楽天モバイルのコミコミプランは、やはり情弱向けで全然安くなかった・・・

今日のエントリーはMVNOに搾取されない方法を教えます。

最近大手MVNOでは、通信費と端末をセットにしたコミコミプランが登場しています。
楽天モバイル、FREETEL、UQモバイルなどの広告は見たことありますよね?

新規ユーザーに人気、格安スマホに広まる「新料金プラン」とは?

大手携帯電話会社よりも通信料金が安いと注目されている「格安スマホ」。最近、通話定額オプションを組み込んだセット型の料金プランが、格安スマホの新しい販売方法として注目されている。

例えば、大手の「楽天モバイル」では、SIMフリースマホの分割購入代金、格安SIMの月額料金、5分間限定の通話料割引オプションをセットにした「コミコミプラン」を提供している。

このコミコミプランでは、4つの専用料金プランが提供されている。「プランS」(1年目は月額1880円)と「プランM」(同2480円)は通信容量が月2GBまで、「プランL」(同2980円)と「プランLL」(同3480円)が月4GBまでとなる。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

なぜ、楽天モバイルはセットプランを出すのか?

通信費と端末をセットにしたプランは、利益が大きく取れるからです。

特に、情報リテラシーの低い層は、自分でスマホの料金計算をしませんからね。セットプランにすることで、ユーザーから簡単に搾取できるのです。

↓楽天担当者のコメント見れば明らかです。

楽天の担当者は「大手携帯電話会社からの乗り換えを検討している方を中心に、『自分に合うスマホと料金プランの組み合わせがわからない』という声が多く寄せられていた」と、セットプラン導入の理由を話す。

キャリア化する大手MVNO

楽天モバイルだけでなく、大手MVNOはキャリア化しています。

キャリア化するってどんなことかというと、要するに通信費と端末費をセットにして、ユーザーの選択肢をなるべくなくすというビジネスモデルです。

ネットリテラシーのあまり高くない層は、自由な選択を与えてしまうと、選べなくなってしまいますからね。情弱ユーザーから搾取するビジネスモデルが確立されつつありますね。

楽天モバイルのコミコミプラン

楽天モバイル コミコミプラン

楽天モバイルのコミコミプランでは、以下の3つがセットになっています。

  • 月額基本料
  • スマホ代
  • 5分以内かけ放題

楽天ユーザーに最適化されたプラン

情弱の楽天ユーザーに最適化されています。

コミコミプランは、プランS、プランM、プランL、プランLLの4つの料金体系を用意しています。プランによって、選べる端末のスペック、LTE通信量が異なります。

わかりやすいプランというのが、ネットリテラシーの低い層に刺さるんだろうね。

あとは、楽天ポイントが1%貯まるのも、楽天ユーザー向けのサービスといえます。

最低利用期間

コミコミプランの最低利用期間は24ヶ月間です。大手キャリアと変わりません。

かけ放題いらなくね?

コミコミプランは、5分以内のかけ放題がセットになっています。

でも、LINEやMessengerといったSNS全盛のこの時代に、そんなに通話なんてしないでしょ?

なので、かけ放題が不要のユーザーにとっては、DMM Mobileを利用した方が全然安いです。IIJmioと同じMVNEなので、通信速度も安定しているからね。

もし電話する場合でも、LineOut Freeを使えば、3分以内の通話であれば、1日5回まで無料で電話できますからね。

DMM mobileの2年間の総額

  • LTE 2GB・・・36,120円(初期費用3000円 + 月額1380円×24ヶ月)
  • LTE 3GB・・・39,000円(初期費用3000円 + 月額1500円×24ヶ月)
  • LTE 5GB・・・48,840円(初期費用3000円 + 月額1910円×24ヶ月)

めちゃ安くないですか?

DMM mobileの2年間の総額は、後ほど、楽天モバイルのコミコミプランと比較するので覚えておいてください。

コミコミプランの2年間の支払総額

プラン別に2年間の支払総額を見ていきましょう。

楽天モバイル コミコミプラン

プランSの2年間の支払総額

客寄せのために、1年目は月額1880円です。2年目以降は月額2980円です。LTE通信は毎月2GBまで。

  • 61,714円(初期費用3394円 + 月額1880円×12ヶ月 + 月額2980円×12ヶ月)

プランSで選べる端末は、ZenFone Go、ZenFone 2 Laser、ZTE BLADE E01といった低スペックモデルの端末です。市場で1万円くらいで販売されています。

DMM MobileでLTE2GBの通話プランを契約すると2年間の総額は、36,120円です。かけ放題が不要なら、差額の25,594円(61,714円-36,120円)で好きな端末を購入した方がいいと思うけど。

プランMの2年間の支払総額

1年目は月額2480円。2年目は月額3480円です。LTE通信は毎月2GBまで。

  • 74,914円(初期費用3394円 + 月額2480円×12ヶ月 + 月額3480円×12ヶ月)

プランMで選べる端末は、AQUOS SH-M04、AQUOS SH-RM02、HUAWEI P9 liteです。市場価格2万円程度のエントリーモデルです。

DMM MobileでLTE2GBの通話プランを契約すると2年間の総額は、36,120円です。かけ放題が不要なら、差額の38,794円(74,914円-36,120円)で好きな端末を購入した方がいいと思います。

プランLの2年間の支払総額

1年目は月額2980円。2年目は月額3980円です。LTE通信は毎月4GBまで。

  • 86,914円(初期費用3394円 + 月額2980円×12ヶ月 + 月額3980円×12ヶ月)

プランLで選べる端末は、Fujitsu arrows M03、Zenfone 3といったミドルスペックです。市場で3万円弱で購入可能です。

DMM MobileでLTE3GBの通話プランなら、2年間の支払総額は39,000円。差額の47,914円(86,914円-39,000円)で好きな端末買った方がよくね?

DMM MobileでLTE5GBの通話プランなら、2年間の支払総額は48,840円。差額の38,074円(86,914円-48,840円)で好きな端末購入しましょう。

プランLLの2年間の支払総額

1年目は月額3480円。2年目は月額4480円です。LTE通信は毎月4GBまで。

  • 98,914円(初期費用3394円 + 月額3480円×12ヶ月 + 月額4480円×12ヶ月)

プランLLで選べる端末は、HUAWEI honor8といったミドルスペックとハイスペックの中間くらいのモデルです。市場で4万円程度で購入可能です。

DMM MobileでLTE3GBの通話プランなら、2年間の支払総額は39,000円。差額は59,914円(98,914円-39,000円)です。

DMM MobileでLTE5GBの通話プランなら、2年間の支払総額は48,840円。差額は50,074円(98,914円-48,840円)です。

MVNOで通信料金を下げたいのなら

MVNOで通信料金を下げたい人は、楽天モバイルのコミコミプランはやめましょう。

Dmm mobileで通信契約をして、自分の好きな端末を購入して使ったほうが、楽天モバイルのセットプランより全然安いですからね。

まとめ

楽天モバイルのコミコミプランが全然安くないのはお分かりいただけましたか?

コミコミプランは、5分間以内の通話が無料なので安く感じるんだけど、そんなに通話しないはず。

もし通話するにしてもLINEユーザーならば、LINE Out Freeを利用すれば、3分以内なら1日5回まで無料で通話できますからね。

MVNOはセットプランにして、ネットリテラシーの低いユーザーから搾取するという戦略にでているので、セットプランにはくれぐれも気をつけてくださいね。

LINEが登場して、通話する機会ってめちゃ減りましたが、通話料金も限りなく無料に近づいています。 携帯・固定への通話、広告を見...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!