iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができないときの対処方法!

iCloudバックアップ

今日のエントリーは、iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができないときの対処方法を紹介します。

紛失に備えて、iPhoneのバックアップの自動化は必須です。
iPhoneのバックアップを自動化するには、iCloudバックアップを有効にすればOK。Wi-Fi環境があれば、定期的に自動でバックアップがiCloudに作成されます。

ところが、無料で使えるCloudの容量は5GBなので、iPhone内に写真やビデオがたくさんあると、iCloudの容量不足でiCloudバックアップは作成されません。iCloudストレージに課金すればiCloudバックアップはできますが、バックアップは無料でしたい方も多いはず。

今日の記事を読めば、iPhone内にたくさん写真や動画があったとしても、iCloudに課金せずにiPhoneのバックアップを行うことが可能です。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができないときの手順

iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができないときは、iCloudのバックアップ項目からフォトライブラリを除外します。

要するに、iCloudバックアップの容量を5GB以内にすればいいのです。フォトライブラリを除外しても5GBに収まらない場合は、クラウドのアプリや、サーバーにデータが残っているSNSをバックアップ項目から外せば、5GB以内に収まるはずです。

以下手順を紹介します。

  1. 設定→①Apple ID→②iCloud→③ストレージを管理→④バックアップ→⑤iPhoneを選択→⑥バックアップする項目を選択 (フォトライブラリをオフ)
  2. バックアップする項目から、フォトライブラリを除外
  3. フォトライブラリを除外しても5GBに収まらなければ、その他のアプリをバックアップ項目から除外

1. 設定→①Apple ID→②iCloud→③ストレージを管理→④バックアップ→⑤iPhoneを選択→⑥バックアップする項目を選択 (フォトライブラリをオフ)

設定はかなり深いので、画像で紹介します。

設定→①Apple ID→②iCloud

設定からiCloudに進む

③ストレージを管理→④バックアップ

iColudのストレージを管理

⑤iPhoneを選択→⑥バックアップする項目を選択 (フォトライブラリをオフ)

バックアップ項目からフォトライブラリを除外

2. バックアップする項目から、フォトライブラリを除外

バックアップする項目から、フォトライブラリを除外してください。
ほとんどのユーザーは、フォトライブラリを除外すれば、iCloudバックアップは5GB以内に収まります。

3. フォトライブラリを除外しても5GBに収まらなければ、その他のアプリをバックアップ項目から除外

どうしても収まらない方は、以下をバックアップ項目から外してください。

  • クラウド系のアプリ
  • サーバーにデータが残っているSNS
  • 使わないアプリ

写真のバックアップはどうするの?

iCloudのバックアップ項目からフォトライブラリを除外すると、当然ですが写真やビデオはiCloudにバックアップされません。

iPhoneを紛失してしまうと、写真を復元することはできなくなってしまいます。

もちろん、定期的にPCにiPhoneの写真のバックアップを取っていれば写真は手元に残りますが、PCとiPhoneをLightningケーブルで接続しなければならないので、面倒くさいです。手動のバックアップの場合、だんだん頻度が低くなり、最終的には、ほぼ確実にやらなくなります。

Googleフォトでバックアップすべし

ということで、iPhoneの写真とビデオは、Googleフォトでバックアップを取ることをオススメします。
ネットワークに繋がっていれば、iPhoneの写真やビデオは、自動的にGoogleフォトにバックアップされます。
ネットワークの設定は、デフォルトではWi-Fiに繋がっている時にGoogleフォトへバックアップされますが、LTE経由でバックアップする設定も可能です。こちらを選択しておけば、旅行先でiPhoneを紛失した場合でも、LTEに繋がっていれば、旅行先で撮影した写真がGoogleフォトにバックアップされます。

Googleフォトでバックアップする手順

以下の手順で行ってください。

  1. iPhoneにGoogleアプリをインストール
  2. 定期的にGoogleフォトを開けばバックアップされる

Googleフォトのバックアップ設定は、「高画質」「元の画像」の2種類あり

Googleフォトのバックアップ設定は、「高画質」「元の画像」の種類があります。

  • 高画質・・・目で見てもわからない範囲で圧縮されますが、Googleドライブの容量を消費しない。無料で容量無制限で使える
  • 元の画像・・・圧縮しないが、Googleドライブの容量を消費する

元の画像でバックアップする場合、無料で使う場合は15GBまでの容量制限があります。
15GB以上の容量が必要ならば、Googleドライブのストレージを購入してください。

iPhoneとAndroidの複数端末を所有している場合、それぞれの端末で撮った写真をどうやって管理していますか? それぞれのスマホを...

さいごに

以上、iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができないときの対処方法を紹介しました。

iPhoneに写真やビデオがたくさんある方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク