iOS と Android のセキュリティーを比較する

先日Nexus 5Xを購入して、だいぶ使い込んでおります!
Android 6.0 Marshmallow を触っていると、Androidは以前と比べてかなり良くなりましたね。

Nexus 5X を使ってみて!iPhoneと比較してみた
3月にEXPANSYSでNexus 5X 16GBが、USBケーブルとガラスフィルム付きで31595円だったので、迷わずポチりました。 ...

さて今日のエントリーでは、iOSとAndroidのセキュリティーを比較します。
一般的にiOSはセキュリティーが高く、Androidはセキュリティーが低いと言われていますが、なぜなのか検証してみましょう。

iOSのシェア率

iOSは毎年9月に新しいOSにアップデートされ、1年かけてマイナーアップデートを繰り返します。
新しいOSが登場すると、ユーザーは一斉にアップデートするんですよね。この点がAndroidと大きく違います。

iOS9のシェア率の推移

  • 2015年10月5日 57% → 2015年11月30日 70% → 2016年1月11日 75% → 2016年3月7日 79% → 2016年4月18日 84%

iOS8のシェア率の推移

  • 2015年10月5日 33% → 2015年11月30日 22% → 2016年1月11日 19% → 2016年3月7日 16% → 2016年4月18日 11%

iOS9とiOS8のシェア率の推移をグラフにすると、

iOSシェア率 推移

iOSユーザーのほとんどが新しいOSへアップデートするので、Apple・iOSのユーザー・アプリディベロッパーすべてがWin-Winの関係を築けるのがポイント。

AppleにとってのiOS

iOS9は日本時間の2015年9月17日午前2時に公開されました。
2016年4月18日のデータでシェア率を見てみると、iOS9が84%、iOS8が11%となっています。

iOSシェア率

多くのユーザーが新しいOSの公開と同時にアップデートしてくれるということは、Appleの開発リソースを最新のOSへ集中投下できるので、バグなどの不具合にも対応できますよね。

1つAppleに不満があるのは、iOS9.3で登場したメモのパスワード。
開くのにパスワードがいるのに、削除するときはパスワードなしで、メモを削除できちゃうんだよね。削除にも指紋認証かパスワードを導入すべき。

ユーザーにとってのiOS

Appleの開発リソースが最新のOSに集中するということは、どんどん新機能が追加されるということです。ユーザーにとってもメリット大ですよね。

アプリディベロッパーにとってのiOS

一般的にAndroidよりiOSの方が開発費はかかりません。でもってユーザーが一斉に最新のOSを使ってくれるわけだから、バグや不具合への対応はiOSの方が楽なのです。

Androidのシェア率

バージョンが様々なので、それぞれ見ていきます。

Android2 のシェア率の推移

  • 2015年10月22日 4% → 2015年12月9日 3.6% → 2016年1月20日 3.2% → 2016年3月23日 2.7% → 2016年4月4日 2.7%

Android4.1~4.3 Jelly Bean のシェア率の推移

  • 2015年10月22日 30.2% → 2015年12月9日 26.9% → 2016年1月20日 24.7% → 2016年3月23日 22.3% → 2016年4月4日 21.3%

Android4.4 KitKat のシェア率の推移

  • 2015年10月22日 38.9% → 2015年12月9日 36.6% → 2016年1月20日 36.1% → 2016年3月23日 34.3% → 2016年4月4日 33.4%

Android5 Lollipop のシェア率の推移

  • 2015年10月22日 23.5% → 2015年12月9日 29.5% → 2016年1月20日 32.6% → 2016年3月23日 36.1% → 2016年4月4日 35.8%

Android6.0 Marshmallow のシェア率の推移

  • 2015年10月22日 0% → 2015年12月9日 0.5% → 2016年1月20日 0.7% → 2016年3月23日 2.3% → 2016年4月4日 4.6%

Androidのシェア率の推移をグラフにすると、

Androidシェア率 推移

Androidの場合、ユーザー毎にバージョンがバラバラなので、Google・Androidのユーザー・アプリディベロッパーすべてが苦労しています。

GoogleにとってのAndroid

Androidシェア率

1世代前のAndroid5 Lollipopと2世代前のAndroid4.4 KitKatのシェアを足すと69.2%もあります。Android4.1~4.3 Jelly Bean も加えると90.5%。
未だに最新のAndroid6.0 Marshmallow のシェア率4.6%です・・

これでは開発のリソースを最新OSに集中できないですよね。

ユーザーにとってのAndroid

日本の場合、docomo、au、ソフトバンクの独自仕様でAndroidを開発しているいます。

  • Android4.1~4.3 Jelly Bean → Android4.4 KitKat へアップデートできなかったりします。
  • Android4.4 KitKat → Android5 Lollipopのアップデートもできない機種がかなりあります。
  • Android5 Lollipop → Android6.0 Marshmallowへのアップデートができる機種も限られています。

最新のAndroidが使いたければ、Nexusシリーズを使うのがベストです。

アプリディベロッパーにとってのAndroid

Androidのアプリを開発するのは、アプリディベロッパー泣かせです。ユーザーのバージョンはバラバラ、バグを潰していくのにも相当コストがかかるからね。
そのくせ、開発費がAndroidの方がかかるのに、売上はiOSより少ないという悪循環です。

アプリのインストール

iOSとAndroidでアプリのインストールに関するセキュリティーは雲泥の差があります。

iOS

iOSは基本的にApp Store経由じゃないとアプリのインストールはできない仕組みになっています。
開発者は、iOS Developer Proram か iOS Developer Enterprise Programに登録すれば、App Store経由以外でもインストール可能ですが、ここでは横においておきますね。

公式ストア経由以外での配布

Android

基本Google Play経由でインストールしますが、Google Playを通さなくても、Android端末側の設定だけでインストール可能です。Androidの設定で「提供元不明のアプリ」のチェックをオンにするだけですからね。
野良アプリといわれている、「提供元不明」のアプリも世の中にたくさん出回っていますからね。
こういうアプリはインストールするのは止めましょう。

中国は Google Play がないので、アプリストアが幾つもあります。

「楽天アプリ市場」がスタート!!!中国のアプリストアランキングと比べてみた!
楽天がAndroid向けのアプリストア「楽天アプリ市場」のサービスを開始しました。特に目新しい技術はないのですが、「楽天スーパーポイント」が...

アプリストアのセキュリティー

iOSは審査が厳しく、基準をクリアしないとリジェクトされることもよくあります。
Androidの審査はほとんどないです。個人情報を抜くような悪質なアプリも山程あります。

スマホのセキュリティーはどうする?

OSのシェア率、アプリのインストール、アプリストアのセキュリティー
どれをとっても、iOSの方がセキュリティーが高いのは一目瞭然ですよね。

iOSを使っているなら、ウィルスソフトも不要だし、ある程度安心して使って大丈夫です。
Androidを使っているなら、ウィルスソフトを入れることをオススメします。アプリも大手ディベロッパー以外のものは入れない方がいいですよ。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!