macOS Sierra 10.12.3 で不具合が出た・・・対処方法教えます!

macOS Sierra 10.12.3

macOS Sierra 10.12.3が登場しました。

ようやく新型MacBook Proのグラフィックスの不具合が修正されたようです。あとはカーネルの脆弱性も修正された模様。

About the macOS Sierra 10.12.3 Update

  • 新型MacBook Pro(15インチ)での自動切替グラフィックスを向上させます。
  • タッチバー(13-と15インチ、2016年10月)でのMacBook ProにはAdobe Premiere Proのプロジェクトをエンコードする際にグラフィックの問題を解決します。
  • プレビューでスキャンしたPDF文書の検索をできない問題を修正しました。
  • 暗号化を有効にしてエクスポートされたPDF文書との互換性の問題を解決します。
  • 正しくデジタルカメラから画像をインポートするから、いくつかのサードパーティアプリケーションを防止問題を修正しました。

セキュリティ関連のアップデートも含まれていますので、すぐにでもアップデートすることをオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

macOS Sierra 10.12.3へアップデートして、不具合がなくサクサク動くのか?

アップデートするときに一番悩むのは、アップデート後に不具合がないかということですよね?

わたくしは、昨日 macOS Sierra 10.12.3へアップデートをしましたが、今のところ不具合はなさそうです。

次に悩むのは、アップデートしてサクサク動くのかどうかということです。

最新スペックのMacを使っているなら、macOS Sierra 10.12.3へアップデートして、全く問題なくサクサク動きます。

でも古いMacを使っていると、macOS Sierraの動作がめちゃ重い場合がありますよね?また、Mac OSX El Capitan 10.11から上書きアップデートして、macOS Sierra 10.12.3を使っている場合、Macのスペックによっては、OSの動作がめちゃ重かったりするはずです。

クリーンインストールをすればサクサク動くことはわかっているけど、クリーンインストールは時間もかかるし、面倒という方も多いと思いはず。

今日のエントリーは、重くなったmacOS Sierraをサクサク動かす設定を紹介します。

Macが重くなったらやること!

不具合が起きたら、「PRAMクリア」「SMCリセット」をまず行ってください。「PRAMクリア」「SMCリセット」で、不具合が解消されてMacの動作が軽くなる場合があります。

その後、「Macの設定の見直し」でMacをサクサク動かしていきましょう。

手順は次のとおりです。

  1. PRAMクリア
  2. SMCリセット
  3. メモリ容量の確認
  4. ハードディスク・SSDの空き容量を増やす
  5. Macの設定の見直し

1. NVRAM(PRAM)クリア

NVRAM(PRAM)とは、Macに内蔵されているメモリで、ハードウェアに関する情報を記憶しています。
Macの種類によって記憶している情報は異なりますが、「音量」「画面解像度」「選択されている起動ディスク」「カーネルパニックの情報」などが記憶されています。

NVRAM(PRAM)クリアを行うことで、ハードウェアに関する情報を一度リセットできるので、不具合が解消されることがあります。

  • Macの電源ボタンを押したら、「command」+「option」+「P」+「R」を同時に押し続けます
  • Macが再起動して、2回めの起動音が鳴るまで、キーは押したままにします。

 2. SMCリセット

SMC(システム管理コントローラ)とは、Macの電源関係を処理しています。

「バッテリーが充電されない」「ACアダプタを認識しない」「FANがフル回転する」などの不具合が出たら、SMCリセットで解決することがあります。

↓ノート型のMacとデスクトップ型のMacでSMCリセットの方法は異なります。

ノート型のMac

  1. Macの電源を落としたら、MagSafe 電源アダプタをコンセントに接続する。
  2. 「shift + control + option」キーを押しながら、電源ボタンを押す
  3. すべてのキーを放して、再度、電源ボタンを押して Macの電源を入れる。

デスクトップ型のMac

  1. Macの電源を落としたら、電源コードを外す。
  2. 15秒間待って、再度電源コードをつなぐ
  3. 5秒間待って、電源を入れる

3. メモリ容量の確認

macOS Sierraは立ち上がっただけで、1.5GB近くのメモリを消費します。その後、Safariやメールアプリを立ち上げただけで、メモリの消費量は2GBを超えます。

なので、macOS Sierraを動かすには、最低4GBのメモリが必要です。できれば8GBのメモリがあると快適です。

4. ハードディスク・SSDの空き容量を増やす

Macに内蔵されているハードディスク・SSDの空き容量を確認してください。

空き容量が、全体の1/3を下回ったあたりから、徐々にMacの動きは遅くなります。
空き容量が10%以下しかないと、もう激遅ですよ。

空き容量が少なくなった場合、データをMacから外付けハードディスクに移動して、Macのデータを削除するするというのは、あまりオススメしていません。

外付けハードディスクが壊れたら、データの復元できなくなりますからね。

MacBook Airをお使いで、内蔵ハードディスクやSSDの容量が小さい場合、大容量のmicroSDを購入しましょう。で、内蔵ストレージからmicroSDに大きなデータを移すことをオススメします。

MicroSDと、オンラインストレージ(DropboxやGoogleドライブ)を同期させておけば、データのバックアップは自動化されますからね。

5. Macの設定の見直し

お待たせしました。macOS Sierraの動作を軽くする設定方法です。

「Siriを有効にする」をオフに

macOS SierraからMacでもSiriが使えるようになりましたが、「Hey Siri」で反応しないので、わたくしは全然使っていません。

Siriの検索結果もGoogleに比べると、全然賢くないです。

なので、macOS Sierraの動作が重かったら、迷わずオフにしましょう。かなり動作は軽くなるはず。

「Siriを有効にする」をオフに

  1. 「システム環境設定」→「Siri」
  2. 「Siriを有効にする」をオフに

「Spotlight」をオフに

Spotlight検索が必要ない方はオフにしましょう。

「Spotlight」をオフに

  1. 「システム環境設定」→「Spotlight」
  2. 「Spotlight検索結果に表示される項目」の全てのチェックを外す
  3. 「調べるでSpotlightの検索候補を許可」のチェックを外す

FileVaultを無効に

FileVaultは内蔵ストレージに暗号化をかけるというものなんだけど、結構不具合があるようです。FileVaultが有効になっている方は、無効にするだけで、サクサク動くようになるはず。

FileVaultを無効に

  1. 「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「FileVault」
  2. 「FileVault」を無効にする

「通知」をオフに

IOSの動きが重いのであれば、通知もオフでいいと思います。

「通知」をオフに

  1. 「システム環境設定」→「通知」
  2. アプリケーションの通知で、不要な通知をオフにします。

「Dockのエフェクト」をオフに

無駄なグラフィックメモリを食うだけなので、オフにしましょう。

「Dockのエフェクト」をオフに

  1. 「システム環境設定」→「Dock」
  2. 「Dockのエフェクト」をオフに

ログイン項目を見直す

ログイン時に自動で立ち上がる項目です。不要な項目はオフにしていいと思います。

ログイン項目を見直す

  1. 「システム環境設定」→「ユーザとグループ」→「ログイン項目」
  2. 不要なものを削除

macOS Sierra のクリーンインストール

上記を全て試したけど、まだmacOS Sierraの動きが遅いという場合、クリーンインストールをするとOSの動作が改善します。

クリーンインストールをするには、データのバックアップ、アプリの再インストールなどが必要なので、必ず手順を踏んで行ってくださいね。

詳しいやり方は、以前のエントリーに詳しく書いたので、良かったら参考にしてください。

macOS Sierra が正式にリリースされました。 6月13日にWWDC2016の基調講演で発表されて、7月8日からmac...

まとめ

以上、macOS Sierraの動作を軽くする設定方法を紹介しました。

クリーンインストールをしなくても、設定だけで、かなりmacOS Sierraの動作は軽くなります。是非お試しください。

MacのOSは2年以上使っていると、最新機種でも動作は遅くなりますからね。定期的にクリーンインストールを行うことをオススメします!

「macOS Sierra」のインストールをためらっている方も多いと思います。 だって不具合出たら嫌だし、アプリが動かなくなったら困る...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!