TimeMachine で復元できないトラブル!復旧領域がミソなのだ

先日、Appleに修理にだしたiMac 27(2013)が、ピカピカになって戻ってまいりました。

El Capitan の不具合・・メールが暴走!
メインで使っているiMac 27 2013に不具合が発生しました・・・ El Capitan をクリーンインストール後、1ヶ月以上の間...

iMac 27

21日午後に引き取りに来てもらって、24日の午前中には到着していたので、めっちゃ早いです。

修理報告書を見ると、特にハードウェアのトラブルはありませんでした・・

ってことはソフトウェアの問題かい。クリーンインストール直後なのですが・・

AppleCare 修理報告書

もう一度クリーンインストールしてもいいんだけど、VMware FusionとWindows7のセットアップはめちゃくちゃ時間がかかります。それ以外のセットアップは、今のMacはSSDやFusionDriveなので爆速です。メールアカウントもiCloudに保存されてるから、IMAPメールなら本当に簡単。全工程で1時間もあれば終わりますから。

VMware Fusionで仮想領域にWindows7をインストールしているのですが、そろそろやめてもいいかも。ほとんど使ってないし。

TimeMachineから復元する

初期化してから修理に出したので、OSXの再セットアップが必要です。

今回はクリーンインストールではなく、TimeMachineから復元を試みます。

復元できず

2時間位かかりましたが、復元できませんでした。

TimeMachineは、復元できないことが結構あるのですが、そんなときはだいたい途中でエラーが出ます。

今回は復元が終了して、リカバリ完了後に再起動するまでは正常。再起動後にMachintosh HDがマウントできずに、ユーティリティーに戻ってしまいます。エラーは何も出ないのですが、起動するMachintosh HDが出てこないので先に進めません。

いろいろと試してみましたがダメでした。

  • ディスクユーティリティーで、ディスクのアクセス権を検証、修復をするもダメ
  • 前回、直近のTimeMachineから復元したので、もう1個前のTimeMachineで復元をトライするがダメ(復元に更に2時間かかった)
  • ディスクユーティリティーをディスクの使用状況を見ると、データは戻ってるようです。が、Machintosh HDがマウントできないのでOSが立ち上がらない。
  • Machintosh HDがマウントできない時のエラーメッセージとして、起動後に「進入禁止マーク」が出てくることがありますが、それも表示がない。ユーティリティーに直行してしまいます。

何か対処法はないかなと思って、前回対応してくれたAppleの上位サポートの方に電話しましたが、今回の症状も聞いたことがないとのこと。

原因は?

OSXの復旧領域が、OSX Mavericksだったことが原因でした。TimeMachineのバックアップはEl Capitanだったので。

復旧領域とTimeMachineバックアップのOSのバージョンが違うと、うまく復元できないのです。知らなかった・・

何でこんなことになったかというと、Appleで修理をした際、工場出荷状態に戻されたことが原因。OSX Mavericksの状態で返送されていたのです。

ディスクユーティリティーで、「ディスクのアクセス権を検証、修復」をした時に気づくべきでした。この機能は、OSX Mavericksの機能なんですよね。El Capitanでは「First Aid」へ名称変更したので。復元中に表示されるアイコンもOSX MavericksとEl Capitanで微妙に違うのですが、気づきませんでした。

左がOSX Mavericks、右がEl Capitan

TimeMachine

TimeMachineで復元されないOSXの復旧領域

そもそも、OSXの復旧領域は、OSX MavericksとEl Capitanで異なるということを意識したことはなかったです。

今のMacはリカバリディスクは付属しませんよね?リカバリする場合、復旧領域から起動してOSXをインストールするのですが、復旧領域もOS同様にバージョンがあるのです。

今回、TimeMachineで復元しても、OSXの復旧領域は、復元されないということがわかりました。OSX Mavericksのままでしたからね。

OSXの復旧領域のバージョンに気をつけよう

TimeMachineで復元するには、OSXの復旧領域のバージョンが同じじゃないとダメだということが分かりました。

Appleの上位サポートの方も知らなかったようなので、ナイスな発見でした。

OSXの復旧領域を再構築

手順を説明します。

わたくしのiMac 27(2013)は、修理完了後にOSX Mavericksの復旧領域に戻ってしまったので、、まずはEl Capitanへ上書きインストールします。上書きインストールすれば、復旧領域はEl Capitanになります。その後、TimeMachineで復元すればいいのではという仮説を立てました。かなり面倒くさいのですが・・

  • Mavericksに新規インストール
  • El Capitanへアップデート(復旧領域がEl Capitanになるのがポイント)
  • TimeMachineで復元

きちんと復元できました。

復旧領域がない場合は?

ハードディスクをSSDへ交換した場合、復旧領域はありませんよね?

どうすればいいのか?TimeMachineで復元しても、復元領域は復元されませんからね。

まずは交換前のハードディスクで、El Capitanまでアップデートします。そしてTimeMachineでバックアップをとっておく。

OS X Snow Leopard、OSX Lionの場合

Snow Leopardは2009年8月28日のリリース、Lionは2011年7月20日のリリースです。

この時期に発売されたMacなら、Snow Leopard やLion新規インストールして、El CapitanへアップデートすればOK。復旧領域も最新のものになるしね。

その後、TimeMachineから復元する。

Snow LeopardLionも、まだ売ってるようです。

わざわざ買うのはもったいないという方は、下に記載の Mountain Lion以降のやり方でできますよ。

Mountain Lion以降

それ以降のOSだと、手続きはかなり面倒くさい。

  • 交換したSSDにTimeMachineでデータを復元
  • その後、もう一度TimeMachineでバックアップ。
  • OS X 復元ディスクアシスタントで、USBメモリに復旧領域を作成。
  • USBメモリから起動します。
  • El Capitanを上書きインストール。これで、復旧領域がEl Capitanへ構築されます。
  • TimeMachineでデータを復元

古いMacもキビキビ動く

SSDに交換すれば、古いMacも生き返ります。

2010年に購入した MacBook Pro 13 があります。Core 2 Duo 2.4GHzという古いCPUにも関わらず、SSDに変更したらめっちゃ快適になりました!

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!