iPhone XSは全然売れてないけど、iPhone XRは売れると予測してみる!

iPhone XS と iPhone XR

Apple Storeの在庫を見ると、iPhone XSはあまり売れてなさそうです。在庫余りまくってますので…
ニュースを見ても、iPhone XSは全然売れてないと書かれています。

そりゃそうだよね。高すぎます。iPhone XSは一番安い64GBモデルで121,824円 (税込み) 、AppleCare+の2年間の保証は24,624円 (税込み) なので、合計146,448円です。もはやMacBookと値段変わらないでしょ。
MacBookならば5年くらいは快適に使えますが、iPhoneは2年でバッテリーの持ちは悪くなり、3年経てば型落ち感も半端なく、最新のスマホと比較するとスペックもしょぼくなります。スマホに10万円以上出したくないのが正直なところです。

10月26日にiPhone XRが発売されます。
僕はiPhone XRは売れると思います。
iPhone XR は64GBモデルで91,584円 (税込み) と、Androidと比較したら、めちゃ高いです。でも、iPhone XSの121,824円 (税込み) と比較したら、3万円値段が下がるので、安く感じるでしょ?

今日のエントリーは、iPhone XRは売れると予測してみます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

なぜiPhone XSは売れないのか?

iPhone XSは売れてないですね。

オンラインのApple Storeに、在庫は豊富にあります。

オンラインのApple Storeに、iPhone XSの在庫は豊富にある

ヤマダ電機の日本総本店池袋にも、在庫は豊富にありますね。

ヤマダ電機の日本総本店池袋にも、iPhone XSの在庫は豊富にある

昨年登場したiPhone Xは、発売直後は、当日在庫がないことの方が多かったです。
2016年9月に登場したiPhone 7 Plusは大人気で、11月に入ってもApple Storeの在庫は少なく、なかなか購入することはできませんでした。僕は奇跡的にApple Store 渋谷店に入荷したのをゲットしました。↓

iPhone XSが売れない理由を考えてみます。

価格が高い

一番安いiPhone XS 64GBで121,824円 (税込み)なので、価格が高いことが売れない最大の理由です。

iPhone 7やiPhone 8から買い換えるメリットがあまりない

iPhone 7やiPhone 8でも快適に動作しますので、12万円以上払って、わざわざ買い換えるメリットがありません。

iPhone XRが売れると予測する理由

iPhone XRが売れると予測する理由です。

iPhone XSが高すぎるので、iPhone XRは安く感じる

3万円台で購入できるAndroidと比較すると、iPhone XR 64GBは91,584円 (税込み) はめちゃ高いです。
でも、iPhone XS 64GBで121,824円 (税込み)という金額を見た後だと、iPhone XR 64GBは91,584円 (税込み) は安く感じませんか?

iPhone XSもiPhone XRも、A12 Bionicチップは共通

iPhone XSもiPhone XRも、A12 Bionicチップは共通です。
要するにCPUの処理速度は同じなのです。
性能に大きな違いがないのであれば、より安価なiPhone XRが売れることは間違いありません。

iPhone XS と iPhone XRの違い

iPhone XS と iPhone XRを比較すると、CPUは同じですが、それ以外の部分で違う点がいくつかあります。
iPhone XS と iPhone XRの違いを見ていきましょう。

多くのユーザーは、これらの違いを気にしないと思います。3万円安いiPhone XRを購入すると予測します。

  • 価格
  • ディスプレイと解像度
  • カメラ
  • メモリ
  • 3D Touch
  • 防水性

価格

iPhone XS と iPhone XRの価格の違いを表にまとめました。

64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone XS 121,824円 140,184円 165,024円
iPhone XR 91,584円 98,064円 109,944円

ディスプレイと解像度

iPhone XRは解像度が低いのがウィークポイントです。ちなみにiPhone 8 Plusの解像度 (1,920 x 1,080px) よりも低いですから。

ディスプレイ サイズ 解像度
iPhone XS 有機EL 5.8インチ 2,436 x 1,125px
iPhone XR 液晶 6.1インチ 1,792 x 828px

カメラ

カメラはiPhone XSが広角と望遠のデュアルカメラに対して、iPhone XRは広角のシングルカメラです。ともに1200万画素。

ポートレートモードは、デュアルカメラを搭載したiPhone XSだけでなく、シングルカメラのiPhone XRも、人物だけですが、ポートレートモードで撮影することが可能です。ニューラルエンジンを使った機械学習で、人物と背景を認識して、背景をぼかしている模様です。Pixel 3もシングルカメラなので、同じような技術を使っているのかもしれませんね。

今後、iPhone XRのポートレートモードも、人物以外で撮影できるようになるはず。

iPhone XSのカメラと、iPhone XRのカメラを比較した記事を見ると、どちらもそんなに大きな違いはなさそうです。iPhone XRで撮影する写真や動画は、iPhone XSに匹敵するとのことです。

レンズ ポートレートモード
iPhone XS デュアルカメラ 被写体問わず
iPhone XR シングルカメラ 人物のみ

メモリ

メモリは4GBあった方が快適なのは言うまでもありませんが、3GBでも十分快適なはずです。

メモリ
iPhone XS 4GB
iPhone XR 3GB

メモリを3GB搭載したiPhoneは、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xです。これらの機種は、2018年10月24日現在も快適に動きますから、CPUにA12を搭載しているiPhone XRが快適に動かないはずがありません。

3D Touch

3D Touch
iPhone XS あり
iPhone XR なし

iPhone XRは、3D Touchに対応しておりません。でもiPhone XRに搭載されている「Taptic Engine」と画面の長押しで、3D Touchと同じような操作が可能です。アプリのアイコンを長押しすると、「ブルッ」と触覚の反応が返ってきます。

iPhone XSもiPhone XRも大した違いはない

iPhone XS と iPhone XRのCPUは、ともにA12 Bionicチップを搭載しているため、性能に大した違いはありません。
メモリはiPhone XSが4GB,iPhone XRが3GBと若干異なりますが、グラフィックを消費するゲームでもやらない限り、iPhone XRで十分快適に動作するはずです。

iPhone XRではなく、iPhone XSを購入したとしても、生活が変わるほどの違いは全くありません。

さいごに

iPhone XSもiPhone XRも、A12 Bionicチップは共通なので、性能に大きな違いはありません。

カメラ・ディスプレイ・解像度に関しては、iPhone XSとiPhone XRを直接見比べれば、違いは分かると思います。でも、横に並べて比較しない限り、意識できるような違いを感じることは難しいです。

ということで、iPhone XSよりも値段の安いiPhone XRが売れると予測します。

本日10月26日、iPhone XRが発売されました。 今年のiPhoneの本命です。 iPhone XSは一番安い64GB...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク