iOS12.1.4がリリース!アップデートして不具合が出た際の対処方法!

iOS12.1.4がリリースされました。

今回のアップデートは、セキュリティ問題の修正がメインです。
一刻も早くアップデートした方がいいことは言うまでもありませんが、iOS12.1.4へアップデートして動作が遅くなってしまった方もいると思います。

今日のエントリーは、iOS12.1.4へアップデートして不具合が出た際の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS12.1.4はFaceTimeのグループ通話機能の不具合が修正される

iOS12.1.4に新機能はなく、FaceTimeのグループ通話機能の不具合が修正されました。

FaceTimeのグループ通話機能には、受信者が応答する前から、受信者の音声が発信者に聞こえてしまう不具合があり、Appleは、FaceTimeのグループ通話機能の使用を停止していました。

iOS12.1.4のアップデート前に行うこと

iOSのバックアップは必須です。

「iCloudバックアップ」「iTunesバックアップ」どちらでも構いませんので、お使いの環境にあった方法でiOSのバックアップを取ってください。

iOSを丸ごとバックアップする場合、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。 一体何が違うのでし...

iCloudバックアップ

iCloudバックアップは、パソコン不要でWi-Fiさえあれば、iPhone本体だけでバックアップが取れます。iPhone内の写真・データ・アプリは、ほぼ全てバックアップできますのでご安心ください。

  • 設定→ユーザー名→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成
今日のエントリーは、iCloudバックアップを作成する方法を紹介します。 iPhoneやiPadは、iCloudバックアップを有効にし...

iCloudバックアップが作成できない時

iCloudバックアップの保存先は、iCloudになります。無料で使えるiCloudは5GBまでのため、iPhone本体に写真や動画がたくさんあると、iCloudバックアップは作成できません。

iCloudストレージを購入したくない方は、iCloudバックアップ項目から、フォトライブラリを除外すれば、iCloudバックアップの容量が5GB以下となり、iCloudバックアップを作成できるようになります。

iCloudバックアップの項目から、写真アプリの項目を外す

  • 設定→ユーザー→iCloud→ストレージを管理→バックアップバックアップを選択→バックアップするデータを選択→フォトライブラリを外す

より詳しいやり方は、以下のエントリーに詳しく書きましたのでご覧いただければと思います。

今日のエントリーは、iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができないときの対処方法を紹介します。 紛失に備えて、...

iTunesバックアップ

iTunesバックアップは、PC本体にバックアップを作成します。保存先がPCなので、iPhoneの容量は気にせずバックアップが作成できます。

今日のエントリーは、iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法を紹介します。 iTunesバックアップは、PCのストレー...

iOS12.1.4へアップデートする手順

iOSのバックアップを作成したら、次はiOS12.1.4へアップデートします。

2通りの方法があります。

  • Wi-Fiを使ってiPhone本体でアップデート
  • PCに繋いでiTunes経由でアップデート

今回はマイナーアップデートですので、Wi-Fiを使ってiPhone本体でアップデートを行います。以下手順です。

  1. 「設定」から「一般」をタップ
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 「ダウンロードとインストール」をタップすれば、iOS12.1.4へアップデートが始まる

iOS12.1.4へアップデートする手順

iOS12.1.4へアップデートして不具合が出た際の対処方法

iOS12.1.4へアップデートしたら、iPhoneの動作が遅くなるといった不具合が出たらiOSの設定を見直してください。iPhoneは快適に動作するようになります。

詳しいやり方を紹介します。

「視差効果を減らす」をオン

「視差効果を減らす」をオンにするだけで、iPhoneは快適に動作します。

iOSのデフォルトの設定では、視差効果が有効なので、無駄なグラフィックメモリを消費しています。視差効果についてはAppleのサイトの説明を引用します。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。

「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

「視差効果を減らす」をオンにすると、「メッセージエフェクト自動再生」をオフに変更できます。iMessegeのエフェクトの自動再生がオフになるので、無駄なメモリを消費せずに、遅くなったiPhoneが快適に動くようになります。

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン
  3. 「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

画面をタップした際の反応速度を上げるのであれば、「透明度を下げる」をオンにします。

「透明度を下げる」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

Siriを使ってない方は、オフにしましょう。
SIriを使っている方は、無理にオフにせずにオンのままで大丈夫です。

「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ
  4. 「ロック中にSiriを許可」をオフ

ただし、iPhone 6やiPhone 5sを使っている方は、スリープ状態から音声でSiriが立ち上がりません。外出先ではホームボタンを長押しでSiriを使っているという方は、「Hey Siriを聞き取る」はオフ、「ホームボタンを押してSiriを使用」はオンにすると使い勝手はそのままで、iPhoneの動作は快適になります。

「検索の候補」をオフ

ホーム画面を右にスワイプすると「検索の候補」が表示されます。
使っていなければ「検索の候補」はオフにしましょう。

「検索の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフ

「”調べる”の候補」をオフ

ブラウザやアプリで、調べたい単語を長押しすると「調べる」が表示されます。
使っていなければ「”調べる”の候補」はオフにしましょう。オフにしても、単語を長押しすると「Webを検索」が表示されますので、使い勝手はあまり変わりません。

「”調べる”の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで更新が不要のアプリは、個別に「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。
オフにすると通知は来なくなるので、SNSのアプリはオンにしておいた方がいいですね。

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOSのクリーンインストール

iOSの設定を見直してもiPhoneの動作が遅い場合、残る手段はiOSのクリーンインストールとなります。
クリーンインストールを行えば、iPhone 6でも快適に動作するようになりますよ。

クリーンインストールのやり方は、以前のエントリーを参考にしてください。

今日のエントリーは、iOS12をクリーンインストールする方法を紹介します。 クリーンインストールというと手間がかかって面倒に感...

バッテリーの消費が激しくなった際の対処方法

バッテリーの消費が激しいときは、以下の設定を行ってください。

  • Wi-Fiを使わない時・・・設定→Wi-Fi→オフ
  • Bluetoothを使わない時・・・設定→Bluetooth→オフ
  • AirDropを使用しない時・・・設定→一般→AirDrop→受信しない
  • バッテリーの残量が減ってきた時・・・設定→バッテリー→低電力モード→オフ

iOS12のシェア

2019年1月1日のiOS12のシェアを見てみます。

iOSのシェア

iOS12が75%、iOS11が17%、以前のバージョンが8%となっており、多くのユーザーは、iOS12へアップデートしていることが分かります。

さいごに

以上、iOS12.1.4へアップデートして不具合が出た際の対処方法を紹介しました。

iOSの設定を見直すことで、iPhoneの動作は快適になります。動作が遅くなってしまった方は、ぜひお試しください。

iOSの設定を見直しても動作が改善しない場合、iOSのクリーンインストールを行うことをオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク