iPhone SE は「SIMフリー+ MVNO」を選ぶべし!2年間の支払総額を比較

こんばんは。

今日は、HTTPS化のレポートの予定でしたが、急遽予定を変更して、iPhone SEについてのエントリーにします。すみません。。

Serch Consoleへのインデックスも始まったので、HTTPSのインデックスも少しずつ増えてきました。もう少しデータが集まったら必ずレポートしますので、あと数日お待ちください。

さて、iPhone SEが明日発売となります。

2年間の総額を計算したので、購入を検討している人は参考にして下さい。絶対にキャリアとの契約は止めたほうがいいですよ。

SIMフリー iPhone SE + MVNO

iPhone SE

これが一番安いです。更に料金体系も明確で分かりやすい。

キャリアの料金体系は複雑でよく分からんという方も多いと思いますが、今回マジでdocomo・au・ソフトバンクの料金プランは複雑です。

Appleが16GBモデルをリリースするのはイミフ。すぐいっぱいになっちゃうじゃん。せめて32GBだよね。16GBは現実的に使えないので、64GBを選択する人が多いと思います。今回は64GBで料金を計算しますね。

SIMフリーの機種代金は、iPhone SE 64GBが69,984円。アメリアのAppleStoreで購入すると499ドルなので、正直高いわ。現在の為替レートの111円換算だと55389円ですからね。

iPhones SE 登場!52800円って高すぎでしょ・・iPad Proと為替レート違うって何なの?
Appleの新製品発表会が、現地時間3月21日午前10時(日本時間3月22日午前2時)に開催しました。 スペシャルイベントはApple...

iPhone SE 64GB 111,456円

IIJmioみおふぉんで料金をシュミレーションしましょう。通話は月に324円で計算します。LINEもあるし電話をかけるの減ってきてるもんね。

データ通信3GBで計算します。

  • 機種代金69,984円 + 通信費41,472円(みおふぉんデータ3GB 1,728円 × 24回)+ 7,776円(通話料金324円 × 24回)

↑DMM Mobileのもっと安いプランにすれば更に安くなります。

docomo  iPhone SE

機種代金はSIMフリーと同じで、64GBモデルが69,984円です。

当初docomoの発表では、16GBを実質0円で発売するとしていましたが、総務省から横ヤリがあって訂正しました。ここ数ヶ月、実態を分かってない総務省の横ヤリのおかげで、携帯料金がより高くなるという最悪の展開になっています。

3月末の今現在、iPhone 6sの一括0円結構ありますよ。ネットで検索すると出てきます。

実質0円より一括0円の方が、2年間の支払総額が端末代金分安くなるのですが、総務省はこういうの放置してますよね。携帯ショップが独自の判断でやってるということにしてるんでしょうね。

iPhone SE 64GB 198,288円

月々サポートは64GBだと50,544円(810円×24回)に設定されていますが、「シェアパック10」以上または「データMパック」以上のユーザーの月々サポート金額です。

「シェアパック5」「データSパック」のユーザーは、月々サポートが10,368円減額されるようです。

データSパック(2GB)で計算します。

  • 実質負担金19,440円(810円×24回)+ 月々サポート減額分10,368円 + 通信費168,480円(カケホーダイプラン2,916円 + データSパック(2GB)3,780円 + ISP料金324円)×24回

au  iPhone SE

機種代金は、64GBモデルが69,480円。2年間の総支払額はdocomoより安いです。

スーパーカケホとカケホから選択しますが、auも料金体系は分かりにくい。

auひかりを契約している方は、スマートバリューで契約すると毎月の費用は最低でも934円安くなります。

スーパーカケホ iPhone SE 64GB 176,904円

データ通信1GBだと月月割が適用にならないので、最低でもデータ定額3(3GB)を契約する必要があります。

2015年9月にiPhone 6Sが登場した際は、スーパーカケホ1,836円のプランだとデータ通信2GBでの契約ができなかったりと、利用者の使い勝手より、商売を優先しています。

ちなみにスーパーカケホは1回5分以内の通話が無料です。超えた場合、30秒毎20円かかります。

データ定額3(3GB)で計算します。

  • 実質負担金16,200円(675円×24回)+ 通信費160,704円(カケホーダイプラン1,836円 + データ定額3(3GB)4,536円 + ISP料金324円)×24回

カケホ iPhone SE 64GB 184,680円

かけ放題のプランです。こちらはデータ定額2(2GB)から選べます。

データ定額2(2GB)で計算します。

  • 実質負担金16,200円(675円×24回)+ 通信費168,480円(カケホ2,916円 + データ定額2(2GB)3,780円 + ISP料金324円)×24回

ソフトバンク iPhone SE

機種代金は、auと同じで 64GBモデルが69,480円。

で、料金プランが3つあってややこしい。個人的にはソフトバンクとは契約したくないです。

スマ放題 iPhone SE 64GB 184,680円

24時間通話し放題のプランです。データ定額パックと組み合わせて契約します。

データ定額パック(2GB)で計算します。

  • 実質負担金16,200円(675円×24回)+ 通信費168,480円(カケホーダイプラン2,916円 + データ定額パック(2GB)3,780円 + ISP料金324円)×24回

スマ放題ライト iPhone SE 64GB 197,640円

5分以内かけ放題のプランです。データ定額パックは5GBからの契約となります。2GBが選択できないのってどうなのと思いませんか?

データ定額パック(5GB)で計算します。

  • 実質負担金16,200円(675円×24回)+ 通信費181,440円(基本利用料1,836円 + データ定額パック(5GB)5,400円 + ISP料金324円)×24回

ホワイトプラン iPhone SE 64GB 186,552円

1~21時までソフトバンク同士の通話が無料のプランです。

データ通信は7GBまでLTEが使えます。バリュープログラム(月月割の増額)が最大10,560円(440円×24回)あります。

データ通信は7GBまで使えます。

  • 実質負担金16,200円(675円×24回)+ 通信費180,912円(基本利用料1,058円 + パケットし放題フラット6,156円 + ISP料金324円)×24回 – バリュープログラム(月月割の増額)10,560円

SIMロック解除

キャリアで契約した方は、6ヶ月経てばSIMロック解除ができるので、絶対にやりましょう。売るとき高く売れますよ。

docomo

  • ロック解除経験なし:端末購入から6ヶ月後以降
  • ロック解除経験あり:前回のSIMロック解除から6ヶ月以降

新規購入した場合や、以前にSIMロックの解除をしたことがないなら、最低でも6ヶ月間はSIMロック解除ができません。

au

端末購入から180日後以降

ソフトバンク

端末購入から180日後以降

iPhone SE は SIMフリーにすべし

SIMフリー + MVNO(IIJmio みおふぉん 3GB)が断然安いです。2年間の総額が三分の二だもん。

一括0円が出てきても状況は変わりません。iPhone SEの端末代金が0円になったとしても、MVNOの方が安いですから。

さっき数字を出して説明したとおりですが、iPhone SE はキャリアとの契約は損です。こんなお得感ゼロのプランなら、キャリアと契約することはありませんよね?

iPhone SE は値段設定を考えても売れるとは思えないので、iPhone 5c の二の舞いになると予想しています。

すぐ「一括0円 + キャッシュバック」でバラまかれるはずなので、慌てて購入しないほうがいいですよ。

キャリアの場合、「一括0円 + キャッシュバック」がついて始めて、「SIMフリー + MVNO」よりお得になるんだから、両方がないなら、2年縛りまで付けてキャリアと契約するなんて馬鹿げてます。

更新時期の方は

docomoの方なら、iPhone 5sなどの既存の機種で我慢してMVNOで安く運用しましょう。で、iPhone SE が「一括0円 + キャッシュバック」でばら撒かれるタイミングを待ちます。

auやソフトバンクの方は、「iPhone SE SIMフリー + MVNO」へ乗り換えるのがオススメです。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!