iPhoneのバックアップを自動でする方法

iPhoneのバックアップを自動でする方法

iPhoneのバックアップは、自動で行うことをオススメします。
バックアップを自動化しておけば、突然iPhoneがお亡くなりになっても、直前のバックアップから復元することが可能です。次のようなケースですね。

  • iPhoneが突然故障しても、直近の状態に復元できる
  • iPhoneを紛失しても、直近の状態に復元できる

今日のエントリーは、iPhoneのバックアップを自動でする方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iCloudバックアップが自動で行われる条件

iCloudバックアップが自動で行われる条件を紹介します。

  • iCloudバックアップの設定をオンに
  • iCloudのストレージにバックアップの空き容量があること
  • iPhoneがWi-Fiに接続されている
  • iPhoneが電源に接続されている
  • iPhoneがロック中

例えば、自宅にWi−Fiがある場合、iCloudバックアップをオンにして、iCloudのストレージにバックアップの空き容量があれば、就寝時にiPhoneを充電しておくだけで、自動でバックアップが作成されます。

iCloudバックアップを自動でする設定

以下のように設定しておけば、iCloudバックアップは自動で作成されます。

iCloudバックアップの設定をオンに

iCloudバックアップの設定をオンにしてください。
先ほど紹介した「iCloudバックアップが自動で行われる条件」が揃えば、iCloudバックアップは自動で作成されます。

  • 設定→①Apple ID→②iCloud→③iCloudバックアップ→④iCloudバックアップをオンに

設定→①Apple ID→②iCloud

設定からiCloudに進む

③iCloudバックアップ→④iCloudバックアップをオンに

iCloudバックアップをオンに

iCloudのストレージにバックアップを作成するための空き容量が必要

iCloudバックアップを作成するには、iCloudのストレージにバックアップを作成するための空き容量が必要です。

無料で使えるiCloudストレージは、わずか5GBです。
iPhone内にたくさんの写真やビデオがあるユーザーは、iCloudバックアップの容量が5GBを超えてしまうため、iCloudバックアップは作成できません。

バックアップを作成するための空き容量がない方は、以下どちらかの方法を行うことでiCloudバックアップが確実に取れるようになります。

  • iCloudに課金してストレージを増やす
  • バックアップ項目からフォトライブラリを除外する

iCloudに課金してストレージを増やす

iCloudに課金してストレージを増やせば、問題なくバックアップは作成できます。
以下、iCloudストレージの月額料金です。

  • 5GB・・・無料
  • 50GB・・・月額130円
  • 200GB・・・月額400円
  • 2TB・・・月額1300円

課金したくない方は、次の方法を行えば、無料でiCloudバックアップが作成できます。

バックアップ項目からフォトライブラリを除外する

iCloudバックアップの項目からフォトライブラリを除外すれば、iCloudバックアップの容量は5GB以下に収まります。5GB以下に収まれば、無料でiCloudバックアップが取れます。

バックアップ項目からフォトライブラリを除外する方法は、先日のエントリーに詳しく書きましたので、興味のある方は見てください。

今日のエントリーは、iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができないときの対処方法を紹介します。 紛失に備えて、...

iCloudバックアップを手動で行う方法

iCloudバックアップが自動で行われる条件が満たされないと、バックアップは自動で作成されません。

そんなときは、iCloudバックアップを手動で作成してください。以下手順です。

  • 設定→①Apple ID→②iCloud→③iCloudバックアップ→④今すぐバックアップを作成

今すぐバックアップを作成

iCloudバックアップでバックアップされる対象のデータ

以前はiTunesバックアップと比べると、iCloudバックアップでバックアップされる対象のデータは少なかったのですが、今はほとんど変わりません。iPhone内のほとんどすべてのデータをバックアップできます。

  • App データ
  • Apple Watch のバックアップ
  • デバイスの設定
  • HomeKit の構成
  • ホーム画面と App の配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ
  • iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
  • Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
  • 着信音
  • Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

引用 iCloud バックアップの対象となるもの

さいごに

以上、iPhoneのバックアップを自動でする方法を紹介しました。

きちんとiCloudバックアップを設定しておけば、自宅にWI-Fi環境がある方は、就寝時に自動でバックアップが取れるようになります。

iCloudバックアップを自動で作成する設定にしておけば、iPhoneの紛失や故障があっても同じ環境に復元できるので、必ず設定しておくことをオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク