iOS11.1をサクサク動かす方法!

本日、iOS11.1がリリースされました。

iOS11.1がリリース

新しい絵文字の追加、バグ修正、セキュリティアップデートが行われました。

早速アップデートされた方も多いと思います。今日のエントリーは、iOS11.1をサクサク動かす方法についてです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS11.1のアップデートのポイント

まずは、iOS11のアップデートの主なポイントを見ていきます。

  • 新しい絵文字
  • 画面左端を3D touchで押してアプリ切り替え
  • バッテリーの持ちの改善

新しい絵文字

70字以上の新しい絵文字が追加されました。

iOS11.1で登場した新しい絵文字

画面左端を3D touchで押してアプリ切り替え

iOS11のアップデート時に、画面左端を3D touchで押してアプリ切り替えができなくなっておりましたが、iOS11.1でこの機能が復活しました。

画面左端を3D touchで押してアプリ切り替え

バッテリーの減りの改善

iOS11へアップデートしたら、バッテリーの消費が激しくなったという声をよく聞きます。実際わたくしのiPhone 7 Plusのバッテリも持ち時間が短くなりました。

先日公開されたiOS11.1ベータ版では、バッテリーの持ち時間が改善されているようですので、今回のiOS11.1のアップデートでは、バッテリーの改善が期待できそうです。

↓バッテリーの減りが改善されていないようでしたら、以前のエントリーを参考にしてください。

iOS11でバッテリーの減りが早い時の対処方法!

iOS11.1へアップデートする前に準備すること

iCloudバックアップ、iTunesバックアップ、どちらでもいいので、必ずバックアップを取ってください。iTunesバックアップの場合、必ず暗号化にチェックを入れてからバックアップを取ります。

万が一、iOS11.1へのアップデートに失敗しても、バックアップがあれば、元の状態に戻せますからね。

iOSを丸ごとバックアップする場合、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。 一体何が違うのでし...

iOS11.1をサクサク動かす設定

お待たせしました。

iOS11.1をサクサク動かす設定についてです。

「視差効果を減らす」をオン

iOSの動きが重い場合、真っ先に「視差効果を減らす」をオンにします。この設定で、余計なグラフィックメモリの消費を抑えることが可能です。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。iPhone、iPad、iPod touch のモーションエフェクトや画面の揺れが気になる方は、「視差効果を減らす」を使って、この効果を抑えることができます。

「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

「視差効果を減らす」をオンにすれば、「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフにできるようになります。

「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフにすれば、iMessageの吹き出しのエフェクトやフルスクリーンエフェクトの自動再生がなくなります。iOSの動きを軽くしたい方はオフにしてください。

メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン
  3. 「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

「透明度を下げる」をオンにすると、iOSはサクサク動くのでオススメです。ホーム画面のフォルダアイコンの透明度が少し変わってしまいます。

「透明度を下げる」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「コントラストを上げる」をタップして「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

iOS11.1へアップデートしても、Siriの性能はいまいちです。GoogleアシスタントやGoogle Homeに慣れちゃうと、Siriは検索精度、応答性どちらもイマイチな感じがします。

わたくしは、Siriを使っていないので、オフにしています。

「Hey Siriを聞き取る」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ
  4. 「ロック中にSiriを許可」をオフ

「検索の候補」をオフ

「検索の候補」は、ホーム画面を右にスワイプした時に表示されます。使わないならばオフにしましょう。

↓左の画像が「検索の候補」がオン、右の画像が「検索の候補」がオフです。

検索の候補 Siri

「検索の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフ

「”調べる”の候補」をオフ

「”調べる”の候補」がオンの状態で、ブラウザで調べたい単語を長押しすると、「調べる」と出てきます。タップすれば、「Siriからの提案」「Siriの知識」が提案されます。

「”調べる”の候補」がオフでも「ウェブを検索」と出てくるので、タップすればGoogle検索できるので、使ってない方も多いはず。

使わない方はオフにします。

ちなみに左の画像が「”調べる”の候補」がオン、右の画像が「”調べる”の候補」がオフです。

調べるの候補 Siri

「調べるの候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで動作する必要がないアプリは、個別にオフにすることをオススメします。
LINEやハングアウト、Messengerはオフにすると通知が届かなくなるので、オンのまま使ってください。FacebookやTwitterも同様です。

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

クリーンインストール

上記の設定をすべてやったけど、iOS11.1の動きが遅い場合、残された方法はクリーンインストールしかありません。

クリーンインストールをする場合、必ずバックアップを取ってから行います。具体的な手順は、以前のエントリーに詳しく書きました。

iOS11をクリーンインストールする方法!

さいごに

以上、iOS11.1をサクサク動かす方法でした。

iOS11.1へアップデートしたら動きが遅くなったという方は、ぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク