拝啓Google様!Googleアシスタントのアップデートが降りてきません・・・

Googleアシスタント

ようやく日本語版のGoogleアシスタントがリリースされました。

2017年5月に開催された「Google I/O 2017」において、近日中にGoogleアシスタントが日本語にも対応するという発表がありましたので、今か今かと待ち構えておりましたww

Googleの発表を見てみましょう!

Google アシスタントが日本語で Android 端末に登場

本日より、Android 搭載スマートフォン向けに、日本語版 Google アシスタントの提供を開始します。

Google アシスタントは、知りたいことを調べたり、やりたい事をサポートする、あなたのための Googleです。Google がこれまでに培った自然言語処理の技術で、あなたの言葉を理解し、まるで人と話しているように、自然に会話できるようになりました。さらに、機械学習やGoogle の様々な製品を組み合せて、あなたの一日をサポートします。

Google アシスタントは、Android 7.0 Nougat と Android 6.0 Marshmallow に対応し、Google Play ストアを搭載する 全てのAndroid スマートフォンでお使いいただけるようになります。当初、Google Allo でもご利用いただけましたが、スマートフォンに標準搭載されることで、より多くの皆さんに、もっと便利にお届けできるようになりました。今日から、今後、数週間をかけて、自動的にお使いいただけるようになります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Googleアシスタントとは

ご存じない方のために簡単に説明しますね。

Googleアシスタントとは、AIを搭載した音声アシスタントです。
今までのOK Googleの進化版と考えると分かりやすいかもしれません。

Googleの自然言語処理の技術を使っているので、人と話しているような会話が可能になります。

機械学習するので、ユーザーの状況やテキストの文脈を把握したり、スマホの使用状況も学習するので、使えば使うほど賢くなるし、パーソナライズされていくのが特徴です。

GoogleアシスタントとAlloの違い

すでに日本語版も提供しているメッセージアプリのAlloとGogoleアシスタントは何が違うのでしょうか?

GoogleアシスタントがOSに組み込まれているのに対して、Alloは単体のアプリなのでAndroid版もiOS版も用意されています。

「Google Allo」の「Googleアシスタント」が日本語に対応

Googleは13日、スマートフォン向けのメッセージングアプリ「Google Allo」で利用可能なAIベースの対話型アシスタント機能「Googleアシスタント」の日本語版の提供を開始した。

Alloでは、「Cloud Vision API」としてすでに提供されている機械学習ベースの画像認識技術と、人工知能により自然言語を認識できるAI「Googleアシスタント」が利用できるのが特徴となる。

Alloで「@google」にメッセージを送信すると、Googleアシスタントの機能を呼び出せる。友人とのグループチャットの最中に呼び出して会話に加えることで、会話を途切れさせることなく、情報を調べてシェアできる。

↑AlloにもGoogleアシスタントの機能が搭載されているという説明が、分かりにくいかもしれません。

そのうち、AlloとGoogleアシスタントは統合されると思います。

Googleアシスタントが降りてこない・・・

早速、Nexus 5Xで試してみようと思いましたが、アップデートが降りてこないので、使えません。
現在、Android7.1.2を使っていますが、しばらくの間、アップデートを待つしかなさそうです・・・

アップデートが降りてくる対象機種は、Android6.0以上のスマホで、PixelだけでなくNexusなどの端末にも降りてきます。

Googleのアナウンスによると、数週間かけてアップデートが降りてくるようです。
AndroidのアップデートってiOSみたいに一斉じゃないんだよね・・・

Googleアシスタントが利用できるスマホは?

以下の条件に当てはまるスマホが必要です。

  • Android6.0以降
  • Googleアプリ 6.13以降
  • Google Play 開発者サービスがインストールされていること
  • 1.5GBのメモリ、720pの画面解像度
  • 英語、ドイツ語、フランス語、日本語、ポルトガル語のいずれかの言語にスマホが設定されていること

上記に当てはまらない場合、Alloで我慢するしかなさそうですね。

Googleアシスタントが使えるようになると、「OK Google」で何が変わる?

Googleアシスタントが使えないAndroidでも、「OK Google」で何かを検索することはできますよね?例えば、「天気」や「乗換案内」など。

Googleアシスタントが搭載されたスマホで「OK Google」と発声するのと何が違うのでしょうか?

Googleアシスタントは、わたくしのNexus 5Xに降りてきてないので、実際のところはよく分かりませんが、おそらく今までの「OK Google」がAlloに置き換わると考えていいと思います。

Googleアシスタントのアップデートが降りてきたら、すぐにレポートしますね。

昨日、ようやくGoogleアシスタントがNexus 5Xに降りてきました。 5月29日に日本語版 Googleアシスタントの発表があっ...
日本時間の10月5日午前1時にサンフランシスコで開催された「Made by Google」で、Googleが開発する新スマホ「Pix...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
関連記事