Apple SIMは使えない・・iPhoneはダメ

日本でも発売されました。Apple Storeに行けば600円で売っているようです。

実は急遽17日からイタリアへ行くことになり、17日14時のフライトだったので成田空港へ向かうNEXの中でGoogleアナリティクスを見ると、9月30日に書いたエントリーが回っています。ネットのニュースを見たら、Apple SIMが日本で発売されたのですね。

Apple SIMってどんな?
日本ではいまいち盛り上がっていないApple SIMですが、みなさまご存知でしょうか? アメリカでCellularモデルのiPad A...

過去のエントリーなので、しかもまだ日本で発売されていないものだったこともあるので、最新の情報を追加します。

Apple SIMとは?

Appleのサイトを見れば、こうなふうに書かれています。

Apple SIM

海外旅行中にApple SIMを使えば、提携している通信事業者の携帯電話データプランをあなたのiPad上で選べます。

Apple SIMは、iPadの一部のWi-Fi + Cellularモデルに対応しており、ほとんどのApple Storeの店舗でご要望に応じて購入できます。目的地に到着してからEメールをチェックしたり、経路を調べたり、日本にメッセージを送りたい時は、Apple SIMを手に入れましょう。1日でも1週間でも1か月でも、滞在期間に合わせた携帯電話データプランを購入できるようになります。

Appleのサイトを額面通り受け止めれば、Apple SIMを入れておけば、様々な国を渡り歩くとき、物理的なSIMカードを入れる手間を省くことができます。

空港で入国審査をしている最中に、現地のプリペイドSIMと契約することができればめっちゃくちゃ便利ですよね。しかも世界90ヶ国以上の国でのデータプランから選択できるのです。

こんな謳い文句通りに使えるのでしょうか?

Apple SIM

iPadでしか使えない点、データ通信プランしかない点、現地のプリペイドSIMと値段の比較を中心に検証してみます。

iPadでしか使えない点

セルラー版「iPad Pro ・ iPad Air 2 ・ iPad mini 3 ・ iPad mini 4」のみ利用可能です。最新機種しか対応してません。。

わたしの持っている「iPad Air」は対象外・・

Appleは機種を少し切り捨てるの早くないですか?CPUはiPhone 5sと同様にApple A7を搭載してますから、まだまだiPad Air 快適に使えるんですけどね 怒

iPhone6も対象外

海外で外出するときにiPadを持って行かないですよね?デカすぎます。ポケットに入るiPhoneを持って行って、出先でGoogleマップを見たりすると思うんです。

一番需要あるのはiPhoneのはずなのですが・・

海外で通話はいらないけど、データ通信したいっていうケースが一番多いですよ。

データ通信プランしかない点

Apple SIMは、データ通信のみです。通話はできません。

この点は、割り切っていていいと思います。実際、わたくしも海外ではデータ通信のプリペイドSIMをスマホに入れて運用してますから。

通話する場合は?

データ通信SIMならhangoutSkypeが使えるので、全く問題ありません。仕事で通話も多いという方は、通話付きのプリペイドSIMを購入しましょう。そんなに高くないです。

イタリアのTIMというプリペイドSIMなら、30ユーロで100分のイタリア国内通話とSMS、4GBのデータ通信が使えて30日間有効です。

イタリアでプリペイドSIMを購入する!TIMがおすすめ!
17日から急遽イタリアへ来ることになり、イタリアからブログを書いております。 出発前にホテルの予約をしたのですが、イタリアのホテルって...

現地のプリペイドSIMと値段の比較

日本ではそんなに高くないです。auのネットワークを使い、1GB 1500円なのでプリペイドSIMとしては許せる金額ですよね。

でも海外で使う場合、GigSkyのネットワークに繋がるとなるとめちゃくちゃ高い金額を請求されます。

GigSkyのネットワークがどのくらい高いかというと、目ん玉飛び出るくらいの金額です。

例えば、アメリカで使う場合、500MBで約6000円。2GB使ったら24000円・・・

怖くて使えないですよね?

現地のプリペイドSIMなら安い

イタリアで使ってるTIMのプリペイドSIMはデータ通信プランなら、5GBで24ユーロです。

ヨーロッパの国をまたいで使うなら、Vodafoneの「SmartPassport」がおすすめ。国をまたいでローミングして使えるから、設定をいじる必要もないし、1日3ユーロで500MBまでのデータ通信が可能です。2週間使っても、42ユーロですからね。

開通作業は?

以前海外でSIMフリーの端末で現地のプリペイドSIMを使う場合、一番大変だったのは開通作業、つまりアクティベートが大変でした。

日本語でできるわけでもなく、現地の言葉でAPN設定をするのは一苦労です。

でも最近の状況は変わりつつあります。

イタリアのTIMのプリペイドSIMを例にすると、開通作業は特段ありませんでした。ショップで購入したSIMカードをスマホ本体に挿せば、1時間後にSMSが届いてそのまま開通です。Android端末でもiOS端末でも同じ動きでした。

Apple SIMのメリット

全く無いですよね?

iPhoneで使えない時点でアウト。

ただし、一度最新版のiPadでアクティベートするとiPhoneでも使えるという情報もあるので、日本に帰ったら友人のiPad mini4で試してみます。

最近はどの国に行っても空港でプリペイドSIMが購入できるのに、Appleは何がしたいのでしょうね?

どんなときに使うのか想像してみた

早朝や深夜に空港について、ショップが閉まっている時に、街中でプリペイドSIMを購入するまでのつなぎくらいでしか使う機会なさそうです。

しかも最新のiPadも持っていることが前提で、テザリングしてiPhoneを使うわけですから。使い勝手も最悪。

最新のiPadでしか使えないというユーザーの事考えてない時点で、iPad Pro同様普及しなそう・・

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!