iOS10.3.2 がリリース!不具合が出た際の対処方法

iOS10.3.2のアップデートがリリースされました。

iOS10.3.2

今回のiOS10.3.2のアップデートでは、新機能の追加はありませんでした。

2017年3月28日にリリースされたiOS10.3では、ファイルシステムがHFS+からAPFSへ変更になるという大きな変更点がありましたが、今回はマイナーアップデートによる不具合修正ということになります。

おそらく、Appleは2017年6月5日から開催される、WWDC(世界開発者会議)で発表するiOS11に向けて、全力で取り組んでいるはず。

アメリカのAppleのサイトには、iOS10.3.2のバグ修正の内容、セキュリティの向上についての記載があります。

About the security content of iOS 10.3.2

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS10.3.2 で動きが重くなってしまったら

iOS10.3.2へアップデートしたら、iPhoneの動きが重くなったという方もいると思います。
また、最新のiOSにアップデートすると重くなるから、アップデートを躊躇している方もいると思います。

今回わたくしは、iPhone 7 Plus・iPhone 6s・iPad Airの3台に、iOS10.3.2をインストールしましたが、不具合は全くありませんでした。

でもね、iPhoneの端末によっては、iOS10.3.2へアップデートすることで動きが重くなることも考えられます。

そこで、今日のエントリーでは、iPhoneをサクサク動かす設定方法を紹介します。

「視差効果を減らす」をオン

デフォルトでは、「視差効果を減らす」はオフになっており、ホーム画面に奥行き感を演出しています。

iOS では、視差 (パララックス) 効果を利用して、デバイスのホーム画面とその他の領域に奥行き感を演出しています。

余計なグラフィックメモリを使うだけですので、サクサク動かしたいのならば、「視差効果を減らす」をオンにします。

視差効果を減らす

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオンに

「Siri」をオフに

「Siri」は、あまり賢くないので、わたくしは使っていません。

「Siri」を使っていない方は、オフにすることで、iPhoneはサクサク動きます。

Siri オフ

  1. 「設定」→「Siri」を開く
  2. 「Siri」をオフに

「Siriの検索候補」をオフ

「Siriの検索候補」も賢くないので、オフにしましょう。

Siriの検索候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「Siriの検索候補」をオフに

「検索の候補」をオフ

「検索の候補」も全然賢くないので、iPhoneの動きを軽くしたいのならば、迷わずオフにします。

検索の候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフに

「”調べる”の候補」をオフ

動きが重いiPhoneならば、「”調べる”の候補」をオフにすることで、iOSがサクサク動くようになります。

「”調べる”の候補」

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフに

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

使用頻度の低いアプリは、「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。SNSのアプリは、オフにすると通知が来なくなりますので、オンにしておくことをオススメします。

Appのバックグラウンド更新

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOSをクリーンインストールしてサクサク動かす

上記の設定を変更しても、iPhoneの動きが遅い場合、クリーンインストールをすることで、サクサク動くようになります。

クリーンインストールの流れ

  1. PCを持っていれば、iTunesバックアップを取る
  2. PCを持ってなければ、iCloudでバックアップを取る
  3. iPhoneを初期化する
  4. iPhoneをバックアップから復元する

PCをお持ちでない方は「iTunesバックアップ」の代わりに、「iCloudバックアップ」を取ります。iCloudバックアップでは、「写真」「iCloudメール」「連絡先」「カレンダー」「リマインダー」「Safariのブックマーク」「メモ」「キーチェーン」は復元できますのでご安心ください。

iOSのクリーンインストールの方法は、以前のエントリーに詳しく書きましたので、クリーンインストールを行う際の参考にしてください。

iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...

iOSのシェア

2017年2月20日のデータしかないのですが、iOS10のシェアが79%、iOS9のシェアが16%、その他が5%となっています。

iOS シェア

今だにiOS9のシェアが16%もあるのが不思議です。
だって、iPhone5、iPad 4th generation、iPad mini 2以降の端末ならばiOS10をインストールできるのにね。

↓iOS10のサポート機種は以前のエントリーに詳しくまとめました。

WWDC2016で、秋に登場するiOS10の動作対象機種が発表されました。 iOS10は、新しく登場するiPhone7に元々入っていま...

iOS9を今でも使い続けるユーザーがいる理由

古い端末をお使いの場合、iOS10をインストールすると、iPhoneの動きが重くなるという理由で、iOS9を使い続けているユーザーも多いです。

でもね、iOS9を使い続けるということは、セキュリティの面を考えると、絶対にNGです。

iOS10へアップデートすることで、新機能が使えるだけでなく、セキュリティの脆弱性も改善されます。

今でもiOS9をお使いの方で、iOS10へアップデートできる端末をお持ちの方は、すぐにでもiOS10へアップデートしてくださいね。そして、クリーンインストールを行うことをオススメします。サクサク動くようになりますよ。

まとめ

以上が、iOS10.3.2へアップデートして、不具合が出たときの対処方法です。
設定の変更だけでサクサク動かない場合は、クリーンインストールをするとiOSの動作は軽くなります。

バックアップをしっかり取れる環境ならば、クリーンインストールがオススメです。
クリーンインストールは慣れてくれば、1時間くらいで終わりますからね。

iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!