【128GBのMacユーザー必見】少ない容量のMacで、写真を管理する方法教えます!

128GBのMacをお使いの皆さま、写真はどのように管理していますか?

メインマシンは別にあって、MacBook Air 128GBをサブで使っているユーザーならば、写真や動画をメインマシンに保存しておけば、容量不足で困ることはありません。

ですが、MacBook Air 128GBをメインで使っているユーザーだと、写真だけで容量が一杯になってしまうことがあるはずです。
このような場合、どのように写真を管理をすればいいのでしょうか?

写真や動画は、月日の経過とともに、どんどん増えていきますから厄介です。

今日のエントリーは、少ない容量のMacで、写真を管理する方法を教えます。128GBのMacユーザー必見ですよ!

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

128GBのMacで写真を管理するならば、クラウドを使うべし!

クラウドを使えば、問題は解決します。
Appleが提供しているiCloudフォトライブラリを使ってもいいし、Googleが提供しているGoogleフォトを使っても可能です。

  • MacとiPhoneを使っている方は、「Cloudフォトライブラリ」がオススメ
  • MacとAndroidを使っている方は、「Googleフォト」がオススメ

iCloudフォトライブラリ

iCloudフォトライブラリを使えば、128GBのMacでも、容量不足にならずに、写真を管理することが可能です。

元々、iCloudフォトライブラリは、MacやiPhone、iPadなど複数の端末で写真やビデオを同期するためのものです。なので、すべての端末のストレージを消費します。

でもね、iCloudフォトライブラリには、端末の容量を節約するための「ストレージを最適化」機能があります。この機能を有効にすれば、写真や動画は全てクラウド上のiCloudフォトライブラリに保存されますが、利用頻度の少ない写真や動画はMac本体のストレージに保存されません。ストレージに保存されないといってもサムネイルは残りますので、Macで写真を見ることは可能です。端末で必要になった場合は、写真や動画をiCloudフォトライブラリからダウンロードすることもできるので安心です。

128GBのMacのストレージを消費せずに、写真や動画をiCloudフォトライブラリに保存するには、以下の手順を行ってください。

  1. iCloudストレージを購入する
  2. iCloudフォトライブラリを有効にする
  3. 「ストレージを最適化」を有効にする

1. iCloudストレージを購入する

最初に、ご自身の写真ライブラリの容量を調べていただき、写真ライブラリが収まる容量のiCloudストレージを購入します。

iCloudフォトライブラリはiCloudストレージを消費します。無料で使えるiCloudは5GBまでなので、写真や動画を管理する場合、iCloudのストレージを別途購入しないと使えません。

  • 5GBまで・・・無料
  • 50GB・・・月額130円
  • 200GB・・・月額400円
  • 2TB・・・月額1300円

2. iCloudフォトライブラリを有効にする

Macの設定から、iCloudフォトライブラリを有効にします。

MacとiOSをお持ちの方は、両方の端末で設定してください。

  • Macの設定・・・システム環境設定→iCloud→写真→iCloudフォトライブラリ→オン
  • iPhoneの設定・・・設定→Apple ID→iCloud→写真→iCloudフォトライブラリ→オン

3. 「ストレージを最適化」を有効にする

次に、「ストレージを最適化」を有効にして、利用頻度の少ない写真や動画は128GBのストレージに残さないようにします。

「ストレージを最適化」を有効にする

  • Macの写真アプリ→環境設定→「iCloudフォトライブラリ」にチェック→「Macストレージを最適化」にチェック

お疲れさまでした。これで、128GBのMacのストレージを消費せずに、写真や動画をiCloudフォトライブラリに保存することができました。端末にサムネイルが残りますので、端末で写真を見る分には全く困ることはありません。ダウンロードが必要な場合は、iCloudフォトライブラリからインターネット経由でダウンロードできます。

Googleフォト

GoogleフォトもiCloudフォトライブラリと同様、クラウドに写真をアップロードできますので、128GBのMacでも容量不足にならずに、写真を管理できます。

iCloudフォトライブラリとの違いをかんたんに説明します。
iCloudフォトライブラリはMacの写真アプリで写真や動画を管理するのに対して、GoogleフォトはブラウザからGogoleフォトにアクセスして写真や動画を見に行きます。

なので、写真を見るときは、インターネットに繋がっていることが条件になります。Mac本体のストレージに写真を保管するという考え方ではありません。

Googleフォトで写真を管理する場合、次のような手順で行ってください。

  1. Googleフォトのバックアップのモードを選択
  2. スマホの写真は、Googleフォトアプリを利用して、Googleフォトへアップロード
  3. Macに取り込んだデジカメや一眼からの写真は、ブラウザからGoogleフォトにアクセスして、その都度アップロードする

1. Googleフォトのバックアップのモードを選択

Googleフォトで写真や動画をバックアップする際、2つのモードがあります。このモードは最初に決めておいてください。
MacとスマホでGoogleフォトを使う方は、それぞれ設定する必要があります。

Mac・・・ブラウザからGoogleフォトへアクセスして、設定から変更します

Macで、Googleフォトのバックアップのモードを選択

スマホ・・・アプリの設定から「バックアップと同期」をタップして「アップロードサイズ」を「高画質」へ

スマホで、Googleフォトのバックアップのモードを選択

高画質

高画質モードは、写真と動画は圧縮されますが、無料で使える15GBのGoogleドライブの容量にカウントされません。写真の劣化はほとんど感じられないレベルですので、ご安心ください。

リリース直後から「Googleフォト」を「iPhone6」とAndroid端末のSIMフリースマホ「priori2」に入れて使っております。...

元のサイズ

元のサイズは、Googleドライブの容量を消費しますが、オリジナルの写真や動画を保存できます。クオリティを重視する方は、元のサイズを選択してください。

写真や動画が増えてくると、Googleドライブの容量を追加で購入しなければなりません。この記事を書いているのは2018年8月17日ですが、Googleドライブの有料ストレージは、Google Oneという名称に変わっているようです。

  • 100GB・・・1.99ドル
  • 200GB・・・2.99ドル
  • 2TB・・・9.99ドル

2. スマホの写真は、Googleフォトアプリを利用して、Googleフォトへアップロード

iOS・Android問わず、スマホの写真は、Googleフォトアプリを利用して、Googleフォトへアップロードしてください。
Wi-Fi環境の元で、Googleフォトアプリを立ち上げれば、自動的に写真や動画はアップロードされます。

3. Macに取り込んだデジカメや一眼からの写真は、ブラウザからGoogleフォトにアクセスして、その都度アップロードする

Macに取り込んだデジカメや一眼からの写真は、ブラウザからGoogleフォトにアクセスして、その都度アップロードしてください。次のような手順がオススメです。

①ChromeでGoogleフォトへアクセス
②Googleフォトへアップロードしたい写真を選択して、GoogleフォトへドラッグすればGoogleフォトへアップロードされる

Googleフォトに写真をアップロード

デジカメとMacを接続する度に、Googleフォトへ写真をアップロードして、デジカメのmicroSDカードを削除する習慣をつけることをオススメします。このようにすれば、Googleフォト内の写真がダブったりすることを防げますからね。

「バックアップと同期」アプリは?

Googleでは、パソコンの中にある写真や動画を、自動でGoogleフォトにアップロードする「バックアップと同期」アプリを提供しています。

でも、僕は「バックアップと同期」アプリをオススメしていません。理由は、以前インストールして使ったことがあるのですが、メモリをやたら消費するのと、アップロードの挙動がおかしな時があったためです。僕が体験したのは半年前の話ですが、Google公式の Google フォト / Google + ヘルプフォーラム を見る限り、今でも不具合は続いているようですね。

さいごに

以上、少ない容量のMacBookで、写真を管理する方法について紹介しました。

128GBのMacをお使いの方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク