「Googleニュース」アプリのリリースで、SmartNewsやグノシーは死亡フラグ

「Googleニュース」アプリ

Google I/Oで発表があった「Googleニュース」アプリがリリースされました。

iOS版とAndroid版が同時に登場したので、早速iPhoneとAndroidにインストールしてみたところ、自分の好みのニュースがキュレーションされるので、もう他のニュースアプリいらないじゃんという感じです。

「Googleニュース」アプリは、Googleアカウントでログインして使うので、Googleアカウントに紐付いた情報を元に、提供されるニュースがパーソナライズされるのが最大の特徴。
アプリを立ち上げた時点で、すでにパーソナライズされているので、SmartNewsやグノシーはどうやっても勝てないですね。

そもそも、SmartNewsやグノシーは便利なんだけど、いつも同じサイトのコンテンツばかりだし、動画広告もウザいので、最近ほとんど使っていませんでした。

「Googleニュース」は、Googleアカウントの情報を元に、AIがキュレーションしてくれます。これで、SmartNewsやグノシーなどのニュースをキュレーションするアプリは完全に死亡フラグ。Googleのようなプラットフォームが本気を出すと、彼らの出番は完全になくなってしまうのです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「Googleニュース」アプリの登場で、SmartNewsやグノシーが死亡する理由

「Googleニュース」アプリは、ユーザーに合わせてニュースがパーソナライズされるのですが、人工知能や機械学習のテクノロジーを使って、ニュースがキュレーションされます。

  • 人工知能がキュレーション
  • 機械学習でユーザーに合わせたニュースを表示

SmartNewsやグノシーは逆立ちしても「Googleニュース」アプリには勝てません。だって、SmartNewsやグノシーは地域を設定するの手動ですよ。記事の掲載基準も不透明だし、広告も動画広告とか結構ウザいでしょ?

ということで、SmartNewsやグノシーに広告を出稿する企業も減ってくるはずなので、このまま死亡すると思われます。

「Googleニュース」アプリのタブ構成

では「Googleニュース」アプリの中身を見ていきます。

次の4つのタブで構成されています。iOSもAndroidもほとんど同じUIです。

  • オススメ
  • ヘッドライン
  • お気に入り
  • 新聞・雑誌 (ニューススタンド)

オススメ

「Googleニュース」アプリを立ち上げると、オススメが表示される

「Googleニュース」アプリを立ち上げると、オススメが表示されます。

世の中の関心が高いオススメのニュースが5件表示されます。

その下に、Googleのアカウントに基づいて、パーソナライズされたニュースが表示されます。無制限にスクロールするので、ニュースがたくさん並ぶことになりますね。Googleにログインして検索しているユーザーほど、よりユーザーの好みに合ったニュースが表示されることになります。

ローカルニュースも表示されますので、ユーザーの現在地に基づいて、ローカルなニュースが提供されます。

ヘッドライン

「Googleニュース」アプリのヘッドライン

ヘッドラインのタブをタップすると、ニュースのカテゴリーに応じて、更に7つのタブが用意されています。

今のところカスタマイズはできないですが、もっとカテゴリーを増やしてカスタマイズできるようになると嬉しいですね。

  • 最新
  • 日本
  • 国際
  • ビジネス
  • 科学&テクノロジー
  • エンタメ
  • スポーツ

お気に入り

「Googleニュース」アプリのお気に入り

様々な分野のニュースコンテンツをお気に入りに追加できます。

ある程度パーソナライズされた、トピックとニュース提供元が表示されます。
僕の場合、次のような感じでした。

トピック

  • macOS Sierra
  • iPhone 8
  • macOS High Sierra
  • iPhone X
  • 検索エンジン最適化
  • ソフトバンクグループ

ニュース提供元

  • 読売新聞
  • 時事通信ニュース
  • スポニチアネックス
  • 毎日新聞
  • 東洋経済オンライン
  • AFPBB News

ユーザーにパーソナライズされたオススメが、トピックとニュース提供元が各々6件ずつ表示されます。この中に興味のあるものがない場合、検索して探すことも可能です。

新聞・雑誌 (ニューススタンド)

「Googleニュース」アプリの新聞・雑誌 (ニューススタンド)

iOSだと新聞・雑誌と表示され、Androidだとニューススタンドと表示されます。
ここに表示されるメディアは、AMPページのコンテンツが表示されるので、サクサク高速に表示されます。

以下の項目が表示されますが、人気の雑誌はAndroid版のみの提供となります。

  • 人気のニュース
  • 人気の雑誌
  • カテゴリ別に閲覧

人気のニュース

人気のニュースは、ユーザーにパーソナライズされているわけではなさそうです。異なるGoogleアカウントで試してみましたが、全く同じニュースが表示されましたので。

人気の雑誌

Android版のみの提供です。
有料なので人気の雑誌を読むには課金が必要です。

カテゴリ別に閲覧

カテゴリごとに人気のニュースを見ることが可能です。
カテゴリは以下の8つがあります。

  • エンタメ
  • フード&ドリンク
  • 健康&フィットネス
  • 住居&ガーデニング
  • ニュース&政治
  • 科学&テクノロジー
  • 関心事
  • スポーツ

「Googleニュース」アプリに広告は入るの?

今の時点では、「Googleニュース」アプリに広告は入りません。
ユーザー獲得のフェーズなので、しばらくの間、絶対に広告は出さないと思います。

でもね、「Googleニュース」アプリが、SmartNewsやグノシーからユーザーを奪ったら、広告は出してくるだろうね。

さいごに

Googleのようなプラットフォームが本気を出すと、ニュースアプリは淘汰されることになります。

2016年にAMPが登場した際、Googleの検索結果にニュースのカルーセルが出現して、ニュースアプリを脅かしました。
今回の「Googleニュース」アプリのリリースによって、SmartNewsやグノシーからユーザーが離れていくことは間違いなさそうです。

2月25日よりスマホからのGoogleの検索結果には、AMP対応コンテンツが検索結果に表示されるようになりました。 モバイルウェブをも...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク