日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

「macOS Sierra」のインストールをためらってるあなたへ!

Apple Mac テクノロジー
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

「macOS Sierra」のインストールをためらっている方も多いと思います。

だって不具合出たら嫌だし、アプリが動かなくなったら困るし、特にAdobe CSシリーズはインストールできないようだしね。

とはいえ、Mac使いの方は「macOS Sierra」の新機能も試してみたいと思っている方も多いはず。

わたくしの事務所には動作検証機のiMacがあるので、昨日、「macOS Sierra」を動作検証機のiMacへインストールしました。

「macOS Sierra」はクリーンインストールすべし!
macOS Sierra が正式にリリースされました。 6月13日にWWDC2016の基調講演で発表されて、7月8日からmacOS Sierra のパブリックベータ版もリリースされていました。 わたくしも、サブマシンの「...

ぶっちゃけ、Siriが搭載されたこと以外、El Capitanとの違いはあまりありません。これ完全にマイナーアップデートですよ。

OSの名称は、「OSX」から「macOS Sierra」って大きく変わったのに、中身はマイナーアップデートという、なんとも言えない感じがします。

iPhone7だって、2016年って本来は2年毎のメジャーアップデートの年なのに、マイナーアップデートでしょ?

なんだか2016年のAppleはサボってる感がハンパなくてガッカリしました。

スポンサーリンク

アップグレードで使えないアプリケーションへの対応

新OSが登場した場合、一番困るのは、アップグレードで使えなくなるアプリケーションへの対応です。Appleは、過去のアプリケーションを容赦なく切り捨てますからね。

わたくしが、気になっていた点は以下の2つです。

  • Gatekeeper
  • Java6

Gatekeeper

Gatekeeperが搭載されることで、マルウェアや不正アプリからMacを保護するという名目のもと、開発元の確認ができないアプリは、Macにインストールできなくなります。要するに、個人レベルで開発しているアプリは使えなくなるということです。

OS X:Gatekeeper について

ソフトウェアの開発者はAppleから固有のDeveloper IDを取得でき、自分が作ったアプリケーションにこのIDを使って電子署名を加えることができます。GatekeeperはこのDeveloper IDをもとに、マルウェアの開発者が作ったアプリケーションをブロックし、アプリケーションが改ざんされていないことを確認します。もしそのアプリケーションがDeveloper IDを持っていない未知の開発者によって作られたものである場合、GatekeeperはそれをインストールできないようにしてMacを保護します。

Appleは「開発元の確認ができないアプリ」をすべて排除するわけではありません。インストールする方法があるので紹介します。

以下の方法で「開発元の確認ができないアプリ」をインストールした場合、マルウェアに利用されるリスクもあるので気をつけてくださいね。

Appleの「Gatekeeper」が破られる恐れ、マルウェアに利用も

右クリックでアプリを開く

アプリを右クリックで開きます。一度開いてしまえば、次からはそのまま開きます。

Gatekeeper

コマンドで対応

以下のコマンドを入力することで、「すべてのアプリケーションを許可」オプションが復活します。コマンド入力はよく分からんという方は、「右クリックでアプリを開く」でやってください。

「すべてのアプリケーションを許可」オプションを復活
sudo spctl –master-disable

「すべてのアプリケーションを許可」オプションを表示しない
sudo spctl –master-enable

Java6

「macOS Sierra」では、Java6が利用できなくなります。ということは、Adobe CSシリーズが使えなくなるのです。

Java6って、Oracleが2013年にサポートを打ち切っているので、今まで使えていたのがセキュリティ的にはNGだったんですけどね。

Appleも、OS X 10.11 El Capitanが最後のJava6をサポートするOSということは、公式にアナウンスしていました。

わたくしは、Photoshop CS 5.5とIllustrator CS 5.5が使えなくなるので、代替ソフトを探さねばと思っていました。が、裏技があるというニュースが飛び込んできました!

Photoshop と Illustratorに限って言えば、動作にJavaを使っておらず、アプリケーションの起動時に、Java6が存在していることを確認しているだけとのこと。なので、Java6のディレクトリを用意するだけで、Photoshop CS6、Illustrator CS6の起動や動作は問題なくできるのです。

↓詳しいやり方です。

「macOS Sierra」でAdobe CSシリーズを使う方法
macOS High Sierra でもAdobe CSシリーズは、以下の手順で使えます! macOS Sierraは、Java 6のサポートをしておりませんので、El Capitanから、macOS Sierraにアップデートす...

「macOS Sierra」の新機能

気になった新機能を紹介します。

  • Siri
  • ユニバーサルクリップボード
  • Apple Watchで自動ロック解除
  • Macの空き容量を最適化する「Optimized Storage」
  • デスクトップのファイルもiCloud Driveへ自動保存

Siri

「macOS Sierra」では、「Hey Siri」で立ち上がりません・・・
Siriのアイコンをクリックしなければ立ち上がらないって、微妙だわ。Chromebookは「OK Google」で立ち上がりますからね。

あと音声認識が甘いので、何度も聞き返されてしまう点もイマイチ。

Siriは、機能面も性能面もGoogle音声検索と比較すると、1世代以上遅れている感じですね。

ユニバーサルクリップボード

ユニバーサルクリップボード

MacとiOS間で、コピペが共有できるというものです。

端末が同じApple IDでログインしていればOK。

↓対応している機種

  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Pro(2012以降)
  • MacBook Air(2012以降)
  • Mac mini(2012以降)
  • iMac(2012以降)
  • Mac Pro(Late 2013)

Apple Watchで自動ロック解除

Apple Watchで自動ロック解除

Apple Watchを常に身につけている人には、便利な機能ですが、全員持っているわけじゃないでしょ?しかもMid 2013以降のMacじゃないと対応しないって・・

Chromebookですら、Androidと連動して自動ログインできますからね。

個人的には、Apple Watchじゃなくて、iPhoneで自動ロック解除ができればよかったです。

↓対応している機種

  • MacBook (12-inch, Early 2015)以降
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)以降
  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2013)以降
  • MacBook Air (13-inch, Mid 2013)以降
  • MacBook Air (11-inch, Mid 2013)以降
  • Mac mini (Late 2014)以降
  • iMac (27-inch, Late 2013)以降
  • iMac (21.5-inch, Late 2013)以降
  • Mac Pro(Late 2013)

Macの空き容量を最適化する「Optimized Storage」

MacBookとかストレージが小さな機種をメインにしている方にとっては、便利な機能だと思います。

でも、わたくしのiMac 27inch 2013 は、3.11TBのFusion Driveを搭載してるから、空き容量で心配することはまずありません。

空き容量に不安のない機種をお使いなら、「Optimized Storage」は、無効にした方がよさそうです。

Optimized Storage

オンラインストレージの使い勝手や利便性をiCloudとDropboxやGoogleドライブと較べた時、iCloudの使い勝手はイマイチですから。

勝手にiCloudにアップロードされて、Mac本体から自動でファイルが削除という動作は、あまり信頼できないですね。

デスクトップのファイルもiCloud Driveへ自動保存

デスクトップに安易にファイルを置けなくなりますね。まあショートカットを置いておけば良いのです。
ちなみに、デスクトップにショートカットを置いた場合、iCloud Driveの中にショートカットが表示されない点は褒めておきましょう。

でも、iCloud Driveの無料で使えるストレージは、5GBまで。しかもiPhoneのバックアップも含めた容量です。

Googleのように15GBまで無料でも良いんじゃない?

まとめ

「macOS Sierra」へのアップグレードを検討している方は、使えなくなるアプリが出てくるかどうかを、事前にチェックしておいたほうが良いですよ。

特に、Appleがアナウンスしているように、Java6を使ったアプリを使っている方は、基本的に使えなくなります。

例外はAdobe CSシリーズです。

Java6を使っていますが、先ほど紹介したとおり、裏技で使えるので、わたくしは安心しました。

↓もしアップグレードするなら、クリーンインストールがオススメですよ。

「macOS Sierra」はクリーンインストールすべし!
macOS Sierra が正式にリリースされました。 6月13日にWWDC2016の基調講演で発表されて、7月8日からmacOS Sierra のパブリックベータ版もリリースされていました。 わたくしも、サブマシンの「...
macOS SierraのBoot Campに、Windows7を新規インストールしてみた!
Boot CampにWindows7やWindows8が新規インストールできるようになりました。 macOS Sierraがリリースされた当初、Boot Campには、Windows10しか新規インストールができませんでした。完全にW...
macOS Sierra 10.12.3 で不具合が出た・・・対処方法教えます!
macOS Sierra 10.12.3が登場しました。 ようやく新型MacBook Proのグラフィックスの不具合が修正されたようです。あとはカーネルの脆弱性も修正された模様。 About the macOS Sier...
タイトルとURLをコピーしました