iOS10.3 がリリース!APFSで不具合が出たときの対処方法

ようやくiOS10.3がリリースされました。

iOS10.3

今回のアップデートでは、OSのファイルシステムが、Hierarchical File System Plus (HFS+) からApple File System (APFS) に書き換えられることになります。

Apple File System (APFS) については、以前のエントリーを参照してください。

iOS10.3で採用されるApple File System (APFS) とは?
そろそろiOS10.3がリリースされます。 iOS10.3では、Apple File System (APFS) という新しいOSのフ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS10.3へアップデートする前にバックアップする

ファイルシステムが、HFS+ から APFS になるので、アップデート後に不具合が出る可能性が非常に高いです。しかも、上書きアップデートですからね。

必ず「iCloudバックアップ」か「iTunesバックアップ」を取ってから、アップデートをします。

iOS10.3へアップデートする前のバックアップ方法については、以前のエントリーに詳しく書きましたので、よかったら参考にしてください。

iOS10.3へアップデートする前に準備すること
3月中にiOS10.3がリリースされる予定です。 iOS10.3の特徴は、OSのファイルシステムが、Hierarchical File...

iOS10.3へアップデートして動作が重くなった際、サクサク動かす設定

iOS10.3へアップデートしたらiPhoneの動作が重くなってしまった方も多いと思います。

iPhoneをサクサク動かす設定を紹介します。

「視差効果を減らす」をオン

視差効果とは、ホーム画面に奥行きをもたせる効果です。デフォルトでは、「視差効果を減らす」がオフになっており、余計なグラフィックメモリを使っています。「視差効果を減らす」をオンにすることで、iPhoneの動きは軽くなります。

視差効果を減らす

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオンに

「Siri」をオフに

「Siri」をあまり使っていない方は、迷わず「Siri」をオフにしてください。効果は絶大で、iPhoneはサクサク動くようになります。

Siri オフ

  1. 「設定」→「Siri」を開く
  2. 「Siri」をオフに

「Siriの検索候補」をオフ

Googleに比べると全然賢くないので、迷わずオフにします。

Siriの検索候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「Siriの検索候補」をオフに

「検索の候補」をオフ

iOS10からの新しい機能ですが、使い勝手は良くないのでオフにします。

検索の候補

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフに

「”調べる”の候補」をオフ

賢くないので、オフにして全く問題ありません。

「”調べる”の候補」

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフに

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

使用頻度の高いアプリ以外はオフで構いません。SNSアプリは、オフにすると通知が来なくなるので、オンのままにしておきましょう。

Appのバックグラウンド更新

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

クリーンインストールでサクサク動かす

先ほど紹介した設定を試してみても、まだiPhoneの動作が重い場合、残された方法は、クリーンインストールしかありません。

特に、iPhoneを購入して1年以上経過している場合、購入時と比べて明らかに遅くなっているはずです。次期iOSが登場する9月まで半年ありますので、この機会にiOSのクリーンインストールを行ってみてはいかがでしょうか?

クリーンインストールの流れ

  1. PCを持っていれば、iTunesバックアップを取る
  2. PCを持ってなければ、iCloudでバックアップを取る
  3. iPhoneを初期化する
  4. iPhoneをバックアップから復元する

PCをお持ちでない方は「iTunesバックアップ」の代わりに、「iCloudバックアップ」を取ります。iCloudバックアップでは、「写真」「iCloudメール」「連絡先」「カレンダー」「リマインダー」「Safariのブックマーク」「メモ」「キーチェーン」は復元できますのでご安心ください。

クリーンインストールの方法は、以前のエントリーに詳しく書きましたので、参照してください。

iOS10をクリーンインストール!カクカクしたiPhoneの方は必見ですよ
iOS10へアップデートしたけど、iPhoneの動きがカクカクしている人も多いと思います。 先日のブログでは、上書きアップデートで重く...

iOSのシェア

2017年2月20日のデータによると、iOS10のシェアは79%。iOS9のシェアが16%です。

iOS シェア

iOS10とiOS9で95%のシェアなので、Appleの開発者は最新OSの開発やバグの修正に集中することが可能です。ユーザーにとっても、不具合の少ないOSを使えるというのは、メリットですよね。

Androidのシェア

2017年3月6日のデータを見ると、Android 7のシェアは、わずか2.8%。低すぎでしょ・・・

Android シェア

シェアトップはAndroid5.0と5.1で32.5%。2位がAndroid6.0で31.3%。3位がAndroid4.4 Kitkatで20.8%。4位がAndroid4.1以降のJelly Beanで10.6%。5位がAndroid7.0と7.1で2.8%。

Nexus 5XでAndroid7.1.1を使っていますが、使い勝手はいいんですよね。
なのにAndroid 7のシェアが2.8%というのは、アップデートできる端末が限られていることと、アップデート時期が端末によってバラバラなことが原因です。

まとめ

以上が、iOS10.3へアップデートした際の不具合に対処する方法です。

今回のiOS10.3は、ファイルシステムが HFS+ から APFS へ変わります。不具合が出る可能性が非常に高いので、バックアップはしっかりと準備してから、iOS10.3へアップデートすることをオススメします。

iOS10.3で採用されるApple File System (APFS) とは?
そろそろiOS10.3がリリースされます。 iOS10.3では、Apple File System (APFS) という新しいOSのフ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!