従来の2段階認証よりもセキュリティの高い、Googleの「高度な保護機能プログラム」をご存知ですか?

Googleの「高度な保護機能プログラム」

Googleの「高度な保護機能プログラム」を利用すると、2段階認証よりも高いセキュリティを構築できます。

「高度な保護機能プログラム」は、政治家、ジャーナリスト、企業のトップシークレットを扱うビジネスマンなど、機密性の高い情報を取り扱っているユーザーを対象にしています。
特別なセキュリティが必要なユーザーの方は、従来の2段階認証よりもセキュリティの高い、「高度な保護機能プログラム」を導入することを検討してください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Googleの「高度な保護機能プログラム」とは

Googleの「高度な保護機能プログラム」とは、Googleアカウントにログインする際、パスワードに加えて「物理セキュリティキー」が必要となる認証方式です。

「物理セキュリティキー」を利用するため、Google Authenticator を使って2段階認証をしているユーザーよりも高いセキュリティを担保できることが特徴です。

「物理セキュリティキー」は、ネットバンキングのトークンをイメージすると分かりやすいと思います。

Googleの「高度な保護機能プログラム」は、G Suiteでは利用できない

Googleの「高度な保護機能プログラム」は、G Suiteでは利用できません。
利用できるのは普通のGoogleアカウント (example@gmail.com) だけとなりますので、ご注意くださいね。

Googleの「高度な保護機能プログラム」は、G Suiteでは利用できない

Googleの「高度な保護機能プログラム」は、G Suiteでは利用できない

「高度な保護機能プログラム」を利用するには、「物理セキュリティキー」が2本必要

「高度な保護機能プログラム」に登録するには、「物理セキュリティキー」が2本必要です。「物理セキュリティキー」を使って2段階認証を行いますからね。

「物理セキュリティキー」は、「メインのセキュリティキー」と「バックアップ用のセキュリティキー」の2つを用意します。モバイルではワイヤレス対応のキーを利用することになりますので、メインのキーにワイヤレス対応のキーを使うことになります。

  • 「メインのセキュリティキー」・・・Feitian MultiPass FIDO セキュリティ キー
  • 「バックアップ用のセキュリティキー」・・・FIDO U2F Security Key

「メインのセキュリティキー」

「メインのセキュリティキー」には、Feitian MultiPass FIDO セキュリティ キーを使います。ワイヤレス対応していますので、PCでもスマホでも利用可能です。Amazonで4980円で販売されています。

USB、NFC、BLE (Bluetooth Low Energy)の3つのインターフェースを持っています。
PCで使う場合はUSBで接続し、スマホで使う場合はNFC、BLEを使ってワイヤレスで利用します。

「バックアップ用のセキュリティキー」

「バックアップ用のセキュリティキー」として、FIDO U2F Security Keyを用意してください。
USB接続だけなので、PCでしか使えません。Amazonで3300円で販売されています。

「物理セキュリティキー」が壊れたり紛失してしまったら?

「物理セキュリティキー」が壊れたり紛失してしまったら、次の手順を行ってください。

ChromeでGoogleアカウントにログインできる場合

Googleアカウントにログインできるのであれば、Googleアカウントの管理画面にて、今まで使っていた「メインのセキュリティキー」に代わって、交換用の「バックアップ用のセキュリティキー」に登録を変更することが可能です。

「バックアップ用のセキュリティキー」を使ってログインしてください。

ChromeでGoogleアカウントにログインできない場合

Googleアカウントにログインできない場合は、Googleアカウントの復元リクエストを送信しなければなりません。Googleによる本人確認が必要になりますので、再度ログインできるようになるまでに数日間かかります。

さいごに

以上、従来の2段階認証よりもセキュリティの高い、Googleの「高度な保護機能プログラム」について紹介しました。

機密性の高い情報を扱っているユーザーは、高度な保護機能プログラム」を導入することを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク