを店舗でしてもらえるかもしれません。

さいごに

以上、「Pixel 3は「SIMフリー + MVNO」が絶対お得!2年間の総額を比較してみる」というタイトルのとおり、MVNOとキャリアでの2年間の総額を比較してみました。

2年間の総額を見てみると、以下のようになります。

  • DMM mobileのデータ通信3GB (かけ放題なし)・・・133,880円
  • docomoのデータ通信3GB(かけ放題なし)・・・164,016円
  • ソフトバンクの「データ定額 50GBプラス」・・・287,184円

MVNOが圧倒的にお得ですよね!

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク