AndroidにChromeの最新アップデートが降りてこない・・・「Chrome Beta」を使うべし

2017年7月25日、Chromeのアップデートがあり、バージョンがChrome60になりました。

Chrome Releasesによる公式発表では、40のセキュリティの脆弱性のアップデートがあった模様です。

Stable Channel Update for Desktop

This update includes 40 security fixes.

早速、Mac・Windows・iOSの端末で、Chrome60をアップデートをしました。

でもね、AndroidのChromeは、Google Playで更新をチェックしても、最新版のChrome60は降りてこないのです。なんで?

わたくしは、Nexus 5X(Android 7.1.2)を使っています。GoogleとLGで共同開発したモデルなのに、最新のChrome60が使えないんだよね。

多くのAndroidユーザーは、Chrome60のアップデートが降りてくるまでの期間、1つ前のバージョンであるChrome59を使わなければならないんだよね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Chromeのアップデートの意義

Chromeのアップデートの意義は、次の2つです。

  • 新機能の追加
  • セキュリティの脆弱性を埋める

Android版のChromeが、最新のアップデートが降りてこないって、セキュリティ的にNGだと思いませんか?

AndroidもChromeもGoogleが開発してるんだから、真っ先にアップデートができてもいいと思うけど、このへんは謎ですわ。iOS版のChromeのアップデートがAndroid版より遅いなら、分かりやすいんだけど、逆だもんね。

Android版Chromeの最新アップデートは、全ユーザーに一斉に降りてこない

iOSの場合、App Storeから全ユーザーへ一斉に最新のアップデートが降りてきます。
なので、全ユーザーが最新バージョンのChrome60へアップデートすることが可能です。

MacやWindowsも同様です。

でもね、Androidの場合、どういうアルゴリズムなのかよく分かりませんが、全ユーザーへ一斉にアップデートが降りてこないんだよね。

Chrome60は、40のセキュリティの脆弱性のアップデートを提供しているので、最新バージョンを使いたいユーザーは多いと思うんだけどね。

Googleアシスタントも、ユーザーによってアップデートが降りてくる時期は違った

Googleアシスタントも同様で、ユーザーによって降りてくる時期がバラバラでしたよね。

ようやく日本語版のGoogleアシスタントがリリースされました。 2017年5月に開催された「Google I/O 2017」...

早いユーザーは6月の前半にアップデートが降りてきたようですが、わたくしのNexus 5XにGoogleアシスタントが降りてきたのは、6/30でしたからね。

最新のChromeを使うなら、「Chrome Beta」をインストールすべし!

Android版のChromeは、「Chrome」「Chrome Beta」「Chrome Dev」「Chrome Canary(試験運用版)」の4種類があることをご存知ですか?

何が違うのかというと、Chromeのバージョンが異なります。2017年7月25日現在のChromeのバージョンは以下のとおりです。

  • Chrome・・・Chrome59
  • Chrome Beta・・・Chrome60
  • Chrome Dev・・・Chrome61
  • Chrome Canary(試験運用版)・・・Chrome62

Chrome

Chrome

通常のChromeです。ほとんどのユーザーがこのバージョンを使っているはず。
十分にテストしてからリリースされていますので、不具合なく使いたいユーザー向けです。

ただし、新しいChromeのバージョンがリリースされた場合、iOS・Mac・Windowsは最新バージョンにアップデートできるのに対して、Android版Chromeはアップデートが少し遅いというデメリットがあります。

2017年7月25日にiOS・Mac・WindowsがChrome60へアップデートしたのに、Android版ChromeはChrome59ですからね。

  • 最終アップデートは、2017年6月30日
  • バージョンは、Chrome59

Chrome Beta

Chrome Beta

Chromeのベータ版です。通常のChromeよりも1つ新しいバージョンになります。

ベータ版といっても、Chrome60のリリースが発表された2017年7月25日にアップデートされています。

わたくしは、「Chrome Beta」を使っていますが、特に不具合もありません。また、iOSと同じ最新のChromeがリリースと同時に使えるので、iOS・Mac・Windowsと同じバージョンでChromeを使いたいユーザーは、「Chrome Beta」を使うことをオススメします。

セキュリティ的にも脆弱性が埋まっているから安心だもんね。

  • 最終アップデートは、2017年7月25日
  • バージョンは、Chrome 60

Chrome Dev

Chrome Dev

Chromeのデベロッパー版です。通常のChromeよりも2つ新しいバージョンになります。
デベロッパー版なので、最新機能が使えるというメリットはありますが、動きがカクカクしたり、フリーズしたりするデメリットもあります。

  • 最終アップデートは、2017年7月21日
  • バージョンは、Chrome 61

Chrome Canary(試験運用版)

Chrome Canary

試験運用版なので、不具合もあります。上級者向けです。通常のChromeよりも3つ新しいバージョンになります。

・これは試験運用版のリリースです。このリリースはテストが行われていません。動作が不安定になったり、場合によっては実行されなかったりする可能性があります。デベロッパーまたは上級ユーザーのみのご利用をおすすめします。

  • 最終アップデートは、2017年7月25日
  • バージョンは、Chrome 62

まとめ

Android版のChromeのアップデートが降りてこない方は、「Chrome Beta」を使うことで、最新バージョンのChromeを使うことが可能です。

iOS・Mac・Windowsと同様に、最新のChromeを使いたいユーザーは、「Chrome Beta」を使うことをオススメします。

といっても、最新版Chromeのリリースから10日も経てば、Android版Chromeも最新バージョンのアップデートが降りてくるんだけどね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
関連記事