AirDropで相手が表示されない時の対処方法を教えます!

AirDrop

AirDropは、友人とのファイル交換や画像交換に便利な機能なので、使っている方も多いと思います。しかも「iPhone同士」だけでなく、「iOSとMac間」でのファイルのやり取りも可能だし、動画も高速で転送できるので、僕はAirDropを重宝しています。

ところが、AirDropで友人に写真を転送しようと思ったのに、相手が表示されなかったという経験はありませんか?

今日のエントリーは、AirDropで相手が表示されない時の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

AirDropで相手が表示されないときの対処方法

AirDropで、相手が表示されないときは、次のことを確認してください。

  • 「Wi-Fi」「Bluetooth」がオンかどう
  • iPhoneの場合、インターネット共有がオフかどうか
  • Macの場合、「外部からの接続をすべてブロック」がオフかどうか
  • AirDropが有効になっているかどうか
  • AirDropが使えるシステム条件に該当している機種かどうか

「Wi-Fi」「Bluetooth」がオンかどうか

AirDropを使うには、「Wi-Fi」「Bluetooth」が両方共オンになっている必要があります。

iMacなどのデスクトップで、Wi-Fiをオフにして、Ethernet (有線LAN) でネット接続している方はご注意ください。Ethernetでネット接続しても構わないのですが、Wi-FiをオンにしないとAirDropは使えませんのでご注意ください。

ちなみに、AirDropを使うだけならば、Wi-FiはオンにするだけでOKで、ネットワークはEthernetを使うという手もあります。その場合、ネットワークの優先順位をEthernetにしてください。

  • システム環境設定→ネットワーク→設定→サービスの順番を設定→Ethernetを一番上に

Macでネットワークの優先順位を変更する

AirDropが有効になっているかどうか

AirDropが有効になっているかどうか確認してください。
「Wi-Fi」「Bluetooth」が両方共オンだとしても、AirDropが有効になっていなければ、AirDropを使うことはできません。

MacのAirDropを有効にする方法

Macの場合は、「この Mac を検出可能な相手」が「なし」になっていると、AirDropは使えません。

次の方法で、MacのAirDropを有効にしてください。

macOSでAirDropを使っていますか? iOS同士だと使う機会は多いけど、macOSではAirDropを使っていないという方も多...
  • このMacを検出可能な相手→「なし」「連絡者のみ」「全員」の中から選択

AirDropを有効にする

iPhoneのAirDropを有効にする方法

iPhoneの場合は、「AirDrop」が「受信しない」だと、AirDropは使えません。

次の方法で、iPhoneのAirDropを有効にします。

画面の下からスワイプしてコントロールセンターを開き、AirDropをオンにしてください。詳しいやり方は、先日のエントリーに書きましたので参考にしてください。

iPhoneとMacをLightningケーブルで繋いだのに、iPhoneを認識しなくて写真をMacに取り込めなかった経験はありませんか? ...

iPhoneのAirDropが有効になる

Macの場合、「外部からの接続をすべてブロック」にチェックが入っているかどうか

Macの場合、「外部からの接続をすべてブロック」にチェックが入っているかどうかも確認してください。チェックが入っていると、「Wi-Fi」「Bluetooth」が両方共オンで、AirDropが有効にも関わらず、AirDropの共有先に相手が表示されません。

デフォルトでは「外部からの接続をすべてブロック」にチェックは入っていませんが、間違えてチェックを入れてしまっていることもありますので、確認してみてください。

「外部からの接続をすべてブロック」にチェックが入っているか、確認する方法

次の方法で確認しますが、分かりにくいので詳しく説明します。

  • システム環境設定→セキュリティとプライバシー→ファイアウォール→「変更するにはカギをクリックします。」をクリック→ファイアウォール オプション→「外部からの接続をすべてブロック」にチェックが入っているかどうか
①システム環境設定→セキュリティとプライバシー→ファイアウォール→「変更するにはカギをクリックします」をクリック

Macのシステム環境設定のセキュリティとプライバシー→ファイアウォール

②「変更するにはカギをクリックします」をクリックしたら、ログイン時のパスワード入力します。

「変更するにはカギをクリックします」をクリックして、ログイン時のパスワード入力

③ファイアウォール オプション→「外部からの接続をすべてブロック」にチェックが入っているかどうか

「外部からの接続をすべてブロック」にチェックが入っているかどうか確認してください。チェックが入っていたら、AirDropで相手が表示されませんので、チェックを外します。

「外部からの接続をすべてブロック」にチェックが入っているかどうか確認

「変更できないようにするにはカギをクリックします。」をクリックしてカギをロックしてください。

「変更できないようにするにはカギをクリックします。」をクリックしてカギをロック

AirDropが使えるシステム条件かどうか

AirDropが使えるシステム条件かどうかを確認します。

以下の機種ならばAirDropが利用できます。

iOS間で、AirDropでファイルの共有ができる機種

  • iOS 7以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touch

macOS・iOSとの間で、AirDropでファイルの共有ができる機種

  • OS X Yosemite (10.10) 以降を搭載した、2012年以降のMac (Mid 2012のMac Proは除く)

2台のmacOSとの間で、AirDropでファイルの共有ができる機種

  • Late 2008 以降の MacBook Pro、MacBook Pro (17-inch、Late 2008) を除く
  • Late 2010 以降の MacBook Air
  • Late 2008 以降の MacBook、ホワイトの MacBook (Late 2008) を除く
  • Early 2009 以降の iMac
  • Mid 2010 以降の Mac mini
  • Early 2009 (AirMac Extreme カード搭載) の Mac Pro、Mid 2010 の Mac Pro
  • iMac Pro

全て試したけど、AirDropで相手が表示されないときは?

今まで紹介した方法をすべて試したけど、AirDropで相手が表示されないときは、端末の再起動を行ってください。

再起動しても相手が表示されないのであれば、端末かOSの不具合の可能性がありますので、Appleサポートへ連絡してください。

さいごに

以上、AirDropで相手が表示されない時の対処方法について紹介しました。

万が一、相手が表示されなかったとしても、今日のエントリーを参考に対処してください。問題なくAirDropで相手が表示されるようになり、写真などのファイルを交換できるようになります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク