iCloudバックアップを作成する方法

今日のエントリーは、iCloudバックアップを作成する方法を紹介します。

iPhoneやiPadは、iCloudバックアップを有効にしておくだけで、AppleのクラウドサービスのiCloudに、iOSの中身を自動でバックアップを作成することが可能です。

iCloudバックアップがあれば、端末が突然壊れたり、紛失しても、今まで使っていた環境に簡単に戻すことができますので、自動でiCloudバックアップを作成できる状態にしておくことをオススメします。

iCloudバックアップは、基本的に自動でバックアップを作成しますが、任意のタイミングで手動でiCloudバックアップを作成することも可能です。
今日はそれぞれのやり方を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iCloudバックアップとは

iCloudバックアップとは、Appleが提供するクラウドサービスのiCloud上に、iPhoneやiPadの中身をバックアップする機能です。
iOSに標準で搭載されています。

Wi-Fi環境さえあれば、パソコンは不要で、iCloud上にバックアップが作成できるのが特徴です。
iPhoneのバックアップには、iCloudバックアップとiTunesバックアップがありますが、パソコンを持っていない方は、iCloudバックアップでバックアップを作成することになります。

iCloudバックアップのメリット

  • Wi-Fi環境さえあれば、パソコン不要でバックアップが作成できる
  • バックアップが自動化できる
  • iTunesバックアップとバックアップできる項目は、ほぼ一緒

iCloudバックアップのデメリット

  • 無料で利用できるiCloudの容量は5GBまでなので、写真や動画が多いユーザーは、追加でiCloudストレージを購入しないとバックアップが作成できない

写真や動画が多いユーザーにとって最大のデメリットは、iCloudのストレージを追加購入しなければ、iCloudバックアップが作成できない点です。

  • 5GB・・・無料
  • 50GB・・・月額130円
  • 200GB・・・月額400円
  • 2TB・・・月額1300円

ただし、これには回避方法があります。
具体的には、iCloudでのバックアップ項目から写真ライブラリを除外してしまえば、ほとんどのユーザーはiCloudバックアップが作成できるようになります。詳しいやり方は、以前のエントリーに書きましたので、興味のある方はご覧ください。

最近、iPhone7 Plusに「iPhoneバックアップに失敗」というエラーが出るようになりました。 どんなエラーかというと...

iCloudバックアップの対象になるデータ

端末のデータやアプリは、ほとんど全てバックアップできます。

Appleのヘルプページに、以下のデータがiCloudバックアップの対象となると記載されています。

  • App データ
  • Apple Watch のバックアップ
  • デバイスの設定
  • HomeKit の構成
  • ホーム画面と App の配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ
  • iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
  • Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
  • 着信音
  • Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

引用 iCloud バックアップの対象となるもの

連絡先、カレンダー、メモ、Safariのブックマーク、キーチェーンは?

連絡先、カレンダー、メモ、Safariのブックマーク、キーチェーンは、iCloudにデータが保存される仕組みです。iCloudバックアップとは関係なく、仮にiCloudバックアップがなかったとしても、データは復元できますのでご安心ください。

バックアップできる項目は、iTunesバックアップとは異なるのか?

以前は、iCloudバックアップでバックアップできる項目は少なく、iTunesバックアップの方がバックアップ項目は多かったです。iOS8くらいまではそんなな感じでしたが、この記事を書いている2019年1月25日では、バックアップできる項目はほぼ一緒です。

iCloudバックアップから復元すれば、iTunesバックアップからの復元と同様、今まで使っていた端末と同じ環境を、新しい端末で構築することができます。

iCloudバックアップを作成する手順

手動で、iCloudバックアップを作成する手順を紹介します。
任意のタイミングでiCloudバックアップが作成できます。

  1. Wi-Fiに接続しているか確認
  2. iCloudバックアップを作成

1. Wi-Fiに接続しているか確認

iCloudバックアップはWi-Fiに接続していないとバックアップが作成されません。Wi-Fiに接続していることを確認してください。

2. iCloudバックアップを作成

iCloudバックアップを作成します。

  • 設定→ユーザー名→iCloud→iCloudバックアップ→「今すぐバックアップを作成」をタップ

iCloudバックアップを作成

iCloudバックアップで、自動でバックアップを作成するには?

iCloudバックアップで、自動でバックアップを作成する方法も紹介します。

  1. iCloudストレージにバックアップを取るだけの容量があるか確認
  2. 自宅や職場のWi-Fiに自動で接続できるか確認
  3. iCloudバックアップがオンかどうか確認
  4. 端末を電源に接続して、端末の画面がロックしていれば、自動でバックアップが作成される

1. iCloudストレージにバックアップを取るだけの容量があるか確認

iCloudストレージにバックアップを取るだけの容量があるか確認してください。

  • 設定→ユーザー名→iCloud→ストレージを管理

iCloudストレージにバックアップを取るだけの容量があるか確認

2. 自宅や職場のWi-Fiに自動で接続できるか確認

自宅や職場のWi-Fiに自動で接続できるように設定しておきます。

3. iCloudバックアップがオンかどうか確認

iCloudバックアップがオンかどうか確認します。

iCloudバックアップがオンかどうか確認

4. 端末を電源に接続して、端末の画面がロックしていれば、自動でバックアップが作成される

端末を電源に接続して、端末の画面がロックしていれば、自動でバックアップが作成されます。
自宅や職場で端末を電源に接続した際に、iCloudバックアップが自動化できるようにしておくと安心です。

さいごに

以上、iCloudバックアップを作成する方法を紹介しました。

iCloudバックアップを自動化しておけば、もしも端末に不具合があったり、紛失したとしても、元の環境に復元できるので安心です。

必ずiCloudバックアップは自動化して置くことをオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク