macOS High Sierra のベータ版をインストールしてみる!

macOS High Sierra のベータ版をインストールしました。

Apple Beta Software Program に登録すれば、インストールすることが可能です。

macOS High Sierra Beta

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Apple Beta Software Program とは

Apple Beta Software Program とは、リリース前のソフトウェアを試すことができるプログラムです。バグや不具合もあったりしますので、万人にオススメできるわけではありませんが、Apple Beta Software Programに登録することで、次期Mac OS、iOS、tvOSをインストールすることが可能です。

Apple Beta Software Program では、ソフトウェアの品質向上を目的として、登録者の方にプレリリース版のソフトウェアをテストしていただき、フィードバックを提供していただきます。このガイドでは、最新のベータリリースに関する情報およびテストの開始方法についてご説明します。ときどきこのガイドをチェックして、最新情報をご確認ください。

ぶっちゃけ、ベータ版なので、バグや不具合も多いです。なので、メインマシンには絶対にインストールしないでください。

外付けハードディスクにインストールすべし

わたくしは、今までiMac 2009 Late(21.5inch)を、macOSのベータ版をインストールするために使っていました。

秋にリリース予定の macOS Sierra のパブリックベータ版が登場したので早速インストールしてみました。 パブリックベータ版とい...

今回は、サブで使っているMacBook Air 11inch 2012 があるので、こちらに外付けハードディスクを繋げてインストールしました。中身はSSDが入ってるんだけどね。

ベータ版のOSを、動作しているmacOS sierraに上書きインストールするのは非常にリスクがあります。データが消えるなどのトラブルがあるかもしれませんからね。

mac OS High Sierra のベータ版を試してみたい方は、USB接続の外付けハードディスクにインストールすることをオススメします。外付けハードディスクにOSをインストールするならば、バックアップを取る必要がありませんからね。

macOS High Sierra の特徴

macOS High Sierra の最大の特徴は、ファイルシステムがAPFSに変更になることです。

そろそろiOS10.3がリリースされます。 iOS10.3では、Apple File System (APFS) という新しいOSのフ...

APFSは、SSDに最適化されたファイルシステムで、強力な暗号化によるセキュリティとプライバシーを備えているのが特徴です。

お使いのMacに、macOS High Sierraを上書きアップデートした場合、ファイルシステムは、現状のHFS+のままですのでご注意ください。

APFSを試したい場合、クリーンインストールを行い、ディスクユーティリティを使って、HFS+からAPFSにフォーマットし直す必要があります。

macOS High Sierra の対応機種

macOS High Sierra の対応機種は、macOS Sierraと全く同じです。古い機種もサポートしています。

  • MacBook・・・Late 2009以降
  • MacBook Air・・・Mid 2010以降
  • MacBook Pro・・・Late 2010以降
  • iMac・・・Late 2009以降
  • Mac mini・・・Mid 2010以降
  • Mac Pro・・・Mid 2010以降

macOS High Sierra をインストール

お待たせしました。macOS High Sierra のベータ版のインストールの手順をご案内します。

外付けハードディスクにインストールするならば、バックアップは不要です。

  1. Apple Beta Software Programにアクセスして、デバイスを登録
  2. macOS Public Beta アクセスユーティリティをダウンロード
  3. macOS High Sierra のパブリックベータ版をインストール

1. Apple Beta Software Programにアクセスして、デバイスを登録

Apple Beta Software Programにアクセスして、画面右上の「デバイスを登録」をクリックします。

Apple Beta Software Program

2. macOS Public Beta アクセスユーティリティをダウンロード

macOS Public Beta アクセスユーティリティをダウンロードします。

macOS Public Beta アクセスユーティリティ

3. macOS High Sierra のパブリックベータ版をインストール

① 「macOS Public Beta アクセスユーティリティ」をダブルクリックして展開します。

macOS Public Beta アクセスユーティリティ

② 続けるをクリック

macOS Public Beta アクセスユーティリティ

③ 続けるをクリック

macOS Public Beta アクセスユーティリティ

④ 同意するをクリック

macOS Public Beta アクセスユーティリティ

⑤ インストールをクリック

macOS Public Beta アクセスユーティリティ

⑥ ユーザー名とパスワードを入力して、「ソフトウェアをインストール」をクリック

macOS Public Beta アクセスユーティリティ

⑦ AppStoreより、macOS High Sierra のパブリックベータ版をダウンロード

macOS High Sierra Beta

⑧ 続けるをクリック

macOS High Sierra Beta

⑨ 同意するをクリック

macOS High Sierra Beta

⑩ 同意するをクリック

macOS High Sierra Beta

⑪ ディスクを選んでインストール

macOS High Sierra Beta

⑫ ユーザー名とパスワードを入力して、「ヘルパーを追加」をクリック

macOS High Sierra Beta

⑬ 再起動をクリック

macOS High Sierra Beta

⑭ インストールが完了しました

macOS High Sierra Beta

macOS High Sierra の新機能

macOS High Sierra の新機能を見ていきましょう。

Safariの広告ブロック

これは期待大ですね。

SafariのAdvanced Tracking Preventionは、ユーザのウェブ上での行動を広告主が追跡するためのトラッキングデータを機械学習により識別し、取り除きます。

広告に関するCookieは、24時間経過すると、ユーザーの追跡に利用できなくなり、30日後に全Cookieが削除される模様。自動再生する動画広告もブロックできるようです。

ウザい広告が排除されるのは嬉しいですよね。

HEVC

HEVC(High Efficiency Video Coding)が使えるようになります。別名H.265という規格です。
ビデオデータは、H.264より最大で40%圧縮することが可能です。

写真アプリ

人の写真を簡単にグループ化できる機能が搭載されます。
でも、iCloudフォトライブラリを使っている場合だけだよね?

Siri

Siriには、非常にがっかりしました。「Hay Siri」と話しかけても、立ち上がりませんから。

Siriは、macOS Sierraから何も進化していないのです。Amazon Alexa、Gogoleアシスタントという強力なライバルがいるんだから、Appleは音声アシスタントにもっと力入れた方がいいと思うけどね。

macOS High Sierra をインストールした感想

今回、MacBook Air 11inch 2012 というかなり古いモデルにインストールしました。

前回、macOS Sierraのベータ版をインストールした際、動作はかなり重かったのですが、今回はサクサク動くのが特徴です。

是非お試しください。

macOS Sierraから、macOS High Sierra へ上書きインストールをしただけなので、SSDのフォーマットは、HFS+のままです。

近いうち、クリーンインストールを行い、SSDのフォーマットをHFS+からAPFSへ変更して、macOS High Sierra のベータ版のクリーンインストールを行います。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク