macOSがTimeMachineをサポートしなくなる可能性が高い件

TimeMachine

AppleがAirMacシリーズの販売を中止したことで、今後、macOSがTimeMachineでのバックアップをサポートしなくなる可能性があります。

理由は以下のとおりです。

  • 写真やデータはiCloudストレージにバックアップできる
  • Apple Musicの普及
  • TimeMachineのバックアップから復元できないことがある
  • サードパーティのNASにTimeMachineのバックアップが正常に取れるのか微妙
  • MacBookにUSB-Cポートの外付けハードディスクを常時接続するのは現実的でない
  • AppleはiCloudストレージで課金したい

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

写真やデータはiCloudストレージにバックアップできる

2007年にTimeMachineがローンチされた際は、クラウドサービスは全く普及してなかったので、Macが壊れたときに備えて、macOSを丸ごとバックアップしておく必要がありました。

でも今は、TimeMachineでmacOSを丸ごとバックアップしなくても、写真やデータはiCloudストレージにバックアップできますよね。
しかもiCloudにアップロードしておけば、MacだけでなくiPhoneやiPadでデータを同期できるので使い勝手がいいのです。
iCloudを使いたくない方は、Googleドライブ・Dropboxなどのクラウドサービスを選択することもできます。

TimeMachineでmacOSを丸ごとバックアップする必要がなくなったのです。

Apple Musicの普及

Apple Musicが普及したことで、音楽データの管理をユーザーが行う必要はなくなりました。

Apple Musicの会員ならば、サブスクリプションで音楽は聴き放題だし、自分の音楽コンテンツをApple Musicへアップロードして聞くことができますからね。

なので、Macに自分で持っている音楽コンテンツを保存しておく必要もないし、そのデータをバックアップする必要もないのです。

Appleの公式発表ではありませんが、2019年3月31日でAppleはiTunesでの音楽のダウンロード販売をやめるとも言われています。Appleの方向性としては、ユーザーをApple Musicへ誘導して、音楽のダウンロード販売は止めていくことになるんだろうね。

TimeMachineで復元できないことがある

TimeMachineの性能はイマイチで、バックアップから復元できないことが良くあります。

特に、Macの機種変更をした場合には、古いMacのTimeMachineバックアップでは、新しいMacで復元できないトラブルもよく聞きます。

僕はTimeMacineでバックアップを取っていますが、あくまで、いきなりMacが壊れてしまい、今使っている環境を復元するための保険として利用しています。

僕が以前経験したことをお話すると、TimeMachineのバックアップを取ったmacOSのバージョンと、復元するmacのリカバリ領域のmacOSのバージョンが異なる場合、復元はできません。

先日、Appleに修理にだしたiMac 27(2013)が、ピカピカになって戻ってまいりました。 21日午後に引き取り...

2時間位かかりましたが、復元できませんでした。
TimeMachineは、復元できないことが結構あるのですが、そんなときはだいたい途中でエラーが出ます。
今回は復元が終了して、リカバリ完了後に再起動するまでは正常。再起動後にMachintosh HDがマウントできずに、ユーティリティーに戻ってしまいます。エラーは何も出ないのですが、起動するMachintosh HDが出てこないので先に進めません。

サードパーティのNASにTimeMachineのバックアップが正常に取れるのか微妙

AppleがAirMacシリーズの販売を中止するということは、TimeMachineの自動バックアップはサードパーティのNASに委ねられることになります。

サードパーティのNASにTimeMachineのバックアップが正常に取れるのか微妙です。また、サードパーティのNASで取ったバックアップからの復元に失敗した際、Appleがサポートしてくれるとは思えません。

AirMacシリーズは3種類のWi-Fiルーターを販売していました (この記事を書いた2018年5月16日時点では購入できますが、在庫がなくなり次第販売終了) 。

  • AirMac Time Capsule・・・ハードディスク内蔵
  • AirMac Extreme・・・外付けハードディスクを繋げる
  • AirMac Express・・・外付けハードディスクを繋げる

AirMac Time Capsuleならば、ハードディスクを内蔵しているので、TimeMachineのバックアップを自動で取ることが可能です。
AirMac Extreme、AirMac Expressならば、外付けハードディスクを繋げば、TimeMachineのバックアップを自動化できました。

MacBookにUSB-Cポートの外付けハードディスクを常時接続するのは現実的でない

MacBookにはUSB-Cポートしか無く、USB3.0の外付けハードディスクをAppleは切り捨てています。しかもMacBookにUSB-Cポートの外付けハードディスクを常時接続するのは現実的ではありません。

AppleはiCloudストレージで課金したい

昨日のエントリーに書きましたが、Appleの本音はiCloudストレージで課金したいということでしょう。

AppleがAirMacシリーズの販売を終了する模様です。 現在の在庫がなくなり次第、販売終了となります。 AirMacシリ...

さいごに

以上、macOSがTimeMachineをサポートしなくなる可能性が高い件についてでした。

クラウドストレージが普及したことで、外付けのハーディスクにmacOSの中身を丸ごとバックアップすることは、時代に逆行しており古くなってしまいました。

Appleは古い技術は容赦なく切り捨てる会社ですので、macOSがTimeMachineをサポートしなくなるのは時間の問題といえるでしょう。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク