クレジットカード情報が流出してしまった際の対処方法!

自分のクレジットカード情報が流出したことはありますか?

自分で流出させるような人はいませんが、不正アクセスを受けたECサイトからクレジットカード情報が流出することはよくあります。

メルカリで54,180名の個人情報が流出しました。 流出した内訳はこんな感じ↓ 名前・住所・メールアドレス・電話番号・・・4...

メルカリで54,180名の個人情報が流出しました。

流出した内訳はこんな感じ↓

  • 名前・住所・メールアドレス・電話番号・・・459名
  • 銀行口座情報、クレジットカードの下4桁と有効期限・・・1855名
  • 購入・出品履歴・・・22458名
  • ポイント・売上金、お知らせ、やることリスト・・・53816名
資生堂の子会社のイプサの公式サイトに、不正アクセスがあり、クレジットカード情報を含む顧客情報が流出しました。 クレジットカード...

資生堂の子会社のイプサの公式サイトに、不正アクセスがあり、クレジットカード情報を含む顧客情報が流出しました。

上記以外にも、Yahoo!や楽天で顧客のクレジットカード情報が流出したことは、何度もありますからね。ECサイトのセキュリティは、大手だからといって安心できないのです。

今日のエントリーは、クレジットカード情報が流出してしまった場合の対処方法についてです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

流出前にやっておくべきこと

まずは、流出前にやっておくべきことからお話します。

普段から、クレジットカードの明細を毎月確認する習慣をつけてください。ウェブ明細だと、全く見ていないという方も多いと思います。明細を見ていなければ、不正使用があったことすら分かりませんからね。

クレジットカードの明細を郵送してもらう

クレジットカードの明細は郵送で送ってもらうことをオススメします。毎月、ちゃんとチェックできる方ならば、ウェブ明細でもいいのですが、そうでない方は迷わず、カード明細を郵送してもらいましょう。

カード会社によっては有料だったりしますが、わたくしが持っているカードは、無料で明細を郵送してくれました。

毎月、カードの明細が郵送されれば、絶対にカード明細をチェックするので、不正使用を未然に防ぐことができるのです。

クレジットカード会社の検知システムは?

クレジットカード会社は、第三者による不正使用を発見するためのシステムを導入しております。

なので、いきなり海外で高額のショッピングがあったり、普段利用しない店舗で高額な商品を購入すると、クレジットカード会社から確認の連絡があります。

カード会社によってはAIを活用して不正使用の検知をしているようですが、完璧なシステムということはありえないことを頭に入れておいてください。

クレジットカード情報が流出した時の対応

お待たせしました。クレジットカード情報が流出した時の対応についてです。

クレジットカード情報が流出してしまって、一番心配なのは、第三者による不正使用の請求がくることですよね?

ご安心ください。ほとんどのクレジットカード会社では、カードに盗難保険が掛けられているので、第三者による不正使用があっても、被害はきちんと補填されることになっています。

とはいえ、クレジットカードの番号が流出してしまい、さらに、横展開で出回ったりしたら最悪ですよね。毎月、不正請求が来るなんてことになったら、マジで面倒ですから。

クレジットカード情報が流出したら、以下のことを実施してください。

  • カード会社に電話して、カードを止める
  • クレジットカード番号を変える
  • 情報流出があったサービスは使わない
  • 情報流出があったサービスを使うならクレジットカード払いをしない

カード会社に電話して、カードを止める

クレジットカード情報が流出したら、カードを止めてください。自分のカード情報が、不特定多数の人に流出してしまうと、被害も拡大してしまいますからね。

クレジットカード番号を変える

カード情報が流出した場合、クレジットカード番号を替えるのは、基本中の基本です。

カード会社に電話すれば、すぐに新しい番号のクレジットカードを発送してくれます。

とはいえ、カード番号を替えるというのは、かなり面倒です。というのも、クレジットカードを使うユーザーは、マイルやポイントを貯めるので、1枚のクレジットに集約しているケースが多いからです。わたくしも、1枚のクレジットカードで、電気・ガス・水道などの公共料金や、携帯電話・ETCの支払いを行っています。

でもね、流出してしまったら、面倒がらずにクレジットカード番号は変更してください。

情報流出があったサービスは使わない

顧客情報やクレジットカード情報が流出したサービスは、利用しないことをオススメします。代替サービスがあれば、他のサービスを使いましょう。

情報流出があったサービスを使うならクレジットカード払いをしない

代替サービスがなく、情報流出があったサービスを使わなければならない場合、クレジットカード払いはやめて、他の支払い方法に変更します。銀行振込、代引き、コンビニ払いなど他にも決済方法はいくらでもありますからね。

まとめ

以上が、クレジットカード情報が流出した時の対応方法です。

自分のカード情報の流出が分かったら、すぐにカード会社に電話をして、カードを止めて、カード番号を変更してくださいね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク