macOS High Sierraのインストール用USBメモリを作成する方法

macOS High Sierra、インストール用USBメモリ

この記事では、macOS High Sierraのインストール用USBメモリを作成する方法についてお伝えします。

次のような方にオススメです。

  • macOS High Sierraでしか動作しないアプリケーションがあるので、macOS High Sierraを手放せない方
  • クリーンインストールを何度も行いたい方
  • 複数のMacにインストールしたい方
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

インストール用USBメモリを作成する手順

macOS High Sierraのインストール用USBメモリを作成する手順です。

  1. macOS High Sierraをダウンロード
  2. 12GB以上のUSBメモリを用意して、Mac OS 拡張でフォーマット
  3. ターミナルを開いて「createinstallmedia」コマンドを入力

1. macOS High Sierraをダウンロード

App Storeから「入手」をクリックして、macOS High Sierraをダウンロードします。

App StoreからmacOS High Sierraをダウンロード

「ダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

macOS High Sierraのダウンロードが開始

2. 12GB以上のUSBメモリを用意して、Mac OS 拡張でフォーマット

USBメモリ、ディスクユーティリティ、フォーマット

12GB以上のUSBメモリを用意して、Mac OS 拡張でフォーマットします。
Appleのヘルプページでは12GB以上とありますが、macOS High Sierraは約5GBなので、8GBのUSBメモリでもインストール用USBメモリは作成できます。

①ディスクユーティリティを開く

  • アプリケーション→ユーティリティ→ディスクユーティリティ

②Mac OS 拡張でフォーマット

ディスクユーティリティーを開いたら、USBメモリをMac OS 拡張でフォーマットします。

USBメモリの名称は、後で勝手に「Install macOS High Sierra」と書き換わりますので、どんな名称でも構いません。今回は「USB8GB」としました。

USBメモリをMac OS 拡張でフォーマット

3. ターミナルを開いて「createinstallmedia」コマンドを入力

ターミナルを開いて以下のコマンドを入力します。最後の部分 (USB8GB) の名称を、ご自身のUSBメモリの名称に書き換えてください。

sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/USB8GB

コマンドを入力したら、画面に従って以下の手順を行います。

①管理者パスワードを入力し return キーを押す
Y キーを押すと、インストール用USBメモリが作成が開始
③「Copy complete」と表示されたら、インストール用USBメモリが完成

ターミナルを開いて「createinstallmedia」コマンドを入力、Copy complete

インストール用USBメモリを動作検証

インストール用USBメモリから起動できるかどうか動作検証します。

Option キーを押しながらMacを起動して「macOS High Sierra」の起動メニューが表示されればOKです。「Install macOS High Sierra」をクリックすれば、クリーンインストールが始まります。

macOS High Sierra、インストール用USBメモリを動作検証

さいごに

以上、macOS High Sierraのインストール用USBメモリを作成する方法をお伝えしました。

macOS High Sierraのインストール用USBの作成は、次のような方にオススメです。

  • macOS High Sierraでしか動作しないアプリケーションがあるので、macOS High Sierraを手放せない方
  • クリーンインストールを何度も行いたい方
  • 複数のMacにインストールしたい方
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)