iOS10.1で不具合が出たら・・サクサク動かす方法を教えます

とうとうiOS10.1がリリースされました。

一番の目玉は、Apple Payが日本で利用できるようになったこと。iPhone7やiPhone7 Plusをお持ちの方なら、Suicaが使えるようになります。

OTAでアップデートして大丈夫?

iOS9からiOS10へのメジャーアップデートでは、OTAで文鎮化するというトラブルがありました。OTAとは、「Over The Air」の略で、PC経由ではなく、iPhone本体のWi-Fi経由でアップデートすることです。文鎮化の原因は、メジャーアップデートのダウンロードデータが大きいので、iOSの一部が欠損するためです。

通常、iOS10.0.2からiOS10.1といったマイナーアップデートでは、ダウンロードデータも小さいので、文鎮化は起こらないと言われています。
でも、今回のアップデートは、新機能も盛り沢山で、ダウンロードデータは201.2MBと非常に大きいです(iPhone7だと204.1MB)。さらに、マイナーアップデートにも関わらず、アップデート後に、iCloudの再設定が必要だったりしますので、不安な方はPCに繋いでアップデートを行ってください。

文鎮化してしまったら

文鎮化してしまった場合、iPhoneをリカバリーモードで立ち上げて「アップデート」すれば、データが消去されることなくアップデートが可能です。以下のリンクに詳しいやり方が載っています。

iPhone、iPad、iPod touch をアップデートまたは復元できない場合

iOS10.1の新機能

iOS10.1

たくさんの新機能が追加されました。

  • Apple Pay
  • マップアプリで交通機関乗り換えに対応
  • iPhone7 Plusでのポートレートモード対応(ベータ版)
  • メッセージアプリの吹き出し、スクリーンエフェクトに新オプションが追加

iOS10.1でスクリーンショット・カメラの無音化は?

iOS10.0.2までは、バグがあって、カメラの無音化が可能でしたが、iOS10.1からは無音で撮影することはできなくなりました。残念ですね。

iOS10.1でMVNOは使えるのか?

IIJmioは不具合なく使えております。

iOS10.1へアップデートして不具合がでたら

iPhone6より古い端末を使っている方は、iOS10.1へアップデートしたら動きが重くなってしまったという方も多いはず。

対処方法を紹介します。

クリーンインストール

1年以上クリーンインストールをしていない方は、間違いなくiOSの動きが重いです。クリーンインストールを行えば、サクサク動くようになります。

クリーンインストールは面倒くさいと思っているあなた、PCを持っているなら、iTunesを使ってバックアップを取って、復元してください。iCloudバックアップと比べて、復元して使えるようになる時間が圧倒的に早いです。アプリの設定も残りますので、復元後すぐに使うことが可能です。

iCloudバックアップだと、復元後にアプリの再ダウンロードが始まり、その後、アプリの再設定が必要なので、かなり面倒くさいです。

以前のエントリーからiTunesバックアップとiCloudバックアップの違いを引用します。

iTunesでバックアップを取ると、iPhoneやiPadの中をまるごとバックアップしますので、復元後にサードパーティーのアプリや設定は、そのままで復元されます。この場合、クリーンインストールにかかる時間は、慣れれば30分くらいで完了します。

iCloudでバックアップを取ると、サードパーティーのアプリは、復元後に再度ダウンロードしてインストールするため、元の状態に戻るには数時間かかってしまいます。

↓クリーンインストールのやり方は、以前のブログに詳しく書きました。

iOS10をクリーンインストール!カクカクしたiPhoneの方は必見ですよ
iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...

クリーンインストールをした後、以下の方法も併用するとさらに効果的です。

クリーンインストールをする時間がないという方は、以下の方法だけでも実行すれば、重くなったOSがサクサク動くようになるのでオススメです。

「Siriの検索候補」をオフ

全然賢くないので、サクサク動かしたいのならオフにしましょう。

Siriの検索候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「Siriの検索候補」をオフに

「検索の候補」をオフ

iOS10で追加された機能ですが、使い勝手はイマイチ。オフにします。

検索の候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフに

「”調べる”の候補」をオフ

Googleに対抗してるのはよくわかりますが、Googleほど賢くないので、オフでいいと思います。

機能については、以前のエントリーに詳しく書きました。

どんな時に使うのかというと、Safari検索で知らない単語を調べる際、単語を長押しすると「調べる」とでてきますよね?で、調べるをタップすると、Appleの辞書が表示されます。

「”調べる”の候補」がオンの状態だと、Appleの辞書以外に「候補のWEBサイト」がでます。

でも、「”調べる”の候補」がオフでも、Appleの辞書は表示されるし、その下に表示される「Webを検索」をタップすれば、Google検索の結果がでます。

↓左の画像が「”調べる”の候補」がオン、右の画像が「”調べる”の候補」がオフ

”調べる”の候補 違い

「”調べる”の候補」

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフに

「視差効果を減らす」をオン

ホーム画面に奥行きを出すというビジュアル効果です。iOSが重い方は、迷わずオフにします。

iOS では、視差 (パララックス) 効果を利用して、デバイスのホーム画面とその他の領域に奥行き感を演出しています。

視差効果を減らす

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオンに

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで動作するアプリを個別にオフにします。本当に必要な物以外はオフでいいと思います。

Appのバックグラウンド更新

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOS10のシェア率

iOS10のシェア率は、10月7日で54%という状況です。

iOS10のシェア率

1年前にリリースされたiOS9は、2015年10月7日に57%のシェア率でしたので、同じような推移で進んでいます。

毎年9月に新しいiOSがリリースされますが、ユーザーが一斉に新しいOSへアップデートするという点が、iOSの特徴です。Appleが魅力的な新機能をiOSに搭載するからなんですよね。

このことは、Appleにとってもユーザーにとってもメリットが大きいです。だってAppleは新iOSのセキュリティや不具合の解消にリソースを注げます。また、ユーザーにとっても、不具合が少ないOSを使えることになります。

Appleはユーザーが欲しいであろう機能をiOSに組み込んでいくのは本当に上手いよね。そうじゃなきゃ、ユーザーはアップデートしないもん。

Androidのシェア率

ようやくAndroid 6.0 Marshmallow の数字が上がってきました。最新OSのAndroid 7.0 Nougatのシェア率はまだ出てきてないということは、低いんだろうね・・

Androidシェア率

Android5.0 Lolipopが35%でトップ。2位がAndroid4.4 Kitkatで27.7%。3位がAndroid 6.0 Marshmallowで18.7%。4位がAndroid4.1以降のJelly Beanで15.6%。

Androidの弱点は、最新OSがリリースされても、全然インストールされない点ですね。
iOSのように一斉にアップデートが降りてこないのが、最大の原因です。だって、Nexusシリーズですら、なかなかアップデートが降りてこない状況だからね。iOSのように一斉にアップデートする仕組みに変えたほうが良いよ。
この部分はWindowsに非常に似てますね。Windowsのアップデートも、ユーザーによって、降りてきたり、降りてこなかったりですから・・

まとめ

今回のiOS10.1は大幅な機能のアップデートがあるので、iPhone6より古い端末だと、動きは遅くなります。

iOSをサクサク動かすには、クリーンインストールを行った後、今回紹介した設定を行えば、かなり快適にiOSが動きますよ。

iOS10をクリーンインストール!カクカクしたiPhoneの方は必見ですよ
iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!