docomo withのiPhone 6sは、本当に安いのか?MVNOと2年間の総額を比較してみた!

9月1日よりドコモは、利用料金から毎月1500円が割引になる「docomo with」の対象機種に、iPhone 6sを追加すると発表しました。

「docomo with」対象端末に、iPhone 6s(32GB)を追加 -ご家族3人なら、一人あたり月1,980円からの通信料金でご利用可能に-

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2018年9月1日(土曜)より、ご利用料金がずっと毎月1,500円割引となる料金プラン「docomo with®」対象端末に、アップル社の「iPhone 6s(32GB)」を追加いたします。

MVNOに対抗した料金プランだと一部のメディアでは報道されています。でも、本当に料金が安くなるのでしょうか?

今日のエントリーは、docomo withのiPhone 6sの料金が安いのかどうかを調べるために、MVNOと2年間の総額を比較して検証してみます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

docomo withとは?

docomo with

対象となる端末を購入することで、利用料金から毎月1500円が値引きとなるプランです。
ユーザーは、docomoショップかオンラインショップでiPhone 6sを購入すれば、docomo withの割引を適用されます。

iPhone Xなどに適用される「月々サポート」は適用されませんので、端末はユーザーの負担となります。持ち込みのiPhone 6sでdocomo withを利用することはできませんのでご注意ください。

docomoのiPhone6sの値段は?

39,600円となります。

Apple Storeでの価格は50,800円なので、めちゃ安いですが、9月に新しいiPhoneが登場すれば、Apple Storeの価格は下がるかもしれませんね。

docomo withを利用した月額料金は?

docomo withを利用した月額料金は、次のようになります。

特徴は、子回線が増えても月額料金は1人あたり280円しか上がらないところですね。とはいえ、iPhone 6sは自分で購入する必要があるけどね。

docomo with iPhone 6s 月額料金

docomo withでiPhone 6sを利用した際の2年間の総額は?

docomo withでiPhone 6sを利用した際の2年間の総額を見ていきましょう。

先程見たように、子回線が1回線増えても、月額280円アップになるだけです。家族が増えるほど安くなるような気がしますよね。早速検証します。

1人の場合

データ通信5GB、かけ放題なしの場合

1人の2年間の総額 130,320円

  • 内訳:docomo iPhone 6s 32GB 39,600円 + 月額3,780円×24ヶ月
  • 1人分の月額費用 3,780円・・・基本料金 980円 + spモード 300円 + パケットパック ベーシックパック3GB 4,000円 – docomo with割引 1,500円

3人家族の場合

データ通信5GB、かけ放題なしの場合

3人分の2年間の総額 282,960円 → 3人分の2年間の総額 282,960円なので、2年間の一人あたりの金額は94,320円

  • 内訳:docomo iPhone 6s 32GB 118,800円(39,600円 ×3台) + 月額6,840円×24ヶ月
  • 3人分の月額費用 6,840円・・・基本料金2,940円 (980円×3人) + spモード 900円 (300円 × 3人) + パケットパック 7,500円 (6500円+500円+500円) – docomo with割引 4,500円 (1,500円 × 3人)

4人家族の場合

データ通信5GB、かけ放題なしの場合

4人分の2年間の総額 329,280円 → 4人分の2年間の総額 329,280円なので、2年間の一人あたりの金額は82,320円

  • 内訳:docomo iPhone 6s 32GB 158,400円(39600円 ×4台) + 月額7,120円×24ヶ月
  • 4人分の月額費用 7,120円・・・基本料金3,920円 (980円×4人) + spモード 1,200円 (300円 × 4人) + パケットパック 8,000円 (6500円+500円+500円+500円) – docomo with割引 6,000円 (1,500円 × 4人)

DMM mobileとSIMフリーのiPhone 6sを利用した際の2年間の総額は?

DMM mobileとSIMフリーのiPhone 6sを利用した際の2年間の総額を見ていきましょう。
SIMフリーのiPhone 6sは、Apple Storeで購入できます。

1人の場合

1人分の2年間の総額 96,640円

  • 内訳:SIMフリー iPhone 6s 32GB 50,800円) + 月額1,910円×24ヶ月

3人家族の場合

3人家族の場合は、シェアコースを3人で利用します。

3人分の2年間の総額 250,320円 → 3人分の2年間の総額 250,320円なので、2年間の一人あたりの金額は83,440円

  • 内訳:docomo iPhone 6s 32GB 152,400円(50,800円 ×3台) + 月額 4,080円×24ヶ月
  • データ通信 8GB、かけ放題なしの場合・・・月額4,080円

DMM mobileの場合、3人家族で利用する場合が最も安いですね。

4人家族の場合

DMM mobileのシェアコースは、3枚までのSIMカードの発行となるので、シェアコースで3人利用し、シングルコースで1人利用するという組み合わせになります。

4人分の2年間の総額 337,120円 → 4人分の2年間の総額 337,120円なので、2年間の一人あたりの金額は84,280円

  • 内訳:docomo iPhone 6s 32GB 203,200円 (50,800円 ×4台) + 月額5,580円×24ヶ月
  • データ通信8GB、かけ放題なしの場合 (シェアコースを3人が利用)・・・月額4,080円
  • データ通信3GB、かけ放題なしの場合 (シングルコースを1人が利用)・・・月額1,500円

docomo withのiPhone 6sは、MVNOより安いのか?

結論から先にいうと、MVNOの方が安いです。
しかも料金の計算もMVNOの方がシンプルですよね?docomoのように2年間の縛りもありません。

1人の場合

  • docomo withのiPhone 6s・・・2年間の総額 130,320円
  • SIMフリーのiPhone 6s + MVNO・・・2年間の総額 96,640円

docomo withは、家族で契約すると安くなる仕組みなので、MVNOの圧勝です。MVNOの方が2年間で32,960円安いです。

毎月のデータ通信容量は、両方とも5GBです。

3人家族の場合

  • docomo withのiPhone 6s・・・2年間の一人あたりの金額は94,320円
  • SIMフリーのiPhone 6s + MVNO・・・2年間の一人あたりの金額は83,440円

3人家族でもMVNOの方が安いですね。MVNOの方が2年間で10,880円安いです。

しかも、データ通信容量は、docomo withが5GBに対して、DMM mobileは8GBですからね。

4人家族の場合

  • docomo withのiPhone 6s・・・2年間の一人あたりの金額は82,320円
  • SIMフリーののiPhone 6s + MVNO・・・2年間の一人あたりの金額は84,280円

4人家族の場合は、docomo withの方が2年間で1,960円安いです。でも、毎月のデータ通信容量を比較すると、docomo withが4人で5GBしか使えないのに対して、MVNOは4人で11GB使えるので、この部分を考慮に入れたら、MVNOの方がお得ですね。

さいごに

以上、docomo withのiPhone 6sは、本当に安いのかどうか、MVNOと2年間の総額を比較してみました。

はっきり言って、MVNOの方が断然安くお得です。

しかも、MVNOの料金プランがシンプルで分かりやすいのに対して、docomo withの料金プランは複雑です。docomoの2年縛りなども考慮に入れると、MVNOとSIMフリーで契約した方が分かりやすくてオススメですね。

docomo withの iPhone 6s が、MVNOに対抗できる料金プランだという記事が目立ちますが、果たして本当でしょうか? ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク