iOS11.2.5へアップデートして、動作が重くなった際の対処方法

本日、iOS11.2.5がリリースされました。
iOS11.2.1→iOS11.2.2からいきなりiOS11.2.5と飛びましたw

iOS11.2.5

CVEベースで13件のセキュリティアップデートが行われたので、早くアップデートすることをオススメします。僕の環境では(iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPad Air)、アップデート後に不具合は発生していません。

iOS11.2.5の新機能として、HomePodのサポートとSiriのニュースの読み上げが追加されました。新機能が利用できるには、HomePodが発売されるアメリカ・イギリス・オーストラリアのみです。日本のユーザーには関係のない話ですね。要するに今の時点において、英語圏しかHomePodは対応していないということになります。

今日のエントリーは、iOS11.2.5へアップデートして、動作が重くなった際の対処方法について書きます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS11.2.5へアップデートする前にやること

必ずiOSのバックアップを取ってください。あと、写真のバックアップは別に取ることをオススメします。

↓iOSをアップデートする前の注意点は、以前のエントリーに詳しく書きました。

iOSをアップデートする際の注意点!手順もありますよ!

iOS11.2.5へアップデートして動作が重くなったら?

iOS11.2.5へアップデートして動作が重くなったら、設定を見直すだけでサクサク動きます。効果が高い順に紹介しますので、ぜひお試しください。

iPhone6やiPhone 5sなど少し古いiPhoneだと効果が薄いかもしれません。その際はクリーンインストールを行うと動作が改善されるはずです。クリーンインストールについては後述します。

「視差効果を減らす」をオン

「視差効果を減らす」をオンにすると、余計なグラフィックメモリの消費を抑えることができるので、iPhoneの動作はサクサク動くようになります。効果は絶大です。

視差効果については、Appleのサイトで詳しく説明されています。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。iPhone、iPad、iPod touch のモーションエフェクトや画面の揺れが気になる方は、「視差効果を減らす」を使って、この効果を抑えることができます。

「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

次に「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフにします。iPhoneの動作が重いのに、iMessageのエフェクトやフルスクリーンエフェクトの自動再生なんて不要でしょ?

メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン
  3. 「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

「透明度を下げる」をオンにすると、iPhoneの動きは軽くなります。フォルダの透明度が下がるため、ホーム画面のフォルダのUIが少し変わりますが、サクサク動かしたい方は設定してください。

「透明度を下げる」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「コントラストを上げる」をタップして「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

Siriを使っていない方はオフにしましょう。この方法はiPhone 6sに有効です。
iPhone 6やiPhone 5sの場合、充電中じゃないと音声でSiriが立ち上がらないので、実感できる効果は少ないかもしれません。

「Hey Siriを聞き取る」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ
  4. 「ロック中にSiriを許可」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで動かす必要のないアプリは、アプリごとに「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。
SNSのアプリはオフにすると通知が来なくなってしまうので、オンのままの方が使い勝手はいいです。

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

クリーンインストール

iPhone 6やiPhone 5sをお使いの方で、上記の設定を変更したけれどiPhoneの動きが改善されない方は、クリーンインストールを行ってください。
クリーンインストールを行えば、iPhoneの動作はかなり改善されるはず。

iOSのバックアップを取る

クリーンインストールの注意点は、バックアップをしっかり取ることです。

iOSの中身は「iCloudバックアップ」「iTunesバックアップ」のどちらでも構わないので、必ずバックアップを取ってください。

「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違い

その他クリーンインストールで注意すべき点

以下の項目については、「iCloudバックアップ」「iTunesバックアップ」でバックアップが取れないことがあるので、別にバックアップを取る必要があります。

  • 写真のバックアップ
  • LINEの移行
  • Google Authenticator
  • Suica

詳しいやり方は、以前のエントリーに詳しく書いたので参照してください。

iOS11をクリーンインストールする方法!

iOS11のシェア

2018年1月18日現在のiOS11のシェアは、iOS11が65%、iOS10が28%、その他が7%です。

iOSのシェア

さいごに

以上、iOS11.2.5へアップデートして、動作が重くなった際の対処方法についてでした。

設定だけでもかなりiOSの動作は改善されますので、ぜひお試しくださいね。設定を変更したけどiOSの動作が重い方は、クリーンインストールを行えば快適に動くようになりますよ。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク