iCloudバックアップに失敗した時の対処方法!

最近、iPhone7 Plusに「iPhoneバックアップに失敗」というエラーが出るようになりました。

iPhoneバックアップに失敗

どんなエラーかというと、iCloudの容量不足のため、iPhoneの中身をiCloudバックアップできないというもの。

iCloudバックアップは、iCloudの容量内でしかバックアップできないんだよね。
わたくしのiCloudの容量は課金していないので、無料で使える5GBの範囲内でしか、バックアップが取れないのです。

iPhone7 Plusは128GBなので、写真も結構撮っていることもあって、無料で使える5GBでiCloudバックアップが収まるわけないのです・・・

iCloudのストレージを追加で購入すれば解決することは分かっていても、iCloudには意地でも課金したくないというユーザーも多いはず。
だって、Appleは史上最高益が出ているのに、無料で使えるiCloudのストレージは5GBのみ。Googleは15GB無料で使えるのにね。Appleケチですわ・・・

今日のエントリーは、iCloudのストレージを追加購入することなく、iCloudバックアップに失敗した時の対処方法についてです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iCloudバックアップとは?

まずは、iCloudバックアップについて簡単に説明します。

iCloudバックアップとは、iPhoneがWi-Fi環境下にあると、自動でiPhoneの中身がバックアップされるというものです。
自動でバックアップされるというのが、便利なポイントなのですが、バックアップするには、iCloudのストレージを消費するというデメリットがあります。
iCloudの容量が、無料で使える5GBしかない場合、容量不足でiCloudバックアップに失敗することがあるのです。

iCloudバックアップで失敗するケースは?

以下のケースでは、iCloudバックアップに失敗することがあります。

  • iCloudの容量がすでに上限に達している
  • iPhone本体に、写真やビデオが本体にたくさんある
  • アプリ内のデータがたくさんある

iCloudバックアップに失敗した時の対処方法は?

iCloudの容量不足でバックアップに失敗した場合、バックアップに使えるだけのiCloudの容量を確保すれば問題は解決します。

iCloudのストレージを確保するには3つの方法があります。

  • iCloudのストレージを追加購入する
  • 不要になった古いバックアップを削除する
  • バックアップ項目を整理して、バックアップサイズを小さくする

iCloudのストレージを追加購入する

これは当たり前だよね。
今日のエントリーでは、iCloudのストレージを追加購入するというのは割愛します。

不要になった古いバックアップを削除する

古いバックアップが残っているなら削除しましょう。
これはどんな時に起こるのかというと、iOS9→iOS10へアップデートした場合に起こります。
iOS9とiOS10のiCloudバックアップがそれぞれ保存されることになります。この場合、iOS9のバックアップは削除すれば、iCloudの容量に余裕ができます。

バックアップを1つ削除して解決したらラッキーです。多くの場合、バックアップを1つ削除しても解決しない場合が多いですからね。

バックアップ項目を整理して、バックアップサイズを小さくする

バックアップ項目を整理して、バックアップサイズを小さくすれば、無料で使える5GBのiCloudストレージでも、問題なくiCloudバックアップを取ることが可能です。

以下やり方を説明します。

  • 設定 → 一般 → ストレージとiCloudの使用状況 → iCloudストレージを管理 → iPhoneを選択 → バックアップするデータを選択

ストレージとiCloudの使用状況

ストレージとiCloudの使用状況

バックアップしない項目

バックアップするデータは自分で選択することが可能です。

以下のデータをバックアップ項目から外すことをオススメします。

  • フォトライブラリ
  • クラウド系のアプリ
  • サーバーにデータが残っているSNS
  • 使わないアプリ
フォトライブラリ

写真やビデオは、iPhoneのマイフォトストリームをオンにしているのであれば、自動でMacの写真アプリに写真が追加されます。あくまで、Mac使っているユーザーで、しょっちゅう立ち上げてないとダメなんだけどね。

あと、iPhoneで撮ったビデオは、マイフォトストリーム経由ではMacに取り込まれないので、Lightningケーブルを使って取り込んでください。

スマホしか持ってないユーザーは、Googleフォトの高品質を使えば、容量無制限で無料バックアップが可能です。ビデオも多少駒落ちしますが、バックアップ可能です。

↓Googleフォトの使い方は以前のエントリーを見てください。

iPhoneとAndroidの複数端末を所有している場合、それぞれの端末で撮った写真をどうやって管理していますか? それぞれのスマホを...
クラウド系のアプリ

Dropbox、Evernote、Googleドライブ、Amazon Music、Kindle などは、クラウドにデータがあるので、iCloudバックアップを取る必要はありません。オフにしましょう。

サーバーにデータが残っているSNS

Facebook、Twitter、Instagramなどのサーバーにデータが残っているSNSもiCloudバックアップを取る必要はありません。オフにしましょう。

使わないアプリ

ヘルスケアアプリなどは容量を消費するので、使ってない方はオフにしてもいいと思います。
その他の使っていないアプリも迷わずオフにします。

バックアップする項目

バックアップしておいた方がいいアプリはLINEです。

LINE

LINEはサーバにデータが残っていないので、チェックを入れておくことをオススメします。

iCloudバックアップは、iCloudの容量にカウントしなくてもよくね?

バックアップ項目から、写真やビデオを外すことで、iCloudバックアップは取れるようになることが多いんだけど、これはMacを使って、マイフォトストリーム経由で写真を取り込んでいるのが前提です。
全員がMacを使っているわけじゃないし、スマホしか使っていないユーザーの場合、スマホが壊れる不具合が生じたら、写真がなくなってしまうこともあるんだよね。

iCloudバックアップは、iCloudの容量にカウントしなくてもいいと思いますけどね。

まとめ

以上が、iCloudバックアップに失敗した時の対処方法です。

細かい設定をしっかり行えば、iCloudのストレージを追加購入することなく、iCloudバックアップが取れますので、参考にしていただければと思います。

今日のエントリーは、複数の端末での写真の共有方法についてです。特に、複数Macをお持ちの方は必見ですよ。 以前のエントリーで、Macで...
無料で使えるiCloudの容量は5GBです。 iOSのバックアップも含んだ数字なので、すぐに一杯になってしまい、iOSのバック...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク