macOS SierraのBoot Campに、Windows7を新規インストールしてみた!

Boot CampにWindows7やWindows8が新規インストールできるようになりました。

macOS Sierraがリリースされた当初、Boot Campには、Windows10しか新規インストールができませんでした。完全にWindows7やWindows8は切り捨てられたんだけどね。

ユーザーからの不満が続出のため、Appleは、macOS Sierra 10.12.2のアップデート以降、Windows7の新規インストールを復活させた模様。Macユーザーなら、Windowsはサブ的な使い方でしょ?そのために、わざわざWindows10のパッケージ版を購入したくないもんね。

macOS Sierra 10.12.2のアップデートが配信されました。 早速アップデートしたところ、1.85GBというかなり...

AppleのmacOS Sierraのサイトにも、ちゃんと記載されています。

macOS Sierra 10.12.2 アップデートについて

対応の Mac で Boot Camp を使って Windows 8 および Windows 7 の新規インストールが可能になります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

macOS SierraのBoot CampにWindows7をインストールする方法

今回、事務所に転がっていたMacBook Pro Early 2011に、Boot Campのパーテーションを作って、Windows7をインストールしてみます。

MacBook Pro Early 2011は、SuperDriveを内蔵しています。

Boot CampにWindowsをインストールする場合、SuperDrive内蔵モデルと非内蔵モデルでは、インストールの方法が異なります。詳しくは後述します。

早速やり方を見ていきましょう。

  1. MacのBoot Campアシスタントを立ち上げる
  2. 作業を選択
  3. 最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード
  4. Windows7またはWindows8をインストール
  5. Windows用のパーテーションを作成
  6. Windowsをインストール
  7. Windowsサポートソフトウェアをインストール

1. MacのBoot Campアシスタントを立ち上げる

Mac OS Sierra内の「Boot Campアシスタント」を立ち上げます。

  • アプリケーション → ユーティリティ → Boot Campアシスタント

Boot Camp アシスタント

続けるをクリックします。

2. 作業を選択

以下の2つの項目にチェックを入れます。

  • 最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード
  • Windows7またはWindows8をインストール

Boot Camp アシスタント

↓続けるをクリックして、最新のWindowsサポートソフトウェアをダウンロードします。

3 最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード

最新のWindowsサポートソフトウェアとは、Windows用のドライバです。

古いMacの場合、USBメモリを用意して、最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロードします。

Boot Camp アシスタント

続けるをクリックすると、最新のWindowsサポートソフトウェアのダウンロードが始まります。

USBメモリは2.0の規格で

注意点は、USBメモリは2.0の規格じゃないとダメです。USB3.0の規格のUSBメモリだと、エラーが出てインストールに失敗することがあります。お持ちでない方は、USB2.0の規格の外付けハードディスクで代用可能です。

以下に記載の新しいMacだとUSBメモリは不要です。Mac本体に、最新のWindowsサポートソフトウェアを保存してくれます。

MacBook Pro (15-inch, 2016)

  • MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
  • MacBook Air (13-inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)
  • iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)
  • iMac (21.5-inch, Late 2015)
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, Mid 2015)
  • Mac Pro (Late 2013)

USBメモリのフォーマット

USBメモリのフォーマットは、ディスクユーティリティーを使って、Windowsで読み込めるMS-DOS(FAT)フォーマットにします。

ディスクユーティリティ

4. Windows7またはWindows8をインストール

Windows7・Windows8をインストールする場合、チェックを入れてください。

Windows10をインストールするなら、ここのチェックは不要です。

5. Windows用のパーテーションを作成

Windows用のパーテーションを作成します。

Windows用のパーテーションは最低36GBからです。Windowsをどのくらい使うかで、パーテーションの容量は変わります。ほとんど使わないのであれば、36GBあれば十分。

Boot Camp アシスタント

6. Windowsをインストール

Windows用のパーテーションが作成されると、自動でWindowsのインストール画面になります。
画面の指示に従って、BOOTCAMPパーテーションのパーテーションをフォーマットする必要があります。

BOOTCAMPパーテーションのフォーマット

Windowsインストーラーが立ち上がると、「Windowsのインストール場所を選んでください。」という画面が出てきます。

BOOTCAMPのパーテーションを選択してください。

Boot Camp フォーマット

フォーマットをクリックして、次へをクリックすると、Windowsパーテーションが、NTFSフォーマットになります。

その後、画面に従って、Windowsのインストールを進めてください。

Windowsをインストールしますが、まずは注意点から。

WindowsのDVDは必要なの?

最近のMacはSuperDriveがありませんよね?

実はBoot CampでWindowsをインストールする際、SuperDriveが内蔵されているかどうかで、インストール方法が異なります。

このことは、Appleのサイトにも載っていないので、詳しく説明しますね。

SuperDrive内蔵のMac

Windows7・Windows8などのDVDディスクをご用意ください。
USBメモリにISOデータを入れて、インストールすることはできません。

SuperDrive非搭載のMac

USBメモリにISOデータを入れて、インストールします。
外付けDVDドライブとWindows7・Windows8などのDVDディスクを用意してもインストール出来ませんのでご注意ください。

ISOファイルの作成方法はAppleのサイトに詳しく載っています。

Windows インストールメディアから Boot Camp 用の ISO イメージを作成する

Windows をインストール DVD で入手した場合、Boot Camp を使って Windows をインストールするには、そのメディアの ISO イメージを作成しておく必要があります。ISO を使わずにインストールしようとすると、「press any key」というメッセージが表示されたり、Mac が Windows で起動しなかったりする場合があります。

7. Windowsサポートソフトウェアをインストール

Windowsのインストールが終わったら、USBメモリにダウンロードした「Windowsサポートソフトウェア」をインストールします。

USBメモリを刺しても、インストーラーが自動で立ち上がらない場合、USBメモリ内の「BootCamp」フォルダの setup.exe をダブルクリックしてください。

「インストールするソフトウェアは、Windows ロゴテストに合格していません」というメッセージが出ることがありますが、この場合、「続ける」をクリックしてOKです。

ウィルスソフトのインストール

Windowsサポートソフトウェアをインストールが終了したら、必ずウィルスソフトもインストールしてくださいね。

無料のものなら、AVGがオススメです。

まとめ

以上が、macOS SierraにWindows7をインストールする方法です。

Windows7は、2020年1月14日までサポートされるので、あと3年は使えることになりますね。

Boot CampにWindowsをセットアップする際の参考にしてください!

macOS Sierra が正式にリリースされました。 6月13日にWWDC2016の基調講演で発表されて、7月8日からmac...
「macOS Sierra」のインストールをためらっている方も多いと思います。 だって不具合出たら嫌だし、アプリが動かなくなったら困る...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
関連記事