macOSでAirDropを有効にする方法と、有効にできない時の対処方法!

macOSでAirDropを使っていますか?

iOS同士だと使う機会は多いけど、macOSではAirDropを使っていないという方も多いと思います。

macOSでAirDropを有効にする方法は非常に分かりにくいのです。

AirDropでデータのやり取りをすると、写真や動画などのファイルが高速で転送できるので、設定方法が分かりにくいという理由で、AirDropを使わないのは非常にもったいない。

今日のエントリーは、macOSのAirDropを有効にする方法と、有効にできない時の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

macOSのAirDropの設定場所は分かりにくい

macOSのAirDropの設定場所は非常に分かりにくいです。

macOS High SierrのUIを考えると、AirDropの設定場所はシステム環境設定にあっても良さそうなんだけど、システム環境設定で設定することはできません。システム環境設定には、まだまだアイコンを置く場所に余裕があるのにね。

システム環境設定

どこにあるのかと言うと、かなり分かりづらい場所で設定しなければなりません。

macOSでAirDropを有効にする方法

macOSのAirDropを有効にするには、次の3つの方法があります。

  • Finderから
  • 上部メニューから
  • ショートカットキー

Finderから

FinderからAirDropを有効にする方法です。

  1. Finderを開き、サイドメニューのAirDropをクリック
  2. AirDropの設定変更ができるのでオン・オフを切り替える

1. Finderを開き、サイドメニューのAirDropをクリック

Finderを開いて、サイドメニューのAirDropをクリックします。

Finderを開いて、サイドメニューのAirDropをクリック

2. AirDropを有効にする

AirDropを有効にしてください。

  • このMacを検出可能な相手→「なし」「連絡者のみ」「全員」の中から選択

AirDropを有効にする

上部メニューから

Finderの上部メニューから、AirDropを有効にすることも可能です。

使い勝手はいまいちですね。

1. Finder→移動→AirDrop

上部メニューから、Finder→移動→AirDrop へ進みます。

Finderの上部メニューから、AirDropを有効にする

FinderのAirDropフォルダが立ち上がります。

2. AirDropを有効にする

AirDropを有効にしてください。

  • このMacを検出可能な相手→「なし」「連絡者のみ」「全員」の中から選択

AirDropを有効にする

ショートカットキー

AirDropをよく使う方は、ショートカットキーを使ってください。

1. shift + command + R

shift + command + R を押します。FinderのAirDropフォルダが立ち上がります。

2. AirDropを有効にする

AirDropを有効にしてください。

  • このMacを検出可能な相手→「なし」「連絡者のみ」「全員」の中から選択

AirDropで送信できるユーザーを指定する

AirDropを有効にする

AirDropで送信できるユーザーを指定できます。次の3つの中から選択します。

このMacを検出可能な相手→「なし」

「なし」を選択すると、Macが検出されませんので、誰からもAirDropが送信されないです。

このMacを検出可能な相手→「連絡先のみ」

「連絡先のみ」を選択すると、AirDropを送信できるのは、連絡先にあるユーザーだけとなります。

このMacを検出可能な相手→「全員」

「全員」を選択すると、AirDropは誰でも送信できるようになります。

AirDropを有効にすると、相手にどのように検出されるのか?

AirDropを有効にすると、相手からは次の画像のように見えます。

AirDropを有効にした際の、相手からの見え方

AirDropが有効にできない場合の対処方法

AirDropが有効にできない場合の対処方法を紹介します。

AirDropを使うには、「Wi-Fi」「Bluetooth」が両方共オンになっている必要があります。
iMacなどのデスクトップをお使いの方で、有線LANをお使いの方でWi-Fiをオフにしている方は、Wi-FiをオンにしないとAirDropは使えませんのでご注意ください。

Wi-FiとBluetoothをオンに

「Wi-Fi」「Bluetooth」のどちらかがオフだと、次のような画面になり、AirDropを設定することはできません。必ずWi-FiとBluetoothをオンにしてください。

「Wi-Fi」「Bluetooth」のどちらかがオフだと、AirDropを設定できない

  • Wi-FiとBluetoothがオフの場合・・・「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をクリックします。
  • Wi-Fiだけオフの場合・・・「Wi-Fiをオンにする」をクリック
  • Bluetoothだけオフの場合・・・「Bluetoothをオンにする」をクリック

さいごに

以上、macOSでAirDropを有効にする方法と、有効にできない時の対処方法について紹介しました。

AirDropでのファイル転送は非常に便利なので、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク