iPhoneをFinderでバックアップする方法

Finderバックアップ

この記事では、iPhoneをFinderでバックアップする方法をお伝えします。

macOS Catalinaを搭載したMacでは、FinderでiPhoneのバックアップを作成します。
macOS CatalinaでiTunesが廃止されたので、従来の「iTunesバックアップ」が「Finderバックアップ」へ変更されています。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Finderバックアップとは

Finderバックアップとは、macOS Catalinaに搭載された機能で、Finderを使ってiPhoneのバックアップを作成する機能です。機能としては、iTunesバックアップと同じで、iPhoneの中身を丸ごとバックアップできます。

ちなみに、macOS Mojave以前のMacやWindowsを使っている場合、従来どおりiTunesでバックアップを作成します。

Finderバックアップのメリット

iCloudバックアップと比較すると、次のようなメリットがあります。

  • PCのストレージにバックアップを作成するので、iPhoneに容量を気にする必要がない (iCloudバックアップの場合、バックアップデータがiCloudストレージを消費するので、iCloudストレージが不足しているとバックアップが作成できない)
  • バックアップからの復元の時間が、iCloudバックアップよりも早い

FinderでiPhoneのバックアップを作成する手順

FinderでiPhoneのバックアップを作成する手順をお伝えします。

  1. Finderを開く
  2. MacとiPhoneでそれぞれの端末を信頼する
  3. Macで「はじめよう」をクリック
  4. バックアップを開始
  5. Finderでバックアップが作成される

1. Finderを開く

iPhoneとMacをケーブルで接続して、Finderを開きます。

iPhoneとMacをケーブルで接続して、Finderを開く

2. MacとiPhoneでそれぞれの端末を信頼する

MacにiPhoneを信頼するかどうか尋ねられるので、「信頼」をクリックします。

MacにiPhoneを信頼するかどうか尋ねられるので、「信頼」をクリック

iPhoneで「信頼する」をタップして、パスコードを入力します。

iPhoneで「信頼する」をタップして、パスコードを入力

3. Macで「はじめよう」をクリック

MacのFinderを開き、画面に表示された「はじめよう」をクリックします

Macで「はじめよう」をクリック

4. バックアップを開始

Finderでバックアップを開始します。

①「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」にチェックを入れる

②「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れる

バックアップを暗号化すると、パスワードと個人データが保護されます。必ず「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れてください。

③iPhoneのバックアップを保護するパスワードを入力

Finderでバックアップを開始

④iPhoneでパスコードを入力する

iPhoneでパスコードを入力する

⑤Macで「今すぐバックアップ」をクリック

Macで「今すぐバックアップ」をクリック

5. Finderでバックアップが作成される

Finderでバックアップが作成されました。

「バックアップを管理」をクリックすると、Finderで作成したバックアップを確認できます。

Finderでバックアップが作成される

さいごに

以上、iPhoneをFinderでバックアップする方法をお伝えしました。

macOS Catalinaを搭載したMacでは、Finderの機能でiPhoneをバックアップします。

macOS CatalinaでiTunesが廃止されたので、従来の「iTunesバックアップ」が「Finderバックアップ」へ変更されているのでご注意ください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク