【Windowsユーザーも必見】5GBまでの添付ファイルが送れる「Mail Drop」の使い方!

大容量ファイルをメールで送る際、どのようにしていますか?

最近はGoogleドライブやDropboxがあるので、オンラインストレージで大容量ファイルを共有するユーザーが多いと思います。

今日のエントリーは、Googleドライブの使い方、他のユーザーとのファイルの共有方法について書きます。 Googleドライブとは、Go...

このブログの読者のようなネットリテラシーの高いユーザーならば、Googleドライブでファイルを共有しても、全く問題はありませんよね?

でもね、世の中、ネットリテラシーの低いユーザーが圧倒的に多いわけです。その場合、Googleドライブでファイルを共有といっても通じなかったりしますよね。

大容量ファイルをメールで送る場合、「宅ふぁいる便」を使うユーザーが多いです。ただし、「宅ふぁいる便」は、無料だと300MBまでしか使えないので、それ以上の大きなファイルは送れません。

300MB以上のファイルを送る場合、「Mail Drop」を使うことをオススメします。
なんと「Mail Drop」は、5GBまでの添付ファイルがメールで送信できますからね。しかも「Mail Drop」は、Apple製品や、Appleユーザー限定の機能ではありません。Windowsユーザーも使えるし、Gmailのアドレスから送信するメールアドレスからも使えるのです。

今日のエントリーは、「Mail Drop」の使い方についてお話します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「Mail Drop」

「Mail Drop」を使えば、最大5GBまでの大容量ファイルをメールで送信することができます。
一時的にiCloudサーバーに保存することで、大容量ファイルが送受信できる仕組みになっています。「Mail Drop」に添付されたファイルは、iCloudサーバーに30日間保存されます。受信したユーザーは、受信してから30日間以内にダウンロードすればOKです。

まあ実際に1GB以上のファイルをメールで送るのは、送信者・受信者の双方に時間がかかるのでオススメできないんだけどね・・・
そこまでファイルサイズが大きくないデジタル一眼で撮影した「ファイルサイズの大きな写真」をメールで送るときには便利ですよ。

Apple製品で「Mail Drop」を使う際の注意点

  • 「Apple純正メールアプリ」を使えば、大容量ファイルを送信するのに、特別な設定は不要
  • 「Apple純正メールアプリ」を使えば、iCloudメールだけでなく、Gmailのアドレスからでも「Mail Drop」の機能が利用できる

Windowsで「Mail Drop」を使う際の注意点

・iCloudメールからでないと、「Mail Drop」を利用できません。icloud.comを開いて、ウェブ上から送信することになります。

macOSで「Mail Drop」を使ってファイルを送信する手順

macOSで「Mail Drop」を使ってファイルを送信する手順です。

  1. Apple純正のメールアプリを立ち上げる
  2. 新規メールを作成し、大容量ファイルを添付する
  3. 送信ボタンをクリック
  4. 「添付ファイルをMail Dropで送信しますか?」と表示されるので、「Mail Dropを使用」をクリック

1. Apple純正のメールアプリを立ち上げる

Apple純正のメールアプリを使うと、iCloudメール以外のGmailのメールアドレスからも、「Mail Drop」が利用できます。

なので、Apple純正のメールアプリを立ち上げてください。

2. 新規メールを作成し、大容量ファイルを添付する

以下の画像のように、新規メールに大容量ファイルを添付します。今回は1.54GBのファイルを添付します。

Mail Drop 添付

3. 送信ボタンをクリック

送信ボタンをクリックします。

Mail Drop 添付

4. 「添付ファイルをMail Dropで送信しますか?」と表示されるので、「Mail Dropを使用」をクリック

以下の画像のように「Mail Dropを使用」をクリックします。

Mail Drop 添付

この手順で、5GBまでの大容量ファイルを送信できます。

Windowsで「Mail Drop」を使ってファイルを送信する手順

Windowsの場合、iCloudのメールアドレスからでないと、「Mail Drop」は使えません。
iCloudのメールアドレスは、Apple IDを作れば自動的に付与されます。昔はApple IDを新規作成するには、Apple製品からしかできませんでしたが、今はWindowsからもApple IDを新規作成することが可能です。

以下、Windowsで「Mail Drop」を使ってファイルを送信する手順です。

  1. ブラウザからicloud.comを開いて、メールを開く
  2. iCloudメールで新規メールを作成し、大容量ファイルを添付する
  3. 「Mail Dropを使用してファイルを配布しますか?」と表示されるので、「Mail Dropを使用」をクリック
  4. 大容量ファイルがiCloudサーバーにアップロードされる
  5. メールが送信される

1. ブラウザからicloud.comを開いて、メールを開く

まずはiCloudメールをブラウザで開きます。

2. iCloudメールで新規メールを作成し、大容量ファイルを添付する

Mail Drop Windows

新規メールに大容量ファイルを添付します。

Mail Drop iCloud

3. 「Mail Dropを使用してファイルを配布しますか?」と表示されるので、「Mail Dropを使用」をクリック

Mail Drop iCloud

4. 大容量ファイルがiCloudサーバーにアップロードされる

iCloudサーバーにファイルがアップロードされます。1GBを超えるファイルだとアップロードにかなり時間がかかります。

Mail Drop iCloud

5. メールを送信

送信ボタンをクリックすれば、メールが送信されます。

Mail Drop Windows

「Mail Drop」経由でファイルを受信する

Apple純正のメールアプリで受信すると、いきなりダウンロードが始まるんだよね。で、ファイルサイズにもよりますが、メールアプリがフリーズすることが多いです。Core i7 3.5GHz、GPU 4GB、メモリ32GBのiMacでフリーズするってどうなの?

Mail Drop フリーズ

Gmailで受信

Gmailで受信するなら、ブラウザで開くことをオススメします。クリックしない限りダウンローされませんからね。

Mail Drop Gmail

まとめ

以上が、5GBまでの添付ファイルを添付できる「Mail Drop」の使い方です。

Appleユーザーだけでなく、iCloudメールアドレスを持っていれば、Windowsユーザーも使うことができます。「宅ふぁいる便」は300MBまでのファイルしか無料で送れませんので、それ以上のサイズのファイルを送る際に「Mail Drop」を使ってください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク